相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    反ワク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    05f06ecaefa00d025fe0b2e8cd776699_t

    1: 影のたけし軍団 ★ 2024/07/15(月) 13:09:48.58 ID:??? TID:gundan
    またまた緊急事態宣言、なんてことになるのか――。

    厚生労働省は7月12日、全国に約5000ある定点医療機関で、1日から7日に報告があった新型コロナウイルス感染者数が全国で3万9874人となり、1定点あたりの感染者数が8.07人だったと公表した。先週の約1.39倍から9週連続の増加だ。


    感染拡大の原因はいったいなんなのか。阿鼻叫喚の医療現場から聞こえてきたのは、新型コロナ患者たちの “非常識ぶり” だった。

    都内の病院に勤める20代の看護師は、こう嘆く。

    「“常識外れ” の患者が増えて困っているんですよ。発熱があった場合、本来は予約してから来院してもらいたいのですが、ほとんどの患者さんはいきなりやってきます。しかも、ずっと前にワクチンを打ったことでいまだに免疫があると思い込んでいる様子なんです。症状が軽い人は、ほとんど休まずに出勤したり学校に通っているかもしれません。本来は10日間ほど “外出禁止” にしてほしいのですが……」

    別の看護師もこう語る。

    「学校や職場で『コロナが流行っていて、うつりました』と受診する患者が、平気な顔でマスクをしないまま来院するんですよね。病院内ではマスクをお渡しして、着用してもらいますが、『ここまで来るのにウイルスを撒き散らしてるのよ!』と内心呆れますよ」

    薬局でも感染が広がっている可能性がある。

    https://smart-flash.jp/lifemoney/295428/1/1/

    引用元: ・【マスクなしで薬ください】新型コロナ感染拡大で医療現場から寄せられる阿鼻叫喚・・・増加する “常識外れ” の患者たち

    【【新型コロナ感染拡大】平気な顔でマスクをしないまま… 医療現場から寄せられる阿鼻叫喚。増加する “常識外れ” の患者たち】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    090941b4c64e95889b2a38cd3b47ad8b_t

    1: ちょる ★ 2024/06/22(土) 12:22:33.08 ID:??? TID:choru
    気づかぬうちに陥る「現代の情報弱者」とは誰か  佐々木 俊尚(ささき・としなお)

    ワクチンが開発され、世界中で10億人以上に接種されたことで、パンデミックはようやく収束に向かいました。

    ところが、そういう話をXにポストすると、必ずといって「私はワクチンを打っていないけど一度もコロナにかかっていない」

    「本当は新型コロナワクチンなんて不要だ、製薬会社の陰謀だ」というリプ(返信投稿)が山ほど届く。

    でも、その人たちがワクチンを打たずに元気でいるのは、まわりの大半の人たちがワクチンを打ったことで感染拡大が食い止められ、ウイルスに曝露する確率が低くなったからでしょう。

    大勢のワクチン接種という行動によって、感染拡大という悪いことを防いだ、その事実が反ワクの人たちには見えていないわけです。

    もう少し世の中を俯瞰的に見て「もし世界の誰もワクチンを打たなかったらどうなっていたか」などと考えてみれば、ワクチンの有効性がわかるはずなのに、「“自分は”ワクチンを打たなくても大丈夫だった」という視野狭窄に陥っている。このように自分のことしか見えない、考えられない人は存外に多いという現実を、コロナ禍で改めて思い知りました。

    ものの見方の射程を伸び縮みさせる重要性について述べてきましたが、視野が狭いものの見方をする危険性は、そのまま「だまされやすさ」にも通じていると言っていいでしょう。

    人はいかにだまされるか。その事例が鋭い考察と共に紹介されている本書を読んでいると、そんな「カモにされやすい人」の類型が想起されます。


    また、YouTubeを見て「9割の人が知らない世界の真実」といった、いわゆる陰謀論にハマる人も「カモにされやすい情報弱者」の類型に入るでしょう。

    https://toyokeizai.net/articles/-/761364?page=2

    引用元: ・【元毎日新聞記者・佐々木俊尚】「反ワク派の多くは、情弱であるがゆえにワクチン陰謀論にからめとられている、要はカモにされている現代の弱者だ」 ★2

    【元毎日新聞記者・佐々木俊尚「反ワク派の多くは、情弱であるがゆえにワクチン陰謀論にからめとられている、要はカモにされている現代の弱者だ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    682f30ea0680427f7928b6f2b402d333_t

    1: 影のたけし軍団 ★ 2024/03/30(土) 12:31:39.24 ID:??? TID:gundan
    はしかの感染が日本でも相次いで報告されている。親がワクチンに否定的だったために子どものころに接種せず、その後はしかに感染・入院したという女性に当時の症状について聞いた。

    今から約30年前、はしかに感染したと話す南菜さん。重症化や後遺症などもあるはしかだが、一体どのような症状だったのだろうか。

    「40度を超える熱が出た。それと同時くらいに顔などにプチプチと発疹が出てきて、母も『これははしかだ』となった。本当に起き上がれず、入院して、ひたすら点滴を打っていた。後遺症はなかったと思うが、1カ月ぐらいは本当に疲れやすく、体力は戻らなかった」

    幸い後遺症はなかったようだが、1カ月ほど倦怠感などの症状が出ていたという。

    1972年10月生まれ以降の人に始まっていたはしかワクチンの定期接種。年代的にもワクチン接種の対象だったはずだが、南菜さんは幼少時のはしかのワクチン接種をしていなかった。その理由は母親の影響だったようだ。

    そんな自然派の母親から、はしかが完治した際にこのような言葉があったという。

    「はしかが治った後に、『免疫がついてよかったね』と言われた。でも、かかった本人としてはそう言えるほど楽ではなかった。本当に一瞬死ぬのではないかというくらいつらかった」

    高熱や発疹の症状で、最悪の場合、死に至ることもあるはしか。その予防対策について、
    (略)
    対策としては、肯定派もデータなどきちんとした情報を数多く発信していく必要がある。ただし、否定派の中には政治的信条や陰謀論、スピリチュアリティに影響を受け、何かを強固に信じきっている場合もあるので、単純にデータや論理での反論や説得が難しい側面もある」と説明した。
    https://times.abema.tv/articles/-/10120187?page=1

    引用元: ・【親が “自然派”でワクチン打たず、はしか感染で入院した女性】「40度を超える熱が出た、本当に起き上がれず、入院して、ひたすら点滴を打っていた、本当に一瞬死ぬのではないかというくらいつらかった」

    【【反ワク】親が “自然派”でワクチン打たず…はしか感染で入院した女性「40度を超える熱が出た、本当に起き上がれず、本当に死ぬのではないかというくらいつらかった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    4164477_m

    1: 影のたけし軍団 ★ 2024/03/28(木) 17:38:19.75 ID:??? TID:gundan
    天災や大事故といった出来事に見舞われると、その原因や関連の出来事を巡って、さまざまな臆測が飛び交う。それらには、デマやうわさなど根拠のなく無責任なものが少なくないが、拡散することで社会不安や暴力を生み出す危険性もはらんでいる。

    震災のたびに頭をもたげる、根拠のない情報のひとつが「人工地震」だ。また、

    ネット上では人工地震の主張への批判も目立つが、「圧力には屈しない」と突っぱねた。

    世界保健機関(WHO)で議論が進む「パンデミック条約」に、ワクチンの安全性への疑問から反対する人たちだ。

    1月14日に東京都内で開かれたパンデミック条約反対のデモでは、人工地震の可能性をほのめかす参加者もいた。東京都日野市議で、反ワクチンを唱える「全国有志議員の会」代表の池田利恵氏は、地震発生直後から人工地震との見方を示した投稿を「メモ」としてリポスト(転載)し、一部には追認するようなコメントも付けている。

    反ワクチン団体の動向に詳しいジャーナリストの藤倉善郎氏はこう指摘する。

    「ワクチン反対と人工地震を訴える人たちは、闇の勢力による人類管理や人口削減といった計画が存在するという、共通の世界観がある」反ワクチンの主張にはさまざまな陰謀論がパッチワークのように入り込んでおり、

    https://nordot.app/1141629932710511102

    引用元: ・【共同通信】能登地震でもやっぱり出た「人工地震」 デマはなぜ広がる?  「ワクチン反対と人工地震を訴える人たちは、闇の勢力による人類管理や人口削減といった計画が存在するという、共通の世界観がある」

    【【陰謀論】デマはなぜ広がる? 「ワクチン反対と人工地震を訴える人たちは、闇の勢力による人類管理や人口削減といった計画が存在するという、共通の世界観がある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    タイトルなし

    1: ばぐっち ★ 2024/03/16(土) 12:55:22.29 ID:??? TID:BUGTA
     陰謀論者によるユニークなデモがあまりに多いため、最近はデモを追いかけてネット上でリポートする「ウオッチャー」と呼ばれる人々も増えている。彼らの間で最も熱い注目を集めるのが、反ワクチン団体「神真都Q会」だ。

     新型コロナウイルスのワクチンが普及されようとしていた2022年1月の第1回全国同時デモは、都内の「渋谷隊」だけでも1500人以上。第2回デモでは、事前に「新宿隊」メンバーがネット上で、ワクチン接種会場への放火をほのめかすなどしたため、新宿デモには多数の警官とウオッチャーも集結した。

     トランプ前米大統領に承認された陰謀論集団「Qアノン」の日本支部であるかのように謳い、こう連呼する。しかし実際には、Qアノンとはかなり主張が異なる。まとめるとこうだ。

    「日本人には善い宇宙人の遺伝子が受け継がれている。日本人こそが、ディープステート(影の政府=DS)に操られている世界の人々を覚醒させることができる。コロナワクチン普及もDSの仕業。人口削減を目的とした“毒”である」

     もちろんマスク着用にも反対だ。デモ隊を誘導する警察官や通行人に対してもメガホンで「マスク外して!」などと怒鳴りつけた。マスク着用で取材していた筆者も「あっち(DS)側だ」などと罵られた。

     同年3月には、活動は更に過激化。都内や静岡県内のワクチン接種会場を立て続けに“襲撃”して妨害。警視庁公安部などが関係者を摘発した。逮捕者は十数人に上り、

    引用元: ・【社会】反ワクチン信者ら「騙された~日本政府に騙された~」…中高年ばかりの集団が新宿練り歩き

    【【社会】反ワクチン信者ら「騙された~日本政府に騙された~」…中高年ばかりの集団が新宿練り歩き】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_6508
    1: ちょる ★ 2023/11/09(木) 09:31:33.90 ID:??? TID:choru
     感染拡大が懸念される冬を前に、新型コロナのオミクロン株の派生型に対応したワクチンの接種が各地で始まっている。それに伴い、一旦は沈静化していた陰謀論も再び蠢き始めたようだ。

     22年にワクチン接種会場に押し入ったことで、建造物侵入罪で元幹部メンバーらが有罪判決を受けた反ワクチン団体「神真都(やまと)Q会」のような過激な動きは今のところみられないが、8日は「ターボ癌」なるワードがX(旧ツイッター)でトレンド入りした。

     7日にX JAPANのベーシストHEATH(ヒース、本名=森江博)さんが55歳で死去していたことが分かり、HEATHさんの死因と「ターボ癌」を結びつけようとする言説がネット上に拡散したことが理由のようだ。

    「たしかにHEATHさんががんで亡くなったと一部で報じられましたが、死因について詳しいことは明らかにされていません。ファンのためにも、はっきりしたことが分かるまで憶測は慎むべきでしょう」(音楽関係者)

    「ターボ癌」とは、新型コロナワクチン接種後の後遺症でがんの進行が加速する“症状”を指すらしいが、科学的根拠がない造語だ。昨年も、ワクチンの副作用で娘がターボ癌にかかったとしてSNSで寄付を募る投稿が批判を集めて、アカウントを削除する騒動があり、その時も「ターボ癌」がトレンド入りした。

     コロナ禍の再拡大に伴い、


    続きはこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3ca028c7f73725755b7d7d393a704fab4463dffe

    引用元: ・【反ワク界隈】科学的根拠なき「ターボ癌」トレンド入り 反ワクチン陰謀論が再燃

    【【反ワク界隈】科学的根拠なき「ターボ癌」トレンド入り 反ワクチン陰謀論が再燃】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    sick_vaccine

    1: ちょる ★ 2024/03/06(水) 17:35:24.36 ID:??? TID:choru
    ドイツ出身の62歳男性が、医師の助言に背き、新型コロナウイルスのワクチンを217回打っていたことが明らかになった。この奇妙な事例は、学術誌「ランセット」の感染症部門で発表された。

    ワクチンの注射は、29カ月の間に個人的に購入され、接種された。

    フリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルクの研究者によれば、この男性に悪影響はなかったという。

    「この男性に連絡し、エアランゲンでさまざまな検査を受けてもらった。本人も検査内容に非常に興味を待っていた」

    男性は、新鮮な血液と唾液のサンプルを提供したという。
    研究者らはまた、ここ数年間に凍結保管されていたこの男性の血液サンプルも調査した。

    ショーバー博士は「この男性は研究中、本人の強い希望でさらにワクチン接種を受けた。我々はその血液サンプルも採取できた」と説明。

    「これらのサンプルを使い、免疫系がワクチン接種にどのように反応するかを正確に調べることができた」と述べた。

    一方、男性の住む中部マグデブルク市の検察当局は、ワクチン130回分の証拠を収集した。当局は詐欺の疑いで捜査を開始したが、刑事告発にはいたらなかった。

    COVID-19に対するワクチンは感染を引き起こすことはないが、病気と闘う方法を体に教えることができる。
    続きはこちら
    https://www.bbc.com/japanese/articles/cpw0n4ljdvpo

    引用元: ・【海外】ドイツ人男性、コロナワクチンを217回接種 検査では悪影響なし

    【【反ワク悲報】ドイツ人男性、コロナワクチンを217回接種 検査では悪影響なし】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    682f30ea0680427f7928b6f2b402d333_t

    1: 影のたけし軍団 ★ 2024/02/15(木) 10:04:24.09 ID:??? TID:gundan
    新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンについて、誤った情報や反対意見に影響を受けて接種を忌避する人がいる。

    ワクチンに関しては、ソーシャルメディア(SNS)の利用が忌避拡大の規模と速度を増幅させるとの報告があり、この機序の解明は公衆衛生上の課題となっているが研究は少ない。

    東京大学大学院工学系研究科教授の鳥海不二夫氏らは、日本でのコロナ流行下におけるTwitter(現X)の投稿(ツイート)1億件を解析し、ワクチン忌避に関連する因子を検討。政治的な陰謀論がワクチン忌避と関連するなどの結果をJ Comput Soc Sci(2024年2月5日オンライン版)に報告した。

    ワクチン反対に関する新規ツイートまたはリツイートを行っているアカウント(反ワクチン情報拡散アカウント)および、それらをフォローしているアカウントを反ワクチン群とした。

    2022年3~9月に特定の政党や党首をフォローしている割合を分析したところ、コロナ流行開始以前からの高反ワクチン群は立憲民主党やれいわ新選組、日本共産党のアカウントをフォローしている割合が多かったのに対し、コロナ流行開始以降の高反ワクチン群ではこれらのアカウントをフォローする割合が少なかった。

    引用元: ・【政治】反ワクチンの人は立憲民主党やれいわ新選組、日本共産党のアカウントをフォローしている割合が多い

    【【政治】反ワクチンの人は立憲民主党やれいわ新選組、日本共産党のアカウントをフォローしている割合が多い】の続きを読む

    このページのトップヘ