hiv_kensa_woman_ribbon

1: すりみ ★ 2023/05/29(月) 20:31:23.13 ID:iHiwi5/n9
エイズ発症後にHIVに感染したことが判明する「いきなりエイズ」の患者の割合が、沖縄県内で2022年に52.6%となり、2002年以来20年ぶりに50%台を超えた。

県によると、全国平均は約30%で、沖縄は突出して高い。人口10万人あたりのエイズ患者報告数も全国で最も多く、感染が拡大している。

県は「私は大丈夫?それ本当?受けようHIV検査」を掲げ、6月から各保健所のHIV即日検査を夜間・休日にも拡充していく。

(デジタル編集部・篠原知恵)

《後略》

全文はソース元でご覧ください
「いきなりエイズ」発症50%超え 沖縄で20年ぶり 「HIV感染でも治療で防げる」県は検査呼び掛け
沖縄タイムスプラス|2023年5月29日 17:09
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/1160464

※関連ソース
⬜︎沖縄県|エイズ・性感染症関連情報
https://www.pref.okinawa.jp/site/hoken/vaccine/yobou/hivaids.html

引用元: ・【受けようHIV検査】「いきなりエイズ」発症50%超え 沖縄で20年ぶり 「HIV感染でも治療で防げる」県は検査呼び掛け [すりみ★]

【【受けようHIV検査】「いきなりエイズ」発症50%超え 沖縄で20年ぶり…県は検査呼び掛け】の続きを読む