タイトルなし

1: アレックス ★ 2024/04/08(月) 13:07:27.04 ID:??? TID:alex
山形県内初のご当地サーモン「ニジサクラ」の幼魚飼育を担う公益財団法人「県水産振興協会」(鶴岡市)が、余った幼魚約1000匹を鶴岡市の赤川支流に放流していたことが、県や同協会への取材でわかった。

ニジサクラは誕生したばかりで自然界への影響がわからず、県のマニュアルでは放流しないよう定めていた。

ニジサクラはニジマスとサクラマスを交配させ、当時の県内水面水産試験場(米沢市)で2017年に誕生した養殖用の品種。
同協会は県から委託を受け、内水面水産センター(遊佐町)で幼魚を育て、県内の養殖業者に出荷している。

つづきはこちら
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240404-OYT1T50009/

引用元: ・【山形県】養殖用に交配の「ご当地サーモン・ニジサクラ」持て余して1000匹を放流…県「埋却や焼却が適切だった」

【【山形県】養殖用に交配の「ご当地サーモン・ニジサクラ」持て余して1000匹を放流…県「埋却や焼却が適切だった」】の続きを読む