FullSizeRender
1: ちょる ★ 2024/03/25(月) 07:52:06.53 ID:??? TID:choru
再生可能エネルギー導入に向けた規制の見直しを目指す内閣府のタスクフォースで提出された資料の一部に、中国企業の透かしが入っていたことが分かった。内閣府規制改革推進室が23日、X(旧ツイッター)の公式アカウントで認めた。

資料は22日と昨年12月25日などに開かれた「再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォース」で出されたもので、タスクフォースの民間構成員が提出した。中国の電力会社「国家電網公司」の企業名やロゴが確認できるという。

国民民主党の玉木雄一郎代表は23日にXで、「わが国の再エネ政策が中国の影響が及んでいる疑惑であり、見過ごすことはできない。背景を徹底調査すべきだ」と投稿。「審議会などのメンバー選定にも、ある種の(経済安全保障上の機密情報へのアクセスを官民の有資格者に限る)セキュリティー・クリアランスが必要ではないか」と指摘した。

(抜粋)
詳しくはこちら
https://www.sankei.com/article/20240324-6LOESLXGRZBS5K5HYSQGFSW2II/

引用元: ・【政治】内閣府の再生エネルギー資料に中国企業の透かし 河野太郎氏「チェック体制の不備」

【【政治】内閣府の再生エネルギー資料に中国企業の透かし 河野太郎氏「チェック体制の不備」】の続きを読む