相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    中国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    smartphone_screen_sns_video

    1: 影のたけし軍団 ★ 2024/05/18(土) 08:33:13.95 ID:??? TID:gundan
    [17日 ロイター] - カナダ安全保障情報局(CSIS)のヴィニョー長官は17日、中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」について、
    収集されたユーザー情報が中国政府に利用できるようになっていると警告した。

    ヴィニョー長官はカナダ放送協会(CBC)のインタビューで「CSIS長官としての私の答えは、中国政府には世界中の誰からでも個人情報を入手しようとする極めて明確な戦略があるということだ」と述べた。

    カナダは昨年9月、TikTokのカナダ国内での事業拡大計画について国家安全保障上の観点から調査を開始。ヴィニョー長官はこの調査に参加し、助言するという。

    TikTokの広報担当者は「こうした主張を裏付ける証拠はなく、カナダのユーザー情報を中国政府と共有したことはない」と主張。同時に「カナダ政府当局者と引き続き取り組みを進める」とし、個人情報の保護についてCSISと協議を行っていく姿勢を示した。

    ヴィニョー長官のインタビューは18日に放送される。
    https://jp.reuters.com/economy/industry/U65JBIZDCBKCDIXY7PYIPJ6CJU-2024-05-17/

    引用元: ・【カナダ安全保障情報局長官】TikTok(ティックトック)利用を警告 「収集されたユーザー情報が中国政府に利用できるようになっている」

    【【カナダ安全保障情報局長官】TikTok(ティックトック)利用を警告 「収集されたユーザー情報が中国政府に利用できるようになっている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    タイトルなし
    2タイトルなし
    3タイトルなし

    5タイトルなし
    4タイトルなし
    7タイトルなし

    1: ボレロ ★ 2024/05/17(金) 11:09:20.15 ID:??? TID:bolero
     伊勢海老にアワビ、天然記念物のヤドカリまで――。今、日本各地の海では、中国人による密漁・乱獲が止まらない。行政や漁業関係者が頭を悩ませるなか、さらにその方向性が「進化」しているという。最新の手口と流通ルートを追った。

    ◆SNSで密漁の情報交換、はてはツアー募集の投稿も

     密漁された魚介類の用途はさまざまだ。SNSでは承認欲求を満たすための投稿から、自身の店の宣伝などに利用されている(日本語訳は編集部による)。

     某在日中国人インフルエンサーは伊勢海老を釣り上げる一部始終を叙情的な音楽とともにアップ。ちなみに「千葉県漁業調整規則」において伊勢海老は毎年6月1日~7月31日は禁漁とされているため、この期間に千葉県で採取されたものは全て違法になる。
    投稿者は、「良いスポットを見つけたけど、漁民に見つからないようにしないと!」と書いていた。

    ◆「いいね」が続々のSNSには採取地も

     ほか、福岡県志賀島のアワビ、静岡県下田市恵比須島のウニなど漁業権が設定されている海域で採ったとみられる高級魚介類の写真に多くの「いいね」がついている。

     投稿を通じた情報交換も盛んで、浦安市内の立ち入り禁止エリアでカニを採る投稿のコメント欄では「浦安墓地公園のどこ?」「何時ごろに行けばカニ採れる?」「警察にバレない?」などの言葉が並んでいる。この投稿主は30匹のカニを採ったと語っている。

    「浦安日之出で潮干狩り」という投稿では、牡蠣やマテ貝の写真とともに、「土曜日に行ったら見張りの人間がいて、フェンスを越えて侵入しないよう言われた。見張りの人間がいない場所から中に入れば問題ない」と“アドバイス”をする光景も……。

     なお、こうした密漁アカウントは突発的に「密漁ツアー」を呼びかけコメント欄で参加者を募っている。競争率が高く、

    続きはこちら
    https://news.livedoor.com/article/detail/26418242/

    引用元: ・【中国】日本各地で止まらない中国人による密漁・乱獲…中国SNSでは“密漁ツアー”の募集も

    【【密漁】日本各地で止まらない中国人による密漁・乱獲…中国SNSでは“密漁ツアー”の募集も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    タイトルなし

    タイトルnなし

    1: ちょる ★ 2024/05/16(木) 19:06:02.00 ID:??? TID:choru
    うその書類で中国人ら350人の在留資格を更新していたとみられる行政書士ら2人が逮捕された。

    会社役員の王嘉瑞容疑者(62)と行政書士の豊田近弘容疑者(76)は2022年、都内の飲食店で働いていた中国人の女(30代)について、栃木県内にある総菜の加工会社で勤務していると虚偽の申請をして、在留資格を更新した疑いが持たれている。

    2人は女から25万円を受け取っていたが、2023年までの約5年間で中国人ら約350人について虚偽の在留資格を更新し、1億円以上を受け取っていたという。

    続きはこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/08afa69d150789b2c3e4407706448c268464ae61

    引用元: ・【警視庁】嘘の書類で中国人ら350人の在留資格を更新か 行政書士76歳男と会社役員62歳男を逮捕

    【【不法滞在】嘘の書類で中国人ら350人の在留資格を更新か 行政書士76歳男と会社役員62歳男を逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    タイトvルなし

    タイトルなし

    1: コバーン ★ 2024/05/01(水) 20:07:53.18 ID:??? TID:cobain
    東京で中国人の人口が増加していて、足立区では10年前の2倍以上だという。

    駅の近くには、最近できたという中国料理店の看板が立ち並び、美容室やカラオケ店も中国語。路上には、10人以上の中国人グループの姿も見られる。

    中国人の男性
    「休みの日なので、友達で集まってご飯でも食べようって」

    東京・足立区竹の塚では中国人が急増し、“チャイナタウン化”が進んでいた。

    7年前に来日し、東京・江東区亀戸で「湖南料理」の店を営むチョウさん(31)。

    チョウさん
    「日本はお給料が高いし、礼儀があります。日本の生活が長いと、中国の生活が合わなくなるんです。日本に長期的に住みたい人が多いと感じます」
    (抜粋)

    (続きは以下URLから)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8b39e3f6e6b07927ab74a042d5c0434b46928fe7

    引用元: ・【足立区】チャイナタウン化…東京・足立区「中国人10年で2倍」 “社会環境に不満”移住者も

    【【足立区】チャイナタウン化…東京・足立区「中国人10年で2倍」 “社会環境に不満”移住者も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    タイトルなし

    1: コバーン ★ 2024/05/04(土) 18:24:06.78 ID:??? TID:cobain
    今回は、そんな西野さんが「日本人のヤバさ」について語る。

    先日、YouTubeチャンネルの撮影でタレントのMEGUMIちゃんとメチャクチャ久しぶりに会いました。

    そんな彼女から「外貨を稼がないとヤバくない?」という言葉が飛び出てきて、日本のタレントさんで、そんなことを言う人、あまり聞いたことがないのでメチャクチャ新鮮でした。

    表現者・クリエイターとして「外貨稼がないとヤバくない?」にはいくつか意味があって、シンプルに「食っていけなくないっすか?」という意味もあるのですが、「『知らないものに興味を持とうとしない』どころか、知らないものをすぐに否定したがる日本人の買うもの(選ぶもの)が固定化しているから、
    (抜粋)

    (続きは以下URLから)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d4f48c983822a27d8b5f46756b9a3312dd6b2b94

    引用元: ・【芸人】中国重慶帰りの西野亮廣が、“どんどん田舎になる日本”に危機感。海外では今「日本に発信しても得しない」という雰囲気が漂い、情報が入ってきていない!?

    【【芸人】中国重慶帰りの西野亮廣が『どんどん田舎になる日本』に危機感。海外では今「日本に発信しても得しない」という雰囲気が漂い…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    sps_PAS04175_TP_V

    1: 鮎川 ★ 2024/05/02(木) 11:24:36.98 ID:??? TID:ayukawa
     「『貧乏人』こそが日本に来ているよ」

     そう教えてくれたのは、上海生まれ・上海在住の23歳のAさんだ。彼女はいわゆる典型的な中国大都市の若者で、
    (略)
     それを踏まえると、日本が一番。理由の1つは円安でとてもお得感がある。本当のお金持ちは欧米、中東に行くけど、私たちにとって日本は海南島より安いし、手が届く海外なので行きたい。その次に文化。アニメはあまり見ないけれど、桜の投稿に引かれるし、なんか面白そうなので来てみたかった」

     そうか。いつの間にか、日本は中国の若者の「憧れ」から「安くていい」観光地に変化してきたのだ。

    詳しくはこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/67c7d58e3dde0e023b81818cf8f4cd6e76c448de

    引用元: ・【観光】「日本は貧乏な人が行く国」訪日観光客の素直な見方、「安くてコスパがいい」日本が陥っているワナ

    【【観光】「日本は貧乏な人が行く国」訪日観光客の素直な見方、「安くてコスパがいい」日本が陥っているワナ(東洋経済)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
    1: ちょる ★ 2024/03/25(月) 07:52:06.53 ID:??? TID:choru
    再生可能エネルギー導入に向けた規制の見直しを目指す内閣府のタスクフォースで提出された資料の一部に、中国企業の透かしが入っていたことが分かった。内閣府規制改革推進室が23日、X(旧ツイッター)の公式アカウントで認めた。

    資料は22日と昨年12月25日などに開かれた「再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォース」で出されたもので、タスクフォースの民間構成員が提出した。中国の電力会社「国家電網公司」の企業名やロゴが確認できるという。

    国民民主党の玉木雄一郎代表は23日にXで、「わが国の再エネ政策が中国の影響が及んでいる疑惑であり、見過ごすことはできない。背景を徹底調査すべきだ」と投稿。「審議会などのメンバー選定にも、ある種の(経済安全保障上の機密情報へのアクセスを官民の有資格者に限る)セキュリティー・クリアランスが必要ではないか」と指摘した。

    (抜粋)
    詳しくはこちら
    https://www.sankei.com/article/20240324-6LOESLXGRZBS5K5HYSQGFSW2II/

    引用元: ・【政治】内閣府の再生エネルギー資料に中国企業の透かし 河野太郎氏「チェック体制の不備」

    【【政治】内閣府の再生エネルギー資料に中国企業の透かし 河野太郎氏「チェック体制の不備」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    タイトルなし

    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/10/14(金) 16:58:48.23 ID:CAP_USER
    元大王製紙3代目会長の井川意高氏(58歳)。もともと父・高雄氏が歴代総理大臣と親交を持っており、総理大臣就任前から安倍氏とも交流があった。その縁を引き継ぎ、息子である井川氏も安倍氏と親しくなったのだという。

     亡くなる約3ヵ月前の会食では、安倍元総理が日本の政治家たちと中国の“表には出ない関係”を明かしてくれた。

     「安倍さんが小泉純一郎さんと中国の迎賓館に行かれた時のお話をしてくださいました。会談が終わり、晩餐会までの間休憩するために各自の部屋に案内されたそうです。小泉さんの部屋には、接待のために中国美人がずらっと並んでいたといいます。

     ところが安倍さんが自分の部屋に入ると、待っていたのはアイドルのようなイケメン男子たち! 安倍さんは『私はそういう趣味だと思われていたんですよ(笑)』とおっしゃっていました。安倍さんは女性で接待されることを常に断ってきたようなので、中国政府が勘違いしたのかもしれませんね(笑)」

    「中国のハニートラップ」を警戒
     「社会の闇が生んだ事件だと言われていますが、『テロ』以外のなにものでもないというのが私の意見です。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cf34e064f570c04e92c03710fff2da971e77f149?page=1

    引用元: ・「安倍さんは中国美女の接待を必ず断っていた」元大王製紙会長・井川意高が明かす“秘話” [10/14] [昆虫図鑑★]

    【「安倍さんは中国美女の接待を必ず断っていた」元大王製紙会長・井川意高が明かす“秘話”】の続きを読む

    このページのトップヘ