相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    人権

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    616d48f56fabd399aac0efaec39806f4_t

    1: haru ★ 2024/03/25(月) 18:29:20.88 ID:??? TID:aru1413
    DV、貧困などに直面する女性を支援するための新たな法律が4月、施行されます。

    被害を受けた女性:
    「まったく理由がわからない。急に怒りだして暴言で終わるときもあるし、妊娠していたが蹴ってくることもあった」

    家族間のトラブルやDV被害者への支援などに取り組む弁護士は「経済的に弱い立場にある女性」が被害に遭いやすく、被害に気付かない女性も多いと話します。

    こうした女性を支援するための新たな法律が4月、施行されます。

    法律では家庭内暴力や性暴力被害、貧困などの困難に直面する女性に対し、国や自治体に支援の責務があると明記し、民間などと連携し女性が自立するまで切れ目ない支援をするよう定められています。

    こうした施策を受け、問題を抱える女性への支援の広がりが求められています。
    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/1052071

    引用元: ・【政府】「女性支援新法」貧困や暴力などの困難に直面する女性に対し、国が支援すると明記

    【【政府】「女性支援新法」施行 貧困や暴力などの困難に直面する女性に対し、国が支援すると明記】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    タイトルなし

    1: ちょる ★ 2024/04/16(火) 10:13:38.12 ID:??? TID:choru
    死刑執行を当日に告知する運用は違憲だとして、死刑囚2人が当日の死刑執行を受け入れる義務がないことの確認と計2200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が15日、大阪地裁であり、横田典子裁判長は「刑事判決の結果を実質的に無意味にすることを求めるもので、許されない」と訴えを退けた。死刑囚側は控訴する方針。

    判決後、死刑囚側の弁護団は「執行の恐怖の中で暮らしている死刑囚の痛みを全く理解していない判決」と批判。法務省は「国の主張が受け入れられたと認識している」としている。

    詳しくはこちら
    https://www.sankei.com/article/20240415-PFP2OT2OFRNAFBLFZNI5IWYCLI/

    引用元: ・【裁判】「死刑囚の痛み理解していない」執行当日告知の違法性認められず、弁護団が批判

    【【死刑】執行当日告知の違法性認められず、弁護団が批判「死刑囚の痛み理解していない!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    タイトルなし

    1: ばぐっち ★ 2024/03/23(土) 10:45:23.30 ID:??? TID:BUGTA
     長野県飯山市の江沢岸生市長は22日の定例記者会見で、昨年12月に自身のX(旧ツイッター)への投稿内容に対する批判を受け、投稿を削除したことを明らかにした。

     江沢市長は昨年12月16日、下水道に下着やマスクを流す人に触れ「全くどういう神経してんだよ 人間が腐ってきてるな」と投稿。当時、市内で不織布マスクなどが流され下水道のパイプが詰まった事案があり、広く周知したいとの思いがあったという。

     今月6日の市議会3月定例会の一般質問で、見解をただされた副市長と教育長が「少しきつい表現」「人権侵害に当たるのではないか」と答弁。21日の同定例会閉会時に、江沢市長は「不愉快な思いを抱かせる部分があった」などと述べ、直後に投稿を削除した。

     江沢市長は会見で、「自分としては人権侵害に当たらないと認識している」としながらも、「品位が疑われる表現があったことは反省している」と陳謝した。

    引用元: ・【政治】「下着やマスクを下水に流す人がいる。人間が腐ってるな」 市長の投稿に、「人権侵害だ!」批判の声

    【長野県飯山市の江沢市長「下着やマスクを下水に流す人がいる。人間が腐ってるな」 市長の投稿に、「人権侵害だ!」批判の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_6284
    1: ボレロ ★ 2024/01/23(火) 11:31:02.74 ID:??? TID:bolero
     アリさんは20歳のクルド人。2011年に家族とともに日本に来た。学校では日本語が難しくて勉強についていけなかった。同級生ともなじめず、中学校1年生の時に学校をやめた。

     6、7年前からは在留資格のない「仮放免」の状態だ。就労は禁止され、県外移動は制限される。しかし、生活していくためには働かざるを得ない。中学校をやめて以来、父親の解体業を手伝っている。日曜日以外は朝8時から夕方5時ごろまで肉体労働だ。車も解体業で稼いで買った。

     仮放免では健康保険にも入れないため、医療費は高額になる。虫歯の治療で30万円かかったこともあった。2カ月に1度は品川にある東京出入国在留管理局(入管)に行かなければならない。親戚が入管施設に収容され、トルコに強制送還されたこともあった。

     SNS上のクルドカーへの批判についてどう思っているのだろうか。「これは俺が解体をして頑張って稼いだお金で買った。日本人も同じような車を買っている。何が悪い?」

     日本人に対して伝えたいことも聞いてみた。

     「俺たちは同じ人間。俺は悪いやつかもしれない。けれどもクルド人全体が悪いわけではないでしょ」

    詳しくはこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4188e3c4f6a0f0ab196107e2333045d54ebe0188?page=1

    引用元: ・【移民】ネットにあふれるクルド人ヘイトの異常さ 差別される側の視点に立ってみたことありますか?「一部の問題で全体を判断しないで」

    【【移民】ネットにあふれるクルド人ヘイトの異常さ 差別される側の視点に立ってみたことありますか?「一部の問題で全体を判断しないで」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    keimusyo_syujin_syabougi_man_bouzu

    1: テイラー ★ 2024/01/06(土) 09:27:44.71 ID:??? TID:taylor
    広島弁護士会は5日までに、尾道刑務支所(広島県尾道市)で、女性を自認するトランスジェンダーの元受刑者が伸ばしていた髪を丸刈りにされたのは人権侵害として、法相と尾道刑務支所長に勧告書を送付した。全ての男性受刑者に対し、髪を刈り上げる制限をしないよう求めている。昨年12月28日付。

    勧告書によると、元受刑者は、2023年1月、「(髪を)短くしたくない」と拒否したが「何を言ってるんだ」と刑務支所の職員に怒鳴られ、それ以降は調髪に応じた。刑務支所側は弁護士会に、

    (続きは以下URLから)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/aa7ae5b73169e6e1d456ff262166ffe5a325204d

    引用元: ・【刑務所】受刑者に丸刈り、人権侵害 広島弁護士会が法相ら勧告

    【【刑務所】受刑者に丸刈り、人権侵害 広島弁護士会が法相ら勧告】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    v

    1: ちょる ★ 2023/12/08(金) 12:30:32.43 ID:??? TID:choru
    いよいよ日本が危ない。といっても、安全保障上の件ではない。日本国憲法が保障する「表現の自由」の危機。民主主義の危機といってもいい。

    出版大手「KADOKAWA」は5日、自社のサイトに「学芸ノンフィクション編集部よりお詫びとお知らせ」と題して、次のリリースを発出した。

    「来年1月24日の発売を予定しておりました書籍『あの子もトランスジェンダーになった SNSで伝染する性転換ブームの悲劇』の刊行を中止いたします」

    今年6月、「LGBT理解増進法」なる悪法が強引に通され、その後、多くの国民の反発を呼んでいる日本でこそ、読まれるべき本といっていい。

    LGBT活動家からの「攻撃」に遭い、版元の上層部などが屈従したのではないか。なんと嘆かわしく恐ろしい事態か。

    過去、日本の出版界は、新聞やテレビが怖がって扱わないネタにも勇敢に突っ込んでいく場であったはずだ。その矜持(きょうじ)は消えゆくのか。

    繰り返すが、これまさに「日本の危機」である。
    詳しくはこちら
    https://www.zakzak.co.jp/article/20231208-QX67KMMEPJMVJNZBZSP2I5ZLRA/

    引用元: ・【なんと恐ろしい「表現の自由」の危機】トランスジェンダー本が突如刊行中止、背景にLGBT活動家からの「攻撃」か

    【【なんと恐ろしい『表現の自由』の危機】トランスジェンダー本が突如刊行中止、背景にLGBT活動家からの「攻撃」か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_5514
    IMG_5513
    FullSizeRender
    1: アレックス ★ 2023/11/03(金) 17:39:03.56 ID:??? TID:alex
    アイヌ民族や在日コリアンに関する差別的言動を巡り、札幌と大阪の法務局から人権侵犯と認定された自民党の杉田水脈衆院議員は、X(旧ツイッター)への1日付投稿で法務省の認定制度自体を批判した。

    制度に問題があると指摘した保守系月刊誌の評論記事を添付動画で取り上げた上で「制度としておかしいということがよくわかります」と書き込んだ。
    自身の正当化を図った形で、レイシズム(人種差別主義)の助長が懸念される。

    杉田氏について、岸田文雄首相は10月31日の参院予算委員会で「傷つけられた方々に謝罪した上で、表現を取り消したと認識している」と答弁した。
    氏の投稿は首相説明と異なっているようにも受け取れる。
    政府と自民執行部の対応が問われそうだ。

    人権侵犯を認定されたのは「チマ・チョゴリやアイヌの民族衣装のコスプレおばさん」「同じ空気を吸っているだけでも気分が悪くなる」などの言動。

    https://www.47news.jp/10081824.html

    引用元: ・【札幌と大阪】杉田衆院議員「制度がおかしい」自身への人権侵犯認定「法務局判断の正当性に疑問」

    【【差別】杉田衆院議員「制度がおかしい」自身への人権侵犯認定「法務局判断の正当性に疑問」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    FullSizeRender
    1: ばぐっち ★ 2023/09/19(火) 10:40:43.15 ID:??? TID:BUGTA
    ’90年代後半に絶大な人気を誇ったバラエティ番組『進ぬ!電波少年』(日本テレビ系)の企画「電波少年的懸賞生活」で時の人となったなすびを題材にしたイギリス製作のドキュメンタリー映画『ザ・コンテスタント(原題)/ The Contestant』が9月上旬、第48回トロント国際映画祭でワールドプレミア上映されたのだ。

    「人は懸賞だけで生活していけるか」をテーマに大量のハガキとカンパンを渡され、目標金額100万円を目指し、裸での生活がスタート。アパートの1室で誰とも話すことができない孤独のなか、黙々とハガキを書き続けた。当選した際に披露する“当選の舞”などもウケて、放送当時は高視聴率をマーク。なすびも一躍人気者となった。
    一方で、終わりの見えない監禁懸賞生活にメンタルも次第に蝕まれ、自殺を考えるほど追い込まれていった。情報も遮断され、そもそも肝心のなすびでさえ懸賞生活の模様が放送されていることを知らなかったという。そんな監禁懸賞生活は15ヵ月にも及んだ――。

    映画を観た海外の観客たちは、その壮絶な生活に驚き、ショックを受けたという。

    SNS上では『あの番組は深刻な人権侵害だったということ』『さすがにこの時代でもアウトだろ』といったコメントが寄せられています。

    今、日本の芸能界はジャニー喜多川氏の性加害問題で世界から厳しい目を向けられている。「20年以上前の番組ではありますが、この映画の反響は大きい。ジャニーズ問題と結び付けられ、人権問題として取り上げられる可能性は十分ありえます」(前出のテレビ局関係者)(抜粋)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/95fd8df538c3eb50eb33e5768618ee768103de4d

    引用元: ・【マスコミ】"ジャニーズ級の問題に発展か" 電波少年の懸賞生活に、海外の観客らショック受ける…なすび映画

    【【電波少年】"ジャニーズ級の問題に発展か" 「なすび映画」懸賞生活に、海外の観客らショック受ける】の続きを読む

    このページのトップヘ