IMG_5547
1: 影のたけし軍団 ★ 2023/11/05(日) 12:03:09.45 ID:??? TID:gundan
オンタリオがん研究所(OICR)の科学者らは、喫煙ががんを引き起こし、体の抗がん予防手段を弱体化させることで治療を困難にする一因を明らかにした。

Science Advancesに本日掲載された彼らの新しい研究は、喫煙と、特定のタンパク質が完全に形成される前にその生成を停止するよう体に指示する「ストップゲイン変異」と呼ばれる DNA の有害な変化と喫煙を関連づけている。

彼らは、これらのストップゲイン変異が、通常は異常な細胞の増殖を防ぐタンパク質を作る「腫瘍抑制因子」として知られる遺伝子に特に蔓延していることを発見した。

「これは、喫煙が私たちの体に与える甚大なダメージのさらなる証拠であり、喫煙をやめることが常に正しい選択であることのさらなる証拠です」とラドヴァニー氏は言う。

https://www.news-medical.net/news/20231103/Tobacco-smoking-undermines-anti-cancer-safeguards-by-causing-harmful-DNA-mutations.aspx

2023年11月3日
研究によると、喫煙はがんと戦うタンパク質を「停止」させ、がんを引き起こし、治療を困難にする
https://oicr.on.ca/study-shows-that-smoking-stops-cancer-fighting-proteins-causing-cancer-and-making-it-harder-to-treat/

引用元: ・【オンタリオがん研究所】喫煙はがんと戦うタンパク質を「停止」させ、がんを引き起こし、治療を困難にする

【【オンタリオがん研究所】喫煙はがんと戦うタンパク質を「停止」させ、がんを引き起こし、治療を困難にする】の続きを読む