相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    フランス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    67827b0df8eb429cf5714908111d24d2_t

    1: 鮎川 ★ 2024/05/02(木) 12:02:51.87 ID:??? TID:ayukawa
    フランス政府が3歳未満の動画視聴と13歳未満のスマートフォン使用自体を禁止する方針を検討している。幼児・子供の視力と集中力など様々な面に否定的な影響を与えるという理由からだ。

    神経学者・精神科医など専門家10人は、子どもの映像視聴とスマートフォン使用を厳しく制限しようという報告書を最近提出した。

    報告書は3歳未満の乳幼児の場合、テレビを含む映像視聴の全面禁止、3~6歳は教育的な映像を大人がいる時に限って視聴するよう制限しなければならないと強調した。さらに、携帯電話の使用は11歳から、携帯電話を通じたインターネット接続は13歳からするように勧告した。

    SNSの使用は15歳から許容する一方で、「倫理的なSNS」に限定しなければならないと強調した。ティックトック・インスタグラム・スナップチャットは倫理的なSNSから除外されると専門家たちは主張した。

    続きはこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4ed288a095612244693674c1d4933a7812169a5d

    引用元: ・【海外】フランス政府「11歳未満は携帯禁止、インスタは15歳を過ぎてもダメ」「3歳未満はテレビを含む映像視聴全面禁止」検討

    【フランス政府「11歳未満は携帯禁止、インスタは15歳を過ぎてもダメ」「3歳未満はテレビを含む映像視聴全面禁止」検討】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    edo_seppuku

    1: ちょる ★ 2024/03/28(木) 11:54:02.47 ID:??? TID:choru
    海外の人々が日本のイメージについて語るとき、「侍(サムライ)」、そして「切腹(ハラキリ)」が頻繁に登場する。そのきっかけの一つとなったのが幕末に起きた「堺事件」であるが、どのような事件だったのだろうか?

    ■女性をナンパするフランス人に反発した土佐藩兵

    外国人の横暴を座視することもできず、開港地の治安に責任を負う諸藩は臨機応変の対処を求められた。
     このような情況下、大坂の堺で事件は起きた。フランス軍艦が入港した2月15日、上陸した水兵たちは道行く日本女性にナンパ行為を働き、やたら身体に触れる者もいた。

     住民たちから苦情を受け、警備担当の土佐藩兵が出動するが、
    意思の疎通が充分に測れないことに加え、フランス兵には列強の一員としての驕りがあり、土佐藩兵の側には外国人による侮りを許すまいとする空気が漲っていた。

    身振り手振りによる話し合いでは埒が明かずにいるうち、フランスの水兵が土佐藩兵の旗を奪おうとしたことをきっかけに、ついには武力衝突が発生。フランス側に11名の死傷者が出る事態となった。

    ■切腹の様子にドン引きしたフランス人

     当然ながら、この一件は外交問題に発展。前年末に大政奉還がなされたばかりで、新政府はまだよちよち歩きの状態。列強の一角を占めるフランス相手に強気の交渉はできず、フランスからの要求をほぼそのまま受け入れ、土佐藩関係者20人を切腹させるしかなかった。

     かくして同月23日、堺の妙国寺で、フランス水兵の立ち合いのもと、切腹という名の処刑が開始されたが、クジで選ばれた20人には怯えた様子など微塵もなく、

    引用元: ・【歴史】なぜ、日本といえば「侍」「切腹」なのか? フランス人がドン引きした幕末の切腹事件とは

    【【歴史】なぜ、日本といえば「侍」「切腹」なのか?フランス人がドン引きした幕末の切腹事件とは…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    0eb3d973cb3c931da1ec2fa91a121e70_t

    1: レノン ★ 2024/03/31(日) 09:35:12.22 ID:??? TID:lennon
    ◼️フランスではいじめた人は罰せられる

    あるタレントさんが自死したというニュースを見た。自殺の理由として考えられることのひとつとして、「誹謗中傷」が挙げられていた。この国では、誰かが叩かれていると、まるで叩かれている人が悪いかのように扱われる。「叩かれている人」にばかりスポットライトが当てられる。

    だけど、「叩いている人」にスポットライトを当ててみてほしい。ほぼ全ての場合、ロクでもない。名前も顔も出してないのなんて当たり前。言葉遣いも、タメ口なんて当たり前で、「し〇」みたいなことも平気で言う。

    また、リアルな世界でなら、
    (抜粋)

    (続きは以下URLから)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8029c180b6bfb8e4a8283c5b009b7bfd4b7f008c

    引用元: ・【いじめ問題】「いじめられる側にも問題がある」にモノ申す! フランスと日本における“いじめ対策”の決定的な差

    【【いじめ問題】「いじめられる側にも問題がある」にモノ申す! フランスと日本における“いじめ対策”の決定的な差】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_6439
    1: 夢みた土鍋 ★ 2024/02/28(水) 21:37:45.97 ID:??? TID:dreampot
    開幕まで5ヵ月を切った2024年のパリ五輪は、「これまでで最も持続可能な大会」を公約に掲げている。

    CO2を削減するため、既存のインフラの活用、使い捨てプラスチックの禁止、近郊の食材の活用、観客の自家用車乗り入れ制限など、さまざまな取り組みがおこなわれる。フランスの「ラジオ・フランス・アンテルナショナル」によると、今大会のCO2排出量は、2016年のリオ大会、および2012年のロンドン大会に比べて55%減少するという。

    ところが、CO2削減の目玉となっている一つの取組みが、世界中の選手団から大きな反発を受けている。それは、選手村にエアコンが設置されないことだ。

    パリ五輪の組織委員会は、選手村の部屋には地下水を使った冷却システムが設置されるほか、高性能な建材の使用、熱をこもらせないデザインなどの工夫がなされるため、エアコンがなくても外気温より6度以上低くなると請け合っている。しかし、外気温が40度になった場合は30度台にしかならず、暑いことに変わりはない。

    続きはこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0f22b341171b336db58560ad087af68e4753147d

    引用元: ・【パリ五輪】「エアコン不設置」のパリ五輪選手村に各国代表団が続々と「自前での持ち込み」を表明─環境対策として本末転倒では?

    【【パリ五輪】「エアコン不設置」のパリ五輪選手村に各国代表団が続々と「自前での持ち込み」を表明─環境対策として本末転倒では?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    タイトルなし

    1: 鮎川 ★ 2024/02/19(月) 09:34:08.15 ID:??? TID:ayukawa
     とにかく明るい安村が、17日放送の『人生最高レストラン』(TBS系)で、フランスでの思わぬ評価を明かした。

     イギリスの名物オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』で、おなじみの裸芸を披露して話題となった安村。すると各国からも出演オファーが続々。フランス、イタリア、ドイツ、アメリカにも出向いたと語った。

     「フランスでもめっちゃウケた」という安村は予選を勝ち上がり準々決勝へと進出。ところが審査員の1人が彼のことを嫌いだったらしく、「そんなレベルの低い芸はひどい」「他の出場者はとんでもない芸術的なものをやっているのに、お前はなんなんだ。お前は日本の中でも底辺の芸だろ」と酷評されたと回顧。だがこれに安村は

    続きはこちら
    https://www.rbbtoday.com/article/2024/02/18/217117.html

    引用元: ・【芸能】とにかく明るい安村、フランスでは酷評「底辺の芸」

    【【悲報】とにかく明るい安村、フランスでは酷評「底辺の芸」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
    1: Ackerman ★ 2023/12/05(火) 11:12:30.02 ID:??? TID:NOcolor24
    トコジラミはフランスや韓国を中心に世界各国で広まっており、日本でも相談件数が上がっている。刺されると赤い発疹ができ、人によっては激しいかゆみに悩まされるため、適切な対策が必要だ。

    同社は1日に「アース製薬が教えるトコジラミ対策 ~旅行編~」と題したポストを投稿。旅行先でのトコジラミ対策を解説した。

    まず、持っていくものとして『サラテクト ミストタイプ』のような虫よけスプレーを挙げる。

    「エアゾールタイプは機内に持ち込みができません」とミストタイプの必要性を示して、「腕・足などお肌の露出部分には約15cmの距離からスプレーし、顔・首筋には手のひらにスプレーしてお肌にぬってください」と使い方を紹介した。

    続いて「旅行先に着いてやること」として「明かりをつける」「荷物や上着は一旦バスルームに置く」と説明。部屋をトコジラミが苦手な明るい場所にして、トコジラミが潜んでいる可能性があるクローゼットやバッゲージスペースは一旦避けたほうがいいとのこと。

    さらに、「ベッド周りや部屋に茶~黒いシミがないか、虫がいないかチェックする」と伝える。

    チェックする場所は「ベッドのスカート部分」「マットレスの継ぎ目」「バッゲージスペースやクローゼットの上部角」など7項目を記した。

    チェックで注目するポイントは「トコジラミ(茶色いのが大人、白色が子供)がいないか」「茶~黒いシミ(血糞:吸血した血が糞になって出た痕)」の2点。

    「もし、虫やシミを見つけたら… 荷物を持ってフロントに行き部屋を変えてもらうよう相談してみましょう」と推奨した。

    旅行先の部屋に着いたらすべきを説明すると、「トコジラミは、ダニやシラミではありません」ともつづる。トコジラミはカメムシの仲間であるため「ダニとりシートやダニよけスプレーでは防げません」と明かした。

    就寝時については「寝る前には身体(とくに肌が露出している場所)にはむらなくサラテクトを塗る」ことを勧める。「手足など露出した部分は狙われやすい」「塗ムラがあると塗れていない部分が刺される」といった2点を意識して塗るといいそう。

    さらに、「明かりをつけて寝るとより被害に遭いにくい」ため「就寝時に電気をつけっぱなしにして、アイマスクをして寝ると刺されにくいのでおすすめです」と伝えた。

    帰宅後にも荷物や衣類のチェックが必要で

    詳しくはこちら
    https://sirabee.com/2023/12/03/20163207262/

    引用元: ・【役に立つ!】トコジラミがついに日本に襲来…「ダニやシラミではありません」アース製薬が撃退法を徹底解説

    【【役に立つ!】トコジラミがついに日本に襲来…「ダニやシラミではありません」アース製薬が撃退法を徹底解説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    22995445_m
    ※写真はイメージ

    1: ジンギスカソ ★ 2023/11/24(金) 20:01:04.63 ID:??? TID:2929
    明治神宮の創建以来、100年以上守られてきた景色は、変わってしまうのだろうか。

    大規模な反対運動を引き起こし、物議を醸している東京・神宮外苑の再開発事業。仏紙「ル・モンド」の東京特派員、フィリップ・ポンスは、東京が数ある平凡な大都市の一つになりつつあると懸念する。

    近代史のなかで、東京は時代への大いなる適応力を発揮してきた。
    その一方、過去の遺産を消し去り尽くすことで、恐ろしく似たり寄ったりな、アジアの巨大諸都市の一つにならんとしている。
    そしてそのことは、多くの東京都民も認識している。

    神宮外苑地区の再開発計画に対して、反対運動が起こっている。
    明治神宮外苑の並木通りには、道路の両側にそれぞれ二列ずつ、300mにわたって樹齢100年を超えるイチョウが立ち並んでいる。

    再開発が進められれば、この並木にも影響が及び、神宮外苑の樹木約1000本が切り倒されることになる。

    つづきはこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/493f02d8d32ef2e916e2cd7d047b058c3fbc0b6c

    引用元: ・【神宮外苑の再開発】仏紙「東京は恐ろしく似たり寄ったりな、アジアの巨大諸都市の一つにならんとしている」

    【仏紙「東京は恐ろしく似たり寄ったりな、アジアの巨大諸都市の一つにならんとしている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    bug_tokojirami_shirami

    1: 茶瓶 ★ 2023/09/30(土) 20:10:23.15 ID:??? TID:OCHA
    【AFP=時事】フランス政府は29日、トコジラミ(ナンキンムシ)が公共交通機関や映画館、病院などで大量発生している事態を受け、駆除対策に乗り出した。
    クレマン・ボーヌ(Clement Beaune)交通担当相は、公共交通機関の代表を来週招集し、対策と利用者保護の方法を通達するとしている。
     
    トコジラミはフランスでは1950年代までにほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数十年は、人口密度の上昇と大量輸送機関での移動の機会が増えたことなどで再び増加している。
    トコジラミの問題が生じた世帯はここ数年、全体の10分の1に上っているとみられる。通常、駆除には数百ユーロかかり、多くの場合、何度も行う必要がある。トコジラミは、マットレスに卵を産み付け、生息する習性があることから名付けられたが、衣服や荷物の中にも入り込み、夜になると出てきて人の血を吸う。
    仏衛生当局は、旅行の際はホテルのベッドを点検し、中古の家具やマットレスを自宅で使用する時は注意するよう呼び掛けている。また、自宅で発見した場合は、直ちに影響を受けた部屋の駆除作業を行わなければならないとしている。

    (続きは以下URLから)
    https://news.livedoor.com/article/detail/25083704/

    引用元: ・【国際】仏でトコジラミ大量発生、政府が駆除対策へ

    【【国際】フランスでトコジラミ大量発生、政府が駆除対策へ】の続きを読む

    このページのトップヘ