相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    地裁

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
    1: haru ★ 2023/07/19(水) 15:12:06.10 ID:??? TID:aru1413
    7月14日、1審判決の日。入廷した松原被告は、息を詰めて少し緊張しているようにも見えた。
    坂口裕俊裁判長「主文 被告人を懲役10年に処する」
    求刑を8年も下回る判決だった。

    大阪地裁は、「当時3歳だった桜利斗ちゃんは、高温のシャワーがかかれば回避行動を取れたはずであり、偶然にこれほどの熱傷を負うとは考えられない。第三者が意図的にシャワーを浴びせた以外考えられず、当時それができたのは、桜利斗ちゃんと2人で部屋にいた被告だけだ」として、松原被告の非道な“行為”は認定した。

    しかし、“殺意”については認定せず、殺人罪ではなく傷害致死罪に留まるとした。
    「一時的にかっとなり、高温の湯をかけ始めたとしても、死の危険まで認識しながら長時間かけ続けるほどの動機が被告にあったことは、証拠上うかがえない。むしろ、そこまで深刻に考えていなかったからこそ、長時間高温の湯をかけ続けることができたとも考えられる」

    「被害者が死亡する危険性があると分かりながら、それを受け入れて犯行に及んだとは認定できず、殺意があったとは認められない」
    no title

    ソース元:
    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/606229?page=4

    引用元: ・【3歳児虐待死】大阪地裁「長時間熱湯をかけ続けたので、むしろ殺意は無い」 殺意認定せず

    【【3歳児虐待死】大阪地裁「長時間熱湯をかけ続けたので、むしろ殺意は無い」 殺意認定せず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV31,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/03/06(金)13:33:56 ID:???
    IMG_5528

     前橋市で2018年1月、自転車で登校中の女子高校生2人が車にはねられて死傷した事故で、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われた同市下細井町、無職川端清勝被告(87)の判決公判が5日、前橋地裁であった。
    国井恒志裁判長は、被告には過失責任がないとして無罪(求刑禁錮4年6カ月)を言い渡した。
     事故は18年1月9日午前8時25分ごろに起きた。前橋市北代田町の県道で、川端被告は運転していた乗用車を暴走させ、高校1年生の太田さくらさん(当時16)をはねて死亡させ、3年生の女子生徒にも一時重体となる大けがを負わせた。
     検察側は、事故原因は被告が急激な血圧低下で意識障害に陥ったことだとして起訴した。被告が頻繁にめまいを訴えており、医師や家族に運転を控えるよう注意されていたことや、物損事故を繰り返していたことなどから、被告には運転を控える義務があったと主張していた。

    (以下略)

    朝日デジタル 3月5日
    https://www.asahi.com/articles/ASN355636N35UHNB009.html

    ■別ソース
    2人死傷事故で無罪判決 裁判長が異例の説明 ― テレ朝News
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000178099.html

    引用元: ・【前橋地裁】高校生2人死傷事故、87歳被告に無罪判決「過失責任ない」「この無罪は悲劇を繰り返させないための判決」[R2/3/6]

    【高校生2人死傷事故、87歳被告に無罪判決「この無罪は悲劇を繰り返させないため」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/10/29(土)21:42:24 ID:???
    img_0bfb7fcffa13b0de94d13b2c2ead929c156378

    繰り返し窃盗、無罪判決…地裁「心神喪失状態」

     茨城県内で窃盗を繰り返したとして、常習累犯窃盗罪に問われた住居不定、
    無職男性(45)の裁判で、水戸地裁は27日、無罪(求刑・懲役3年6月)の判決を言い渡した。

     小林麻子裁判官は「犯行は心神喪失の状態で行った」として刑事責任能力はないと判断した。

     判決によると、男性は2007年と09年、13年に窃盗と常習累犯窃盗の罪で実刑判決を受けたが、
    釈放後の昨年12月5日、水戸市のコンビニ店でおにぎり3個などを盗んだとして逮捕、起訴された。

    続き 読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20161028-OYT1T50038.html

    引用元: ・【裁判】繰り返し窃盗、無罪判決…地裁「心神喪失状態」 [H28/10/29]

    【【裁判】繰り返し窃盗”無罪判決”…地裁「心神喪失状態」】の続きを読む

    このページのトップヘ