タイトルなし

1: 鮎川 ★ 2024/01/25(木) 11:58:22.74 ID:??? TID:ayukawa
米電気自動車(EV)メーカー、テスラの日本でのプレゼンスは、世間で言われる通り大きくない。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、世界3位の自動車市場である日本での販売が少ないことにいら立ちを感じているようだ。

テスラの昨年10-12月(第4四半期)決算発表に伴う24日のオンライン会見で、マスク氏は「日本のように市場シェアが著しく低い一部の地域が存在する。メルセデスやBMWといった日本以外の自動車メーカーと釣り合う市場シェアを少なくとも確保すべきだ」と語った。

日本の友人から聞いた話として、「認知度の低さ」を理由に挙げた。マスク氏は、米国以外で日本が最大市場になるとかつて予想していた。

ハイブリッド車が普及する日本ではEVの存在感はこれまで限定的な水準にとどまってきたが、

続きはこちら
https://news.yahoo.co.jp/articles/8ca7c0e3f61b3e6785a5af10202e38670cfb58ab

引用元: ・【自動車】マスク氏、テスラの日本でのシェアにいら立ち「メルセデスやBMWと釣り合う市場シェアを確保すべきだ」

【【自動車】マスク氏、テスラの日本でのシェアにいら立ち「メルセデスやBMWと釣り合う市場シェアを確保すべきだ」】の続きを読む