e251a5aa30de2c820dbc74d33d319b27_t

1: Ackerman ★ 2023/11/22(水) 08:20:33.20 ID:??? TID:NOcolor24
ケナガマンモスが、2028年までに蘇る可能性があるという。アジアゾウからのDNAと北極の永久凍土からの遺伝物質を組み合わせ、絶滅した同種を再創造する試みが研究者らの間で行われている。

米バイオテクノロジー企業のコロッサルは、マンモスの子供が2028年までに誕生する可能性を自社サイトで示唆、「ケナガマンモスが戻ることは、より良い地球に戻るということです」と謳っている。研究者らによると、新たに創造されたその動物は、ケナガマンモスと生物学的特徴が一致、寒さに強いゾウとなるそうだ。

(続きは以下URLから)
https://gunosy.com/articles/ewE5E#:~:text=%E3%82%B1%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%81%8C%E3%80%812028%E5%B9%B4%E3%81%BE%E3%81%A7,%E3%81%A7%E8%A1%8C%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%80%82

引用元: ・【ケナガマンモス】“マンモスの子供”が2028年までに誕生する可能性

【【ケナガマンモス】“マンモスの子供”が2028年までに誕生する可能性】の続きを読む