相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    遺伝子操作

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    a7ada677a4e35e87b467678809b07533_t

    1: 名無しさん@涙目です。 2023/12/29(金) 15:17:32.68 ID:ZUmNZ
    ヘルス・リサーチ・インスティチュート(HRI)による最近の調査結果で、
    全国の食料品店に出回っているいわゆる “合成 “牛乳「ボアード・カウ(Bored Cow)」に含まれる92種類の潜在的な有毒分子と殺菌剤が明らかになり、憂慮すべき事態を引き起こしている。

    この製品は、ビル・ゲイツの資金援助によって設立されたパーフェクト・デイ社が考案したもので、
    世界的に物議を醸している食品改良を積極的に推進していることで悪名高い。

    この人工乳は、
    遺伝子操作された “微生物叢 “によって作り出された乳清タンパク質の “プロファーマ “を使って作られている。

    http://totalnewsjp.com/2023/12/25/billgates-24/

    引用元: ・ビル・ゲイツ「メタンの出ない酪農しようず」→売り出した合成ミルクから92種類の発がん性化合物

    【ビル・ゲイツ「メタンの出ない酪農しようず」→売り出した合成ミルクから92種類の発がん性化合物】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    e251a5aa30de2c820dbc74d33d319b27_t

    1: Ackerman ★ 2023/11/22(水) 08:20:33.20 ID:??? TID:NOcolor24
    ケナガマンモスが、2028年までに蘇る可能性があるという。アジアゾウからのDNAと北極の永久凍土からの遺伝物質を組み合わせ、絶滅した同種を再創造する試みが研究者らの間で行われている。

    米バイオテクノロジー企業のコロッサルは、マンモスの子供が2028年までに誕生する可能性を自社サイトで示唆、「ケナガマンモスが戻ることは、より良い地球に戻るということです」と謳っている。研究者らによると、新たに創造されたその動物は、ケナガマンモスと生物学的特徴が一致、寒さに強いゾウとなるそうだ。

    (続きは以下URLから)
    https://gunosy.com/articles/ewE5E#:~:text=%E3%82%B1%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%81%8C%E3%80%812028%E5%B9%B4%E3%81%BE%E3%81%A7,%E3%81%A7%E8%A1%8C%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%80%82

    引用元: ・【ケナガマンモス】“マンモスの子供”が2028年までに誕生する可能性

    【【ケナガマンモス】“マンモスの子供”が2028年までに誕生する可能性】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: それでも動く名無し 2023/03/28(火) 13:53:32.20 ID:8gCPf6JI0
    不幸な子供生まれてこないし良くない?

    no title

    引用元: ・遺伝子操作して産まれてくる子供を完璧超人にする実験が実行されてしまうWWWWWWWWWWWWWW

    【”遺伝子操作”して産まれてくる子供を完璧超人にする実験が実行されてしまうwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ