タイトルなし
vタイトルなし
タイトルなし

1: ちょる ★ 2024/01/27(土) 10:26:52.79 ID:??? TID:choru
四万十川沿いで計画されていた大規模な太陽光発電施設の建設をめぐって、市が許可しなかったのは違法だとして、会社側が処分の取り消しを求めた裁判で、高知地方裁判所は「浸水した場合、太陽光パネルが流されるおそれがある」などとして訴えを棄却しました。

この裁判は、3年前、東京の建設会社などが四万十川沿いの8万3000平方メートル余りの土地に建設を計画した大規模な太陽光発電施設について四万十市は過去の水害などを踏まえ許可せず会社側が不許可の処分を取り消すよう求めていました。

23日の判決で、高知地方裁判所の佐々木隆憲裁判長は「戦後最大規模といわれる昭和38年の台風と同じ程度のおよそ3メートルの浸水が発生すれば、パネルが損壊や流出するおそれがある」と判断しました。

その上で「パネルのフェンスに植栽とプラスチック製の疑似植物を絡ませるなど遮蔽設備を設置しても周囲の風景と調和せず、景観を著しく悪化させるおそれがある」などとして会社側の訴えを棄却しました。

四万十市の中平正宏市長は「住民の反対が根強かったので良かった。自由な経済活動と環境保護の両立は課題だが、

続きはこちら
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/20240124/8010019674.html

引用元: ・【高知地裁】四万十川メガソーラー訴訟、開発業者の訴え棄却 「水害でパネル損壊や流出するおそれ」「景観を著しく悪化」

【【高知地裁】四万十川メガソーラー訴訟、開発業者の訴え棄却 「水害でパネル損壊や流出するおそれ」「景観を著しく悪化」】の続きを読む