相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    社会問題

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ba60f36942d2a8beae8d2f5b3fc25d1c_t

    1: ちょる ★ 2024/04/12(金) 11:19:33.48 ID:??? TID:choru
    子どもがお菓子を食べたくて店内で開封してしまうことは、子育て世帯にとってよくあることかもしれません。そのようなことがあった場合、必ず買い取りが必要なのでしょうか?

    原則として、商品を買い取る義務というよりも、店に対して商品代金相当額の損害賠償責任を負う義務があります。

    民法第709条によると「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う」とされています。開封した商品は売り物として店頭に出せなくなるため、店が商品の代金分の損害を被ったといえます。

    そのため、子どもがお菓子の袋を開封してしまった場合は、損害を与えた商品の代金相当額を店に賠償する必要があります。その上で店側は商品を破棄する、もしくは損害を与えた相手に渡すかを選択することになります。商品がまだ食べられる状態の場合は相手に渡すことも多いでしょう。つまり実質的に商品を買い取る形になります。


    詳しくはこちら
    https://financial-field.com/living/entry-285070

    引用元: ・【相談】子どもがコンビニで「うまい棒」を開封して「買い取り」を求められました。1本12円で、小さな子どもがしたことです。どうしても「弁償」しなければいけないのでしょうか…?

    【【相談】子どもがコンビニで「うまい棒」を開封して「買い取り」を求められました。1本12円で、小さな子どもがしたことです。どうしても「弁償」しなければいけないのでしょうか…?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばぐっち ★ 2024/04/09(火) 21:26:33.58 ID:??? TID:BUGTA
    戸籍上は男性でも性自認が女性であるトランスジェンダーの生徒について、首都圏・近畿地方の私立女子中学・高校のうち、少なくとも14校が受験や入学を認めることについて検討していることが、2月10日の産経新聞が行なったアンケートでわかった。

    「検討中」としたのは、女子学院中学校・高校(東京)や神戸女学院中学部・高等学部(兵庫)、奈良文化高校(奈良)などだという。

    近年、世界的に多様性が重要視されるようになり、LGBTQなど性的マイノリティに対する差別をなくすための取り組みも進み、日本でもそうした意識が強くなってきている。

    しかし、今回の女子中高におけるトランスジェンダー受け入れについては、批判の声や不安視する声も多いのが現状だ。

    ネット上では「未成熟な生徒への影響が大きい。受け入れは慎重にすべき」との意見や、「セ○クス(生物学的性)とジェンダー(社会的・文化的性)を混ぜないでほしい。女子校は女子の尊厳を守るために必要だし、男が入る場所じゃない」という意見も。

    また、「なりすまし」も問題視されている。2022年には大阪府のスーパー銭湯の女湯に侵入して書類送検された当時48歳の男性が、当初は自身がトランスジェンダーだと偽っていたという事件があり、こうしたニュースから女子校にもそういった不安が広がっているのである。

    ――トランスジェンダー受け入れ問題についてどう向き合っていくべきなのか。今回は性科学やジェンダー問題について詳しい大阪公立大学教授の東優子氏に聞いた。

    「まず大前提として、女子校といった教育現場において、なりすまし問題の可能性は限りなくゼロに近いので、論点のひとつになっていること自体がおかしいと感じます。

    引用元: ・【社会】識者「女子校に、なりすましトランス女子が入学することは有り得ない」「女子トイレも使わせるべき」

    【【ジェンダー】識者「女子校に、なりすましトランス女子が入学することは有り得ない」「女子トイレも使わせるべき」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    binbou_family

    1: 夢みた土鍋 ★ 2024/04/10(水) 21:14:05.20 ID:??? TID:dreampot
    恐ろしいほどの経済格差が深刻化している日本社会。だからこその「中間層の拡大」が求められているといえるでしょうか。

    では、現在日本の中間とはどこか。

    厚生労働省『国民生活基礎調査』(2022年)より、平均所得について見てみると、1世帯あたり平均所得金額は、「全世帯」が545万7,000円。「高齢者世帯」が318万3,000円、「高齢者世帯以外の世帯」が665万円、「児童のいる世帯」が785万円となっています。

    やはり気になるのは分布図。同調査によると、「200万~300万円未満」が14.6%、「100万~200万円未満」が13.0%、「300万~400万円未満」が12.7%と、所得300万円未満の世帯が最も多くなっています。中央値は423万円。平均所得金額(545万7,000円)以下の割合は61.6%と過半数を超えています。

    一方、23年12月末時点の家計の金融資産が過去最高の2,141兆円になったことも報告されています(日本銀行)。

    経済を活性化させるためには消費の増加が必要不可欠。しかしそんなお金なんてない、貯蓄に回すほかない日本人。国そのものの「貧困」は負のスパイラルをもたらし、私たちの生活を苦しめ続けています。

    詳しくはこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/241bb72092de716e079809fbbfd68f614a9025f1

    引用元: ・【経済】貧困急増…平均所得「200万~300万円未満が最多」「主要先進7ヵ国ダントツの最下位」日本のキツすぎるリアル

    【【経済】貧困急増…平均所得「200万~300万円未満が最多」「主要先進7ヵ国ダントツの最下位」日本のキツすぎるリアル】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    denryoku_solar_panels

    1: ボレロ ★ 2024/04/04(木) 10:02:22.52 ID:??? TID:bolero
     世界有数のカルデラが生み出した特徴的な眺望で知られ、「阿蘇くじゅう国立公園」も広がる熊本県の阿蘇地域一帯に、大規模な太陽光発電所が次々に出現している。全国の国立公園でも急増しており、環境省は開発に一定の歯止めをかけなければ景観に悪影響を及ぼす恐れがあると判断。同公園については今年度中に区域を拡張するとともに、規制も強化したい考えだ。(帆足英夫、矢野恵祐)


     山都町の土地はかつて、住民でつくる冬野牧野組合の組合員26人が共同所有する牛の放牧地だった。元組合長の森田勝さん(70)は「維持に必要な野焼きを10年ほど前にやめたことで草原が荒れ果て、売る道しか残されていなかった」と振り返る。高齢化や後継者不足に悩んでいた同組合による売却話には、10を超える太陽光発電事業者から問い合わせがあったという。

     草をはむ牛の姿は失われ、地元では「異様な光景で、『阿蘇』のイメージを損なっているのではないかと心配だ」という声も漏れる。だが、森田さんは「皆で話し合ったことで後悔はしていない。『草原を守れ』というのであれば、維持管理の責任を組合だけに負わせる仕組みを変えるべきだ」と訴える。

     同社は環境保全策として、

    続きはこちら
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20240403-OYT1T50042/

    引用元: ・【熊本】阿蘇の景観覆うパネル、メガソーラー続々…環境省が規制強化へ

    【【熊本】阿蘇の景観覆うパネル、メガソーラー続々…環境省が規制強化へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    aタイトルなし
    タイトルなし

    1: ちょる ★ 2024/04/02(火) 08:05:34.21 ID:??? TID:choru
    静岡県庁で1日、新規採用職員向けの訓示が行われ、川勝知事は「県庁はシンクタンク(政策研究機関)だ。毎日毎日、野菜を売ったり、牛の世話をしたり、モノを作ったりとかと違い、基本的に皆さま方は頭脳、知性の高い方たち。それを磨く必要がある」などと述べた。特定の職業を比較するような発言で、再び物議を醸しそうだ。

    知事は「うそ偽りを言わないことが大切。言葉遣いが大切です」「情理を尽くして自分が正しいと思う信念を貫くためには、勉強をしないといけない」などと心構えを述べた後、一連の発言をした。

    続きはこちら
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20240401-OYT1T50207/

    引用元: ・【静岡】川勝知事、県庁職員は「知性の高い方たち」…採用職員に訓示「野菜売ったり牛の世話したりモノを作ったりとかと違う」

    【【静岡】川勝知事、県庁職員は「知性の高い方たち」…採用職員に訓示「野菜売ったり牛の世話したりモノを作ったりとかと違う」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    0eb3d973cb3c931da1ec2fa91a121e70_t

    1: レノン ★ 2024/03/31(日) 09:35:12.22 ID:??? TID:lennon
    ◼️フランスではいじめた人は罰せられる

    あるタレントさんが自死したというニュースを見た。自殺の理由として考えられることのひとつとして、「誹謗中傷」が挙げられていた。この国では、誰かが叩かれていると、まるで叩かれている人が悪いかのように扱われる。「叩かれている人」にばかりスポットライトが当てられる。

    だけど、「叩いている人」にスポットライトを当ててみてほしい。ほぼ全ての場合、ロクでもない。名前も顔も出してないのなんて当たり前。言葉遣いも、タメ口なんて当たり前で、「し〇」みたいなことも平気で言う。

    また、リアルな世界でなら、
    (抜粋)

    (続きは以下URLから)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8029c180b6bfb8e4a8283c5b009b7bfd4b7f008c

    引用元: ・【いじめ問題】「いじめられる側にも問題がある」にモノ申す! フランスと日本における“いじめ対策”の決定的な差

    【【いじめ問題】「いじめられる側にも問題がある」にモノ申す! フランスと日本における“いじめ対策”の決定的な差】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    5a848452f0ccbba8b5af4b0b2470a821_t

    1: コバーン ★ 2024/03/27(水) 19:25:48.31 ID:??? TID:cobain
    ■障害の「個人モデル」と「社会モデル」の違い

    映画館のプレミアムシートや無人駅といった健常者が普通に利用できる施設を、障害者も普通に利用できるようにするべきだという要求が障害者のワガママにみえてしまうのはなぜか。それは、そうした人々にとって障害者とは、健常者に負担をかける存在であり、健常者が障害者を助けるのは健常者の「善意」に基づいていると考えられているからだろう。従って障害者は謙虚であるべきであり、常に感謝を忘れてはならない。健常者が障害者対応は不可能だと述べたときは大人しく従うべきだ、ということになる。

    このような思考の前提となる、
    (抜粋)

    (続きは以下URLから)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fdad68bcc8098c7d3832624bdbbb00f879743e30

    引用元: ・【車椅子】日本で車椅子利用者バッシングや悪質クレーマー呼ばわりがなくならない理由

    【【車椅子】日本で車椅子利用者バッシングや悪質クレーマー呼ばわりがなくならない理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    031d6b8e48e23052abc538270d5fa848_t

    1: ちょる ★ 2024/03/28(木) 17:26:47.23 ID:??? TID:choru
    この問題は、埼玉県川口市などに住む少数民族のクルド人や支援団体への差別的な言動、いわゆる「ヘイトスピーチ」が相次いでいるものです。

    きょう午後、埼玉県の大野知事は定例の記者会見で、「クルド人に限らず、ヘイトスピーチは地域社会から徹底して排除されなければならない」と話しました。

    大野元裕 埼玉県知事
    「県民の皆様についても、1人1人がヘイトスピーチを許さないという思いを持って、日本人と外国人がともに地域を支える共生社会の構築を目指していきたい」
    「外国ではヘイトスピーチや人種差別は極めて重い形で受け取められている」とした上で、「日本だけがそうした形から外れて、ある意味遅れていると見られるのは心外である」と述べました。

    埼玉県は「人権が尊重される社会を目指す運動を展開し、日本人・外国人を問わず、

    引用元: ・【移民問題】埼玉県知事「ヘイトスピーチは徹底して排除されなければならない」クルド人や支援団体への「ヘイトスピーチ」問題に言及

    【【移民問題】埼玉県知事「ヘイトスピーチは徹底して排除されなければならない」クルド人や支援団体への「ヘイトスピーチ」問題に言及】の続きを読む

    このページのトップヘ