3647146_m
※写真はイメージ

1: ボレロ ★ 2023/12/31(日) 16:01:09.89 ID:??? TID:bolero
 3年前、奈良県御所市で人助けのために公道の走行ができない重機を運転した男性が、運転免許の取り消し処分となりました。男性は納得できないとして、処分の取り消しを求めて提訴。その後、1審、2審ともに訴えは退けられ、男性は判決を不服として最高裁に上告しました。“人助け”をしたら免許取り消しに…、これまでの裁判や男性の思いに迫ります。

 (原告 高田浩一さん)「近隣の86歳の老人が、うちの方に『助けて』という形で来られました。稲刈り途中に、コンバインのキャタピラー(無限軌道)が切れて動かないようになったと」

 故障したコンバインをショベルカーで引き上げてほしいと頼まれたのです。

 (原告 高田浩一さん)「わらにもすがる思いでうちに来られたと思いますんで、やっぱりお互いさまやし、『すぐ行きます』という言葉が出ましたからね。道から田んぼの中に入りまして、
(略)

走行速度は時速2kmほど。幅2.5mにも満たない狭い道を巧みに走行したといいます。

 しかし、髙田さんが大型特殊自動車の運転免許を持っていなかったため、奈良県公安委員会は2年間の運転免許取り消し処分としました。

続きはこちら
https://news.yahoo.co.jp/articles/c5e3283a9366e17260ee549b7ab97f3b0f6229e0

引用元: ・【人助けしたのに…】パワーショベルで公道走行したら運転免許取り消し「誰よりも免許を大切にしてきた」男性に一体なぜ?

【【人助けしたのに…】パワーショベルで公道走行したら運転免許取り消し「誰よりも免許を大切にしてきた」男性に一体なぜ?】の続きを読む