相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    IT

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    image0

    image1

    1: ジンギスカソ ★ 2024/04/16(火) 14:30:51.22 ID:??? TID:2929
    通信アプリLINE(ライン)の個人情報流出問題を巡り、松本剛明総務相は16日の閣議後の記者会見で、運営元のLINEヤフーに対し、2度目の行政指導を行うと発表した。LINEヤフーが1日に提出した再発防止策が不十分と判断した。

    つづき
    https://news.yahoo.co.jp/articles/166e4a1564e984b35967fca6d721e79e24a6f163

    引用元: ・【行政指導】情報流出のLINEヤフーに指導 2度目、再発防止策不十分と判断

    【【韓国IT大手のネイバーとの資本関係】情報流出のLINEヤフーに行政指導 2度目、再発防止策不十分と判断】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    maxresdefault

    1: Ackerman ★ 2023/11/28(火) 11:54:06.14 ID:??? TID:NOcolor24
    河野太郎デジタル相は28日の記者会見で、2026年にも新しい様式のマイナンバーカードを導入するのに合わせて名称の変更に関する意見を公募すると発表した。デジタル庁で新様式の検討状況をまとめた中間取りまとめの骨子への意見も募る。性別の記載をなくし、暗号技術を強化することを盛り込んだ。

    河野氏は名称変更について「マイナンバーとマイナンバーカードの区別が難しいということがあるため、

    続きはこちら
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA2821F0Y3A121C2000000/

    引用元: ・【デジタル庁】マイナンバーカード、新名称を公募 26年にも仕様を変更

    【【デジタル庁】マイナンバーカード、新名称を公募 26年にも仕様を変更】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
    1: 鮎川 ★ 2024/03/05(火) 17:11:15.64 ID:??? TID:ayukawa
    国内で初めて、AIロボットが食事を配達するデリバリーサービスが、あしたから地域限定で始まります。

    記者
    「歩道を走っているこのロボットですが、注文された食事を受け取りに飲食店に向かっています」

    Uber Eatsがあしたから始めるのは、国内初の自律走行型のロボットを使ったフードデリバリーです。通常通りアプリで商品を注文すると、ロボットが出発し、飲食店に向かいます。

    配達の様子をカメラが追いかけると、さっそく目の前に赤信号の横断歩道が…

    続きはこちら
    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/1036534?display=1

    引用元: ・【国内初】Uber Eatsがあすから自律走行型ロボットを使ったフードデリバリー 東京の日本橋周辺で開始 順次サービス範囲を広げていく予定

    【【国内初】Uber Eatsが自律走行型ロボットを使ったフードデリバリー 東京の日本橋周辺で開始 順次サービス範囲を広げていく予定】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ai_shigoto_makaseru

    1: ボレロ ★ 2024/02/19(月) 10:50:21.20 ID:??? TID:bolero
    プログラマーやクリエイターといった職種は、いわばホワイトカラーです。生成AIの影響が強いのは、このホワイトカラーです。

    ホワイトカラーの対義語となるのはブルーカラーですが、こちらはいわゆる肉体労働者で、製造業や建設業、農業、漁業、林業といった生産現場で現場作業に直接従事する労働者を指しています。

    このブルーカラーの労働者は、機械やロボットなどの導入によって雇用状況が変わってきますが、生成AIの発展にはあまり影響されません。

    問題は、ホワイトカラーです。現代のホワイトカラーが担っている仕事の25~30パーセントの業務が、AIによって代替される可能性が高いからです。ゴールドマン・サックスのレポートでも、オフィス事務職の46パーセントが生成AIに影響を受けると報告されていますから、ホワイトカラーの多くの仕事が生成AIに取って代わられる可能性が高いのです。

    それも人間より早く、より深い位置にまで到達します。作業速度という側面から見れば、人間などまったく太刀打ちできません。

    詳しくはこちら
    https://news.livedoor.com/article/detail/25900746/

    引用元: ・【ホワイトカラー終了】チャットGPT登場でプログラマーが大量失業の恐れ 米ペンシルバニア大研究

    【【ホワイトカラー終了】チャットGPT登場でプログラマーが大量失業の恐れ 米ペンシルバニア大研究】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    IMG_6358
    1: ボレロ ★ 2024/02/01(木) 17:11:51.60 ID:??? TID:bolero
    岸田総理は、マイナンバーカードの取得義務化について、「最高位の身分証として、厳格な本人確認のもとで交付する必要があり、カードに顔写真を表示するとともに対面での厳格な本人確認をするため、本人の申請によることとしていることから現段階では難しい」と答弁しました。

    衆議院本会議で日本維新の会の馬場伸幸代表の質問に答えました。

    今年12月で現在の健康保険証は廃止され、

    続きはこちら
    https://news.livedoor.com/article/detail/25803384/

    引用元: ・【政治】マイナカードの取得完全義務化 岸田総理「現段階では難しい」

    【【政治】マイナカードの取得完全義務化 岸田総理「現段階では難しい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    f0c87e822adb7ccd94f373cbbf976f21_t

    1: ちょる ★ 2024/01/26(金) 10:34:12.35 ID:??? TID:choru
    ETCの愛称「イーテック」は一般公募で決まった愛称だった!
     有料道路で料金所をスムーズに通過するのに役立つETCですが、実は過去に「イーテック」という愛称が決まっていました。

     では、なぜいまは「イーティーシー」と呼ばれ、この「イーテック」という愛称は普及しなかったのでしょうか。

     当時はSAやPAにイーテックを周知するポスターが貼られていたほか通行料金の割引関係書類に「イーテックと呼んでください」と記載されているなど、国土交通省をはじめ高速道路各社が愛称の浸透を図っていました。

     では、このように積極的に周知していたにもかかわらず、なぜイーテックは普及しなかったのでしょうか。

     ハッキリとした理由は分かっていませんが、過去に国土交通省と関係者が中心となって開催した議会では、「ETCという言葉の表示を変えないままイーテックと読むよう周知した結果、利用者に浸透しなかった」と言及しています。

     さらに愛称が普及しなかった理由として、
    詳しくはこちら
    https://news.livedoor.com/article/detail/25766276/

    引用元: ・【自動車】ETCの読み方は「イーティーシー」ではなく「イーテック」だった!

    【【自動車】ETCの読み方は「イーティーシー」ではなく「イーテック」だった!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    l_ts0153_aomi02

    1: 夢みた土鍋 ★ 2024/01/10(水) 11:16:19.18 ID:??? TID:dreampot
     企業や官公庁向けのVR、メタバース事業を手掛けるアオミネクスト(横浜市港北区)は1月9日、学校法人青叡舎学院の勇志国際高等学校に向け、アバターで通える通信制高校のシステムを構築したと発表した。勇志国際高等学校は「メタバース生」の募集を始めている。

     メタバース生には全員に無償でVR機器を貸与。生徒は自分好みのアバターを選び、その姿でVR空間の学校に通える。学校教育法一条に定める学校が提供するコースのため、カリキュラムを終えれば高校の卒業資格を得られる。

     VRプラットフォームは、自治体やインフラ企業での活用実績がある「Planeta」を採用。オンラインホームルームを始め、文化祭やeスポーツ大会などVR空間を積極的に活用する学校行事を用意することで、友達と出会いやすい環境を整備したという。

     アオミネクストは企画とシステム構築を担当。今後も継続して運用をサポートする。同社は

    続きはこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1f03077a12a518b92e93dad98d23505108f39836

    引用元: ・【教育】アバターで通える通信制高校が登場 文化祭もスポーツ大会もVRで

    【【教育】アバターで通える通信制高校が登場 文化祭もスポーツ大会もVRで】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    b04a81d025cf5caf2ecfad1270977609_t

    1: ばぐっち ★ 2024/01/08(月) 11:16:39.93 ID:??? TID:BUGTA
     性行為をおこなう際、お互いの同意があったことを証明できる「キロク」というWEBサービスが登場した。弁護士が監修したというこちらのサービス、性行為の同意書がデジタル作成できる画期的な試みだが、果たして世の中に浸透するのだろうか?

     キロクが注目された背景として、2023年7月に施行された性犯罪の刑法改正が挙げられる。

     今回の刑法改正によって、「同意しない意思の形成、表明、全う」することが困難な状態でおこなわれた性行為は「不同意性交等罪」が成立する可能性がある。

     性犯罪が起こった場合、双方に同意があったかどうかを立証することは今まで難しかった。しかし「キロク」でのデジタル同意書があれば証拠のひとつとして認められる可能性もある。

     延期後の再リリース時に、48時間以内であれば同意の取り消し機能を追加した「キロク」。これによって、「取り消し機能を逆手に取った冤罪被害が増えるのでは」という懸念も出ている。

     たとえば相手に悪意があった場合、性行為後に取り消し機能を使われて訴えられたらどうなるのか。美人局(つつもたせ)による冤罪被害の温床になる危険性も考えられる。

     また「性同意の履歴が漏洩したら困る」という声も出ている。万が一、情報漏洩が起こった時のことを考え、不安を感じる人もいるのではないか。

     ネット上でも反応は賛否両論だ。

    引用元: ・【社会】セッ◯ス同意アプリ、女性が同意しても2日以内に取り消せる便利機能追加

    【【不同意性交等罪】性同意アプリ、女性が同意しても2日以内に取り消せる便利機能追加】の続きを読む

    このページのトップヘ