FullSizeRender
1: ばぐっち ★ 2023/09/19(火) 10:40:43.15 ID:??? TID:BUGTA
’90年代後半に絶大な人気を誇ったバラエティ番組『進ぬ!電波少年』(日本テレビ系)の企画「電波少年的懸賞生活」で時の人となったなすびを題材にしたイギリス製作のドキュメンタリー映画『ザ・コンテスタント(原題)/ The Contestant』が9月上旬、第48回トロント国際映画祭でワールドプレミア上映されたのだ。

「人は懸賞だけで生活していけるか」をテーマに大量のハガキとカンパンを渡され、目標金額100万円を目指し、裸での生活がスタート。アパートの1室で誰とも話すことができない孤独のなか、黙々とハガキを書き続けた。当選した際に披露する“当選の舞”などもウケて、放送当時は高視聴率をマーク。なすびも一躍人気者となった。
一方で、終わりの見えない監禁懸賞生活にメンタルも次第に蝕まれ、自殺を考えるほど追い込まれていった。情報も遮断され、そもそも肝心のなすびでさえ懸賞生活の模様が放送されていることを知らなかったという。そんな監禁懸賞生活は15ヵ月にも及んだ――。

映画を観た海外の観客たちは、その壮絶な生活に驚き、ショックを受けたという。

SNS上では『あの番組は深刻な人権侵害だったということ』『さすがにこの時代でもアウトだろ』といったコメントが寄せられています。

今、日本の芸能界はジャニー喜多川氏の性加害問題で世界から厳しい目を向けられている。「20年以上前の番組ではありますが、この映画の反響は大きい。ジャニーズ問題と結び付けられ、人権問題として取り上げられる可能性は十分ありえます」(前出のテレビ局関係者)(抜粋)
https://news.yahoo.co.jp/articles/95fd8df538c3eb50eb33e5768618ee768103de4d

引用元: ・【マスコミ】"ジャニーズ級の問題に発展か" 電波少年の懸賞生活に、海外の観客らショック受ける…なすび映画

【【電波少年】"ジャニーズ級の問題に発展か" 「なすび映画」懸賞生活に、海外の観客らショック受ける】の続きを読む