相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    刑務官

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_6395
    1: ばぐっち ★ 2024/02/09(金) 09:57:25.88 ID:??? TID:BUGTA
    【独自】大阪拘置所職員が証言「車椅子の青葉被告をムリヤリ絞首台に連れて行くなんて、私にはできない」《京アニ・死刑判決の今後》

    2019年7月18日に、京都市伏見区の京都アニメーション第一スタジオにガソリンをまいて放火。社員36人を殺害し、32人に重軽傷を負わせ、殺人容疑などに問われていた青葉真司被告に、1月25日、京都地裁は死刑の判決を言い渡した。だが青葉被告は、大やけどを負い、いまや歩くこともできない。車椅子の彼がいかなる運命を辿るか、ご存知だろうか?

     大阪拘置所のある刑務官はこう語る。

     「拘置所に来た時は、刑務官らが食事を口に運び食べさせていた。トイレにも2人の刑務官が付き添う。自分では、法廷でやっていたようなマスクの着脱ができるくらいかな。拘置所でこんなVIP待遇は経験がない」

     そうなると、SNSにもあるように、判決が確定した際、実際にどう執行されるのかが大阪拘置所の刑務官たちも、気が気でないという。

     死刑囚は、刑場で立ったまま首に皮のついたロープがまかれ、執行される。立てない青葉被告をどのようにして執行できるのか、まだ判決は確定していないが、大阪拘置所の刑務官たちは緊張に包まれているという。

    引用元: ・【社会】「車イスの青葉を無理やり絞首台に連れて行くなんて、私には無理!」…大阪拘置所職員

    【【社会】「車イスの青葉を無理やり絞首台に連れて行くなんて、私には無理!」…大阪拘置所職員】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    4255e66c34f2f963856a47922c1e6310_t
    ※写真はイメージ
    1: ◆Sen4E3P802 愛の戦士 ★ 2023/06/21(水) 10:11:04.59 ID:hvNbSrqJ9
    刑務官が受刑者を「懲役」「やつら」と呼称 「人権意識の希薄さ」指摘 名古屋刑務所”暴行”問題受け処遇体制の見直しなど再発防止策まとまる

    TBS NEWS DIG  6/21(水) 10:01

    名古屋刑務所の刑務官22人が受刑者3人に暴行など不適切な行為をしていた問題で、法務省の第三者委員会は先ほど、受刑者の処遇体制の見直しなどを提言する再発防止策を取りまとめ、斎藤法務大臣に手渡しました。

    提言書では問題が起きた原因として、「人権意識の希薄さ」や「規律秩序を過度に重視する組織風土」などがあったと指摘し、主な再発防止策として受刑者の処遇体制の見直しを挙げています。
    (中略)
    一方、調査では名古屋刑務所の職員が雑談中に受刑者を「懲役」、「やつら」などと呼んでいたことも明らかになりました。
    提言書ではこうした呼び方は職員が人権意識を持つうえで不適切として、
    「さん付け」で呼ぶなど見直しを検討するよう求めています。

    法務省はこうした再発防止策を名古屋刑務所に限らず、全国の刑事施設で適用していくとしています。
    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/da7614bac5a5603e11c21c77fdbbc3f64f423d5c&preview=auto

    引用元: ・刑務官が受刑者を「懲役」「やつら」と呼称 「人権意識の希薄さ」指摘 名古屋刑務所”暴行”問題受け処遇体制の見直しなどまとまる [愛の戦士★]

    【【人権】刑務官が受刑者を「懲役」「やつら」と呼称…人権意識の希薄さ指摘 処遇体制の見直し】の続きを読む

    このページのトップヘ