2ff4e911e316365659020ddeabc3a5a0_t

1: ボレロ ★ 2024/01/24(水) 12:07:36.91 ID:??? TID:bolero
 日本人の答えでもう一つ特徴的なのは、「わからない」が38.1%と世界一多いことである。日本が侵略されるなどという有事をそもそも考えたことがない、あるいは考えたくないのだろう。

■ 日本国民としてのアイデンティティはどこへ

 この結果は日本の「平和主義」の証しなのだろうか。いや、そうではなさそうだ。「世界価値観調査」には「あなたは自国民(日本国民)であることにどのくらい誇りを感じていますか(How proud are you to be Nationality? )」という質問項目もある。これを見てみよう。

 この問いに、「非常に誇りを持っている(Very proud)」と「かなり誇りを持っている(Quite proud)」と答えた人の割合を合計し、世界60の国・地域で上位からランキングすると、日本は計65.3%で世界最下位の60位である。世界全体ではおよそ9割が「誇りを持っている」と答えている。ちなみに日本はここでも、「わからない(Don’t know)」という答えが1割近くあり、世界で最も多い。

 二つの質問への答えを見ると、日本が侵略されても「戦わない」「わからない」と答えるのは「平和主義」に由来するものではなく、国民としてのアイデンティティ、愛国心の欠如からくると解釈できる。日本がどうなろうと知ったことではない、国のために自分がとばっちりを食うのはごめんだという心情を表しているのだろう。

 日本人の「価値観」は、“異様”と表現してもおかしくないほど世界で突出しており、さまざまな問題を私たちに突きつける。その一つは、

続きはこちら
https://news.yahoo.co.jp/articles/900ccbe0f0b5ef309f0aa0066ab64bf6929dfe82?page=1

引用元: ・【この国は大丈夫か?】侵略されても「戦わない」「わからない」が8割超の日本人

【【この国は大丈夫か?】侵略されても「戦わない」「わからない」が8割超の日本人】の続きを読む