相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    害虫

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    106b914064468b16d1ce0f438c4fbf31_t

    1: ばぐっち ★ 2024/05/02(木) 07:23:34.77 ID:??? TID:BUGTA
    「キャ~、ゴキブリと目が合っちゃった!」

     パニックになり、スマホで調べた「基本料金500円」の駆除業者を呼ぶと、なんと10数万円も取る「ゴキブリ業者」だった......。

     こんな害虫・害獣駆除の相談が急増しているため、国民生活センターは2024年4月24日、「ネットの価格と全然違う!? 害虫・害獣駆除のトラブルにご注意」という警鐘を鳴らす報告リポートを発表した。

     特に、10代~20代の若い世代に被害が集中している。

     国民生活センターによると、いわゆる「害虫・害獣駆除サービス(ペストコントロール)」(シロアリ駆除を除く)の相談が、2028年度の854件から2023年度は2290件へと年々増えている。

    【事例1】ゴキブリ駆除の中断を求めても聞き入れてもらえず、高額料金を請求された

     作業が始まったが、その際「ゴキブリの卵もあった」「このまま放置すると増えるので徹底的にやったほうがいい」「総額約15万円になる」と言われ、どんどん作業を進められた。

     あまりに高額なので、今はやらなくていいと断ったが、聞き入れてもらえなかった。やっと作業を止めたが「作業した分の料金は払ってもらう」と約7万円を請求された。(2023年9月・30歳代女性)(抜粋)

    引用元: ・【社会】若者「ゴキブリ出た!検索したら500円の駆除業者いた!」→駆除業者「終わりました!15万円払って」…詐欺まがい業者に関する相談14倍に激増

    【【社会】若者「ゴキブリ出た!検索したら500円の駆除業者いた!」→駆除業者「終わりました!15万円払って」…詐欺まがい業者に関する相談14倍に激増】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    FullSizeRender
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2024/03/06(水) 21:53:59.00 ID:??? TID:syoubainin
    2024.03.06(Wed)まいどなニュース

    外来生物で、イネなどを食い荒らす「スクミリンゴガイ」(通称ジャンボタニシ)。
    このたびSNSで「水田の雑草除草のためにジャンボタニシをまく」という投稿が話題になったが、これに農林水産省が警鐘を鳴らした。
    周辺農地に悪影響を及ぼす危険もあり「止めてください」と強く呼びかけている。

    https://maidonanews.jp/article/15189948

    引用元: ・“南米の悪魔”ジャンボタニシを「水田の除草に」!? ←SNS投稿に農水省が「やめて!」と警鐘 卵は有毒、農業被害も深刻

    【“南米の悪魔”ジャンボタニシを「水田の除草に」!? ←SNS投稿に農水省が「やめて!」と警鐘 卵は有毒、農業被害も深刻】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    a9bbdceda7fe224cda5bc6b36bd9f15d_t

    1: ちょる ★ 2023/12/29(金) 08:45:02.81 ID:??? TID:choru
    1980年代はゴキブリがアメリカの都市でまん延しており、ニューヨークだけで20億匹以上が生息していましたが、ゴキブリを駆除する優れた方法はありませんでした。ゴキブリは公衆衛生上の緊急事態として扱われており、ゴキブリに触れることで子どもが小児喘息で入院するリスクが3倍も高くなることが、当時から指摘されていたそうです。

    それまで利用されていた殺虫剤はゴキブリの進化によりほとんど効果がなくなっており、接着剤を用いた古典的なトラップはゴキブリを捕まえることはできても駆除にはほとんど役立ちませんでした。当時のNBCの報道によると、アメリカの国会議事堂でもゴキブリが発生しており、駆除のために「ゴキブリ誘引剤と電気グリル」が利用されていたそうです。

    そんなゴキブリとの終わりなき戦いに革命を起こしたのが、「コンバット」と呼ばれるプラスチック製の円盤型殺虫剤です。

    続きはこちら
    https://news.livedoor.com/article/detail/25614889/

    引用元: ・【NYだけで20億匹】大量のゴキブリ発生…アメリカを救った最強の円盤型殺虫剤「コンバット」

    【【NYだけで20億匹】大量のゴキブリ発生…アメリカを救った最強の円盤型殺虫剤「コンバット」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
    1: Ackerman ★ 2023/12/05(火) 11:12:30.02 ID:??? TID:NOcolor24
    トコジラミはフランスや韓国を中心に世界各国で広まっており、日本でも相談件数が上がっている。刺されると赤い発疹ができ、人によっては激しいかゆみに悩まされるため、適切な対策が必要だ。

    同社は1日に「アース製薬が教えるトコジラミ対策 ~旅行編~」と題したポストを投稿。旅行先でのトコジラミ対策を解説した。

    まず、持っていくものとして『サラテクト ミストタイプ』のような虫よけスプレーを挙げる。

    「エアゾールタイプは機内に持ち込みができません」とミストタイプの必要性を示して、「腕・足などお肌の露出部分には約15cmの距離からスプレーし、顔・首筋には手のひらにスプレーしてお肌にぬってください」と使い方を紹介した。

    続いて「旅行先に着いてやること」として「明かりをつける」「荷物や上着は一旦バスルームに置く」と説明。部屋をトコジラミが苦手な明るい場所にして、トコジラミが潜んでいる可能性があるクローゼットやバッゲージスペースは一旦避けたほうがいいとのこと。

    さらに、「ベッド周りや部屋に茶~黒いシミがないか、虫がいないかチェックする」と伝える。

    チェックする場所は「ベッドのスカート部分」「マットレスの継ぎ目」「バッゲージスペースやクローゼットの上部角」など7項目を記した。

    チェックで注目するポイントは「トコジラミ(茶色いのが大人、白色が子供)がいないか」「茶~黒いシミ(血糞:吸血した血が糞になって出た痕)」の2点。

    「もし、虫やシミを見つけたら… 荷物を持ってフロントに行き部屋を変えてもらうよう相談してみましょう」と推奨した。

    旅行先の部屋に着いたらすべきを説明すると、「トコジラミは、ダニやシラミではありません」ともつづる。トコジラミはカメムシの仲間であるため「ダニとりシートやダニよけスプレーでは防げません」と明かした。

    就寝時については「寝る前には身体(とくに肌が露出している場所)にはむらなくサラテクトを塗る」ことを勧める。「手足など露出した部分は狙われやすい」「塗ムラがあると塗れていない部分が刺される」といった2点を意識して塗るといいそう。

    さらに、「明かりをつけて寝るとより被害に遭いにくい」ため「就寝時に電気をつけっぱなしにして、アイマスクをして寝ると刺されにくいのでおすすめです」と伝えた。

    帰宅後にも荷物や衣類のチェックが必要で

    詳しくはこちら
    https://sirabee.com/2023/12/03/20163207262/

    引用元: ・【役に立つ!】トコジラミがついに日本に襲来…「ダニやシラミではありません」アース製薬が撃退法を徹底解説

    【【役に立つ!】トコジラミがついに日本に襲来…「ダニやシラミではありません」アース製薬が撃退法を徹底解説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    Collage 2023-11-24 04_54_26

    1: アレックス ★ 2023/11/23(木) 20:21:08.29 ID:??? TID:alex
    韓国で今、体長1cmにも満たない小さな虫による恐怖が広がっている。

    “吸血虫”の被害拡大 フランスでも

    日本人観光客も多いソウル市・明洞の繁華街。害虫対策を行う業者の車が止まっていた。
    韓国政府が、国を挙げて駆除に乗り出しているのは「トコジラミ」。
    昼はベッドやソファーの隙間など暗いところに隠れていて、夜になると吸血活動を始める。
    一度刺されると、眠れなくなるほどの激しいかゆみに襲われるという。

    韓国では、トコジラミを意味する「ビンデ」と「パンデミック」を組み合わせた「ビンデミック」という新たな造語が生まれるほど、被害が広がっている。

    海外旅行者などの荷物に潜み移動
    体長1cm以下のトコジラミは、海外から旅行者などの荷物に紛れ込んで移動するという。

    つづきはこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4cef5343518816f3260f7c32e8a32b4366b143bc

    引用元: ・【吸血虫】韓国でトコジラミ大量発生 体長1cm以下…すでに日本にも?「海外からの荷物に紛れ込んで移動します」

    【【吸血虫】韓国でトコジラミ大量発生 体長1cm以下…すでに日本にも?「海外からの荷物に紛れ込んで移動します」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    bug_tokojirami_shirami

    1: 茶瓶 ★ 2023/09/30(土) 20:10:23.15 ID:??? TID:OCHA
    【AFP=時事】フランス政府は29日、トコジラミ(ナンキンムシ)が公共交通機関や映画館、病院などで大量発生している事態を受け、駆除対策に乗り出した。
    クレマン・ボーヌ(Clement Beaune)交通担当相は、公共交通機関の代表を来週招集し、対策と利用者保護の方法を通達するとしている。
     
    トコジラミはフランスでは1950年代までにほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数十年は、人口密度の上昇と大量輸送機関での移動の機会が増えたことなどで再び増加している。
    トコジラミの問題が生じた世帯はここ数年、全体の10分の1に上っているとみられる。通常、駆除には数百ユーロかかり、多くの場合、何度も行う必要がある。トコジラミは、マットレスに卵を産み付け、生息する習性があることから名付けられたが、衣服や荷物の中にも入り込み、夜になると出てきて人の血を吸う。
    仏衛生当局は、旅行の際はホテルのベッドを点検し、中古の家具やマットレスを自宅で使用する時は注意するよう呼び掛けている。また、自宅で発見した場合は、直ちに影響を受けた部屋の駆除作業を行わなければならないとしている。

    (続きは以下URLから)
    https://news.livedoor.com/article/detail/25083704/

    引用元: ・【国際】仏でトコジラミ大量発生、政府が駆除対策へ

    【【国際】フランスでトコジラミ大量発生、政府が駆除対策へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
    FullSizeRender
    FullSizeRender
    FullSizeRender
    1: ちょる ★ 2023/09/20(水) 12:47:50.40 ID:??? TID:choru
    害虫対策で輸入が禁止されている「中国産の梨」を、国際郵便の荷物に紛れ込ませて不正に輸入したとして、中国籍の女が逮捕されました。

     植物防疫法違反などの疑いで逮捕されたのは中国籍の張影容疑者(28)で、去年11月に輸入が禁止されている中国産の梨およそ28kgを国際郵便の荷物に紛れ込ませて密輸して、大阪府内の中国物産店で販売した疑いが持たれています。

     張容疑者は千葉県を拠点とする密輸組織のリーダー格とみられ、警察は今年5月に梨を販売していたとみられる店を一斉捜索していました。

     JNNのカメラが梨を販売していた疑いのある大阪府内の中国物産店を今年4月に尋ねると…

    続きはこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a7a4c7de8b3f8a5578d2e7ba2601808ca3f60688

    引用元: ・【密輸】輸入禁止「中国産の梨」密輸疑い中国籍の女逮捕 害虫「コドリンガ」寄生恐れ

    【【密輸】輸入禁止「中国産の梨」密輸疑い中国籍の女逮捕 害虫「コドリンガ」寄生恐れ】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/05/20(土) 20:17:50.651 ID:/7zkJISVd
    no title

    引用元: ・【画像】蚊、まもなく絶滅へ🦟      

    【【朗報?】蚊、まもなく絶滅へ🦟】の続きを読む

    このページのトップヘ