相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    戦争

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    Collage 2024-04-09 22_48_04

    1: KOU ★ 2024/04/07(日) 22:44:56.51 ID:??? TID:kougou
    陸上自衛隊第1師団に属する「第32普通科連隊(公式)」のX(旧ツイッター)アカウントが「大東亜戦争」という呼称を使ったことに、議論が巻き起こっている。

    第32普通科連隊はさいたま市の大宮駐屯地に駐屯し、主に埼玉県の災害派遣・防衛警備を担任している。この「公式」アカウントは5日、4枚の写真とともに「32連隊の隊員が、大東亜戦争最大の激戦地硫黄島において開催された日米硫黄島戦没者合同慰霊追悼顕彰式に旗衛隊として参加しました。慎んで祖国のために尊い命を捧げた日米双方の英霊のご冥福をお祈りします」と投稿した。この中で「大東亜戦争」という呼称に対し、一部から批判が出ている。

    リンク
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8ab97bc8c8c3f2f1e907b92b4d71bd7807998d17

    引用元: ・【太平洋戦争】陸上自衛隊の「第32普通科連隊」公式X、「大東亜戦争」と表現して批判の声「どこの極右」「大戦を美化して自己正当化か」

    【陸上自衛隊の『第32普通科連隊』公式X、「大東亜戦争」と表現して批判の声「どこの極右」「大戦を美化して自己正当化か」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    FullSizeRender
    1: テイラー ★ 2024/03/30(土) 18:13:15.02 ID:??? TID:taylor
    欧州理事会の前常任議長でもあるトゥスク氏は、欧州のメディアグループLENAのインタビューで、「戦争はもはや過去の概念ではない。現実であり、2年前に始まった。現時点で最も懸念されるのは、文字通りあらゆるシナリオが考えられることだ。このような状況は、1945年以来だ」と述べた。

    「特に若い世代には衝撃的に聞こえるかもしれないが、戦争前夜という新しい時代が始まったという現実に慣れなければならない。誇張ではなく、日に日に明白になっている」とし、隣国ウクライナがロシアに負ければ、欧州で安穏とした気持ちで過ごせる人は一人もいなくなると訴えた。
    (抜粋)

    (続きは以下URLから)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2f8fc0db90f182af2b526d8bfeade737bb162e29

    引用元: ・【国際】欧州は「戦争前夜」 ポーランド首相が警鐘

    【【国際】欧州は「戦争前夜」 ポーランド首相が警鐘】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2ff4e911e316365659020ddeabc3a5a0_t

    1: ボレロ ★ 2024/01/24(水) 12:07:36.91 ID:??? TID:bolero
     日本人の答えでもう一つ特徴的なのは、「わからない」が38.1%と世界一多いことである。日本が侵略されるなどという有事をそもそも考えたことがない、あるいは考えたくないのだろう。

    ■ 日本国民としてのアイデンティティはどこへ

     この結果は日本の「平和主義」の証しなのだろうか。いや、そうではなさそうだ。「世界価値観調査」には「あなたは自国民(日本国民)であることにどのくらい誇りを感じていますか(How proud are you to be Nationality? )」という質問項目もある。これを見てみよう。

     この問いに、「非常に誇りを持っている(Very proud)」と「かなり誇りを持っている(Quite proud)」と答えた人の割合を合計し、世界60の国・地域で上位からランキングすると、日本は計65.3%で世界最下位の60位である。世界全体ではおよそ9割が「誇りを持っている」と答えている。ちなみに日本はここでも、「わからない(Don’t know)」という答えが1割近くあり、世界で最も多い。

     二つの質問への答えを見ると、日本が侵略されても「戦わない」「わからない」と答えるのは「平和主義」に由来するものではなく、国民としてのアイデンティティ、愛国心の欠如からくると解釈できる。日本がどうなろうと知ったことではない、国のために自分がとばっちりを食うのはごめんだという心情を表しているのだろう。

     日本人の「価値観」は、“異様”と表現してもおかしくないほど世界で突出しており、さまざまな問題を私たちに突きつける。その一つは、

    続きはこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/900ccbe0f0b5ef309f0aa0066ab64bf6929dfe82?page=1

    引用元: ・【この国は大丈夫か?】侵略されても「戦わない」「わからない」が8割超の日本人

    【【この国は大丈夫か?】侵略されても「戦わない」「わからない」が8割超の日本人】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    24a078cb71d7da364e6b2ed501715def_t

    1: 影のたけし軍団 ★ 2024/01/27(土) 20:21:05.13 ID:??? TID:gundan
    米ニューヨークタイムズは25日、複数の米政府当局者の話として「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記は今後数カ月以内に韓国に対して何らかの致命的な軍事行動を起こす可能性がある」と報じた。

    同紙によると、匿名の米政府当局者らは「韓半島に全面戦争のリスクが高まったとは考えていないが、金総書記は急激な緊張の高まりを避けられそうな方法を選び、(韓国への)攻撃に乗り出すかもしれない」とした上で上記の見方を示したという。

    同紙は北朝鮮による軍事行動の事例として2010年の延坪島砲撃を指摘した。
    北朝鮮が全面戦争ではなく、また核兵器を使わずに死傷者を出し、韓国国内を混乱させる大規模な挑発に乗り出す可能性があるとの見方だ。

    当局者らは「(大韓民国などをねらった)金総書記の宣言は以前の声明などよりも攻撃的だ。そのため深刻に受け取るべきだ」とも警告した。

    北朝鮮が韓国に挑発を仕掛ける可能性については警告の声も相次いでいる。

    米ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)のジョン・ファイナー副補佐官も同フォーラムで「北朝鮮は非常に否定的な動きを続けている」と指摘した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/03326105d6a30fc479eefd8800f5a3f099d9ac7f

    引用元: ・【米ニューヨークタイムズ】複数の米政府当局者が警告 「数カ月以内に北朝鮮が韓国に対して何らかの軍事行動を起こす可能性がある」

    【【ニューヨークタイムズ】複数の米政府当局者が警告 「数カ月以内に北朝鮮が韓国に対して何らかの軍事行動を起こす可能性がある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2023091815134430907

    1: ばぐっち ★ 2023/09/19(火) 00:49:14.92 ID:??? TID:BUGTA
    日本では、一部の政界有識者が過去に中国を侵略した日本軍の犯した戦争犯罪について絶えず反省の念を示し、日本の民衆に侵略の歴史を忘れないよう呼びかけています。
     日本の野党の櫛渕万里衆議院議員は歴史の真相を明かすことに長年尽力し、日本政府に歴史を正視して罪を反省するよう促しています。

     櫛渕議員は、「日本が歴史問題において、中国、韓国、朝鮮をはじめ、東アジアの近隣諸国と真の和解をしていないことは極めて遺憾だ。日本政府は和解を模索する努力をせねばならない」と呼びかけています。
     櫛渕議員はまた、「日本政府はしばしば、広島と長崎に原爆が投下された被害者であることを強調するが、その誘因となる侵略戦争や植民地支配については言及を避けてきた。このような行為は歴史の真相を覆い隠し、歪曲しようとするものだ」と指摘しました。

     櫛渕議員はさらに、「広島と長崎が経験した災難は大きな悲劇だが、根本的には、日本が侵略戦争と植民地支配を起こした加害者だった背景がある。日本政府はこの点を直視し、そもそもなぜ広島と長崎の悲劇があったのかを根本的に考えねばならない。つまり、第一に、歴史の改ざんは絶対に許されない。次に、日本政府が歴史の事実を認め、考証し、謝罪して和解を得ることが必要だ」とも指摘しました。
    https://japanese.cri.cn/2023/09/18/ARTIdsRgSc2kdIqj8KsEmUcU230918.shtml

    引用元: ・【政治】「原爆投下は、日本の侵略戦争が誘因」…れいわ新選組の女性議員が中国のテレビ局に語る

    【元ピースボートのれいわ議員「原爆投下は日本が誘因」「中韓近隣諸国に真の謝罪と和解を」…中国のテレビ局で語る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_4657
    2: 令和大日本憂国義勇隊(帝国中央都市) [US] 2023/02/18(土) 12:10:42.78 BE:828293379-PLT(12345)
    いきなり数千発のミサイルが沖縄に…米国の大学教授が予想した「中国の台湾進攻」の絶望的シナリオ

    中国の軍事ドクトリンでは、真珠湾攻撃のような形で相手を素早く武装解除することを目指しているのだ。そのためわれわれは本当に悲惨なシナリオを心配しなければならない。
    最も可能性の高い戦争開始の形は、台湾、沖縄やグアムのアメリカ軍基地、日本を母港とするアメリカの空母打撃群の上に、陸上・空中から発射された中国のミサイル数千発が降り注いで始まる、というものだ。
    https://president.jp/articles/-/66598?page=1

    引用元: ・中国が台湾侵攻なら開幕で数千発のミサイルが沖縄へ発射される可能性が最も高い 米政治学者がシミュレーション [828293379]

    【中国が台湾侵攻なら開幕で数千発のミサイルが沖縄へ発射される可能性が最も高い 米政治学者がシミュレーション 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
    1: それでも動く名無し 2023/03/03(金) 02:31:38.86 ID:6H9IC7OUM
    世界「イギリスやフランスのアフリカ植民地支配?知らないね」

    引用元: ・世界「戦前の日本の植民地支配は悪い行為です。日本だけが悪者です」

    【世界「戦前の日本の植民地支配は悪い行為です。日本だけが悪者です」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    6b0ea01e76ef8a867cf6acae156782b6_t

    1: お断り ★ 2023/01/20(金) 20:27:20.14 ID:S16nXHOG9
    Japan risks turning itself into ‘Ukraine of Asia’ if it follows US’ strategic line
    日本は米国の戦略に従うなら日本はアジアのウクライナになるリスクがある
    日本は軍事力強化を正当化しようとしている。米国の戦略を踏襲し、地域情勢を危機にしているのは日本である。
    東京での動きは注意が必要である。日本がアジア太平洋地域で米国の手先になるなら、日本自身が東アジアのウクライナになることを警戒しなければならない。
    日本の岸田首相は土曜日、ワシントンでG7首脳と東アジアの安全保障環境について危機感を共有したとし、東アジアが次のウクライナになる可能性を指摘した。
    上海外国語大学、日本学科長のリアン氏は「東アジアが次のウクライナになる可能性」を述べる日本と米国の意図は中国の統一を妨げるということだという。
    米国と日本は引き続き中国の限界点を探り、中国に最初に武力を行使するよう挑発するだろう。
    リアン氏は、これは米国と日本が企てた陰謀だと指摘した。彼らは中国が武力行使しなければならないジレンマに陥らせ、中国が戦争を開始する責任を転嫁し非難したいと考えている。
    https://www.globaltimes.cn/page/202301/1283843.shtml

    中国官営メディア「米国と歩調を合わせる日本はアジアのウクライナになる」
    日本の岸田文雄首相は先日先進7カ国(G7、米国・日本・英国・フランス・ドイツ・イタリア・カナダ)の首脳らに
    「東アジアはウクライナの次になりかねない」として中国や北朝鮮に対抗する共同戦線の構築を呼びかけたが、コラムはそのことへの反論と解釈されている。
    上海国際問題研究所日本研究所の廉徳瑰所長は岸田首相による「東アジアは明日のウクライナ」発言について
    「米国と日本が意図するところは中国の統一(台湾統一)を妨害することだ」と指摘した。
    詳細はソース 2023/1/17
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9d1f6fe43f2b61dad6226dd4a5231ca734b159e8

    引用元: ・中国官営メディア 「日本が米国戦略に従うなら、日本はアジアのウクライナになる」 [お断り★]

    【中国官営メディア 「日本が米国戦略に従うなら、日本はアジアのウクライナになる」】の続きを読む

    このページのトップヘ