相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    特撮

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_5935
    1: コバーン ★ 2023/12/23(土) 09:29:49.22 ID:??? TID:cobain
    テレビ朝日などは2024年3月から放送されるスーパー戦隊シリーズの新作「爆上(バクアゲ)戦隊ブンブンジャー」のビジュアルを12月22日に発表しました。自動車をテーマにした作品ですが、自動車業界の不祥事が相次ぐタイミングでの発表とあって、SNS上では「よりによって車がテーマかあ」などの声も上がっています。

    キャラは「車の部品」がモチーフ

    テレビ朝日宣伝部の公式X(Twitter)は「2024年のスーパー戦隊シリーズ最新作は【クルマ】×【つくる】がモチーフのスーパー戦隊 自分も時代も“バクアゲる”

    (続きは以下URLから)
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2312/22/news157.html

    引用元: ・【戦隊シリーズ】「あまりに不運」「よりによって……」 発表された「スーパー戦隊」新作、“まさかの設定”が話題

    【【戦隊シリーズ】自動車モチーフ「あまりに不運」「よりによって……」発表された『スーパー戦隊』新作、“まさかの設定”が話題】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
    FullSizeRender
    1: ギャラガー ★ 2023/12/08(金) 18:45:11.76 ID:??? TID:gallagher
    『ゴジラvsコング』の続編となる映画『Godzilla x Kong: The New Empire(原題)』の予告編が今週公開された。映像にはゴジラが洞窟の中を全力で駆け抜けるシーンも含まれていたが、これをめぐり、ファンのあいだでは意見の対立が起こっている。

    高層ビルのように巨大な猿と怪獣が登場する映画においては、本質的に、観客はいま見ている光景を作り物だと考えないようにすることが必要となる。しかしながら、ファンタジーをどの程度まで受け入れられるかにはやはり個人差があるらしい。今回の予告編は、

    (続きは以下URLから)
    https://jp.ign.com/godzilla-x-kong-the-new-empire/72257/news/vs

    引用元: ・【映画】『ゴジラvsコング』続編の予告映像で見られた「ゴジラ全力疾走シーン」に賛否の声が噴出 海外ファンの間で議論の的に

    【【映画】『ゴジラvsコング』続編の予告映像で見られた「ゴジラ全力疾走シーン」に賛否の声が噴出 海外ファンの間で議論の的に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    640

    1: テイラー ★ 2023/11/06(月) 14:34:11.94 ID:??? TID:taylor
    ゴジラ生誕70周年記念作品となる最新作「ゴジラ-1.0」(読み:ゴジラマイナスワン)が、公開3日間で観客動員数64万人、興行収入10.4億円を突破したことがわかった。

    日本で製作された実写版ゴジラの30作目にあたる本作では、焦土と化した戦後日本を舞台に、突如姿を現したゴジラが、すべてを失った人々を負(マイナス)に叩き落す。主演が神木隆之介が務め、浜辺美波、山田裕貴、青木崇高、吉岡秀隆、安藤サクラ、佐々木蔵之介らが共演。監督・脚本・VFXは、山崎貴が担当している。

    (続きは以下URLから)
    https://eiga.com/news/20231106/10/

    引用元: ・【映画】「ゴジラ-1.0」公開3日間で興行収入10億円突破! 「シン・ゴジラ」超えの大ヒットスタート&北米版予告も公開

    【【映画】「ゴジラ-1.0」公開3日間で興行収入10億円突破! 「シン・ゴジラ」超えの大ヒットスタート】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: それでも動く名無し 2023/01/23(月) 07:44:33.82 ID:tQX0du1J0
    史上初の女レッドや
    素晴らしい判断
    遅れてる日本も見習うべき

    no title

    no title

    引用元: ・【画像】スーパー戦隊のアメリカ版「パワーレンジャー」、とうとうやってしまう

    【【特撮】スーパー戦隊のアメリカ版「パワーレンジャー」、とうとうやってしまう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 眉トカゲ ★ 2023/07/12(水) 07:02:24.68 ID:??? TID:green3776
    2023年11月3日(金・祝)公開予定の劇場映画『ゴジラ-1.0(ゴジラマイナスワン)』の特報、およびティザービジュアルが本日7月12日(水)に公開された。

    ゴジラ生誕70周年記念作品として、『アルキメデスの大戦』『永遠のO』などで知られる山崎貴が監督・脚本・VFXを担当。国内ゴジラ実写作品としては2016年公開の庵野秀明監督作『シン・ゴジラ』以来7年ぶりの新作となる。

    (続きは以下URLから)
    https://www.phileweb.com/news/hobby/202307/12/6564.html

    no title

    引用元: ・【山崎貴】実写国産ゴジラ映画7年ぶりの新作『ゴジラ-1.0』特報公開。監督・脚本山崎貴

    【【山崎貴】実写国産ゴジラ映画7年ぶりの新作『ゴジラ-1.0』特報公開。監督・脚本山崎貴】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: muffin ★ 2023/05/05(金) 23:10:07.15 ID:kc+cnxhf9
    https://www.cinematoday.jp/news/N0136632
    2023年5月5日

    特撮ドラマ「仮面ライダー555(ファイズ)」(2003~2004)の20周年を記念した新作Vシネクスト『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』の製作が決定し、2024年に期間限定上映されることが、令和5年5月5日(555の日)に発表された。テレビシリーズ最終話から20年後を描く正統続編となり、主演の半田健人をはじめ、芳賀優里亜、村上幸平、唐橋充らオリジナルキャストが再集結。監督は田崎竜太、脚本は井上敏樹が担当する。
    (略)
    続編では、半田が乾巧、芳賀がヒロインの園田真理、村上が草加雅人、唐橋が海堂直也と当時のキャラクターを再演。(編集部・倉本拓弥)

    『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』特報
    no title


    引用元: ・【特撮】「仮面ライダー555」20周年で新作続編が製作決定 半田健人らキャスト再集結 特報公開 [muffin★]

    【【朗報】『仮面ライダー555』20周年で新作続編が製作決定 半田健人らキャスト再集結】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    pv1_s

    1: muffin ★ 2022/11/20(日) 14:58:03.15 ID:pCvtsFR69
    https://filmaga.filmarks.com/articles/166260/
    2022.11.18
    ※記事内にはネタバレが含まれます

    2022年特大の話題作、『シン・ウルトラマン』。記録的大ヒット作品『シン・ゴジラ』(2016)を手がけた庵野秀明氏と樋口真嗣氏による、極上のエンターテインメント作品だ。
    中略

    基本的に絶賛モードだった『シン・ゴジラ』と比べて、SNSの反応を見ると『シン・ウルトラマン』は賛否両論が入り乱れている様子。実は、筆者も少なからず本作に対しては否定的な意見を抱いている。という訳で、ここからは(かなり偏った)私見を述べさせていただきます。

    中略

    もう一つの所以は、ウルトラマンがヒーローとして活躍する場面が圧倒的に少ないことだ。

    全文はソースをご覧ください

    引用元: ・映画『シン・ウルトラマン』はなぜ賛否両論が渦巻くのか? [muffin★]

    【『シン・ウルトラマン』はなぜ賛否両論が渦巻くのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    image0
    image3
    image1

    1: ネギうどん ★ 2022/11/16(水) 11:22:02.97 ID:+eoRXqlO9
     10月28日からAmazon Prime Videoで配信されている『仮面ライダーBLACK SUN』(以下、『BLACK SUN』)が物議を醸している。

     本作では「怪人と人間が共存する日本」という架空の戦後日本史が全面に打ち出されており、人間に迫害されているマイノリティとしての怪人たちの姿を描くことで、「差別」という難しいテーマに正面から挑んでいる。

     監督は『凶悪』や『孤狼の血』シリーズといった暴力描写が話題の映画を多数手がけてきた白石和彌。

    作中の社会風刺に分かれる賛否
     一方、賛否が大きく割れているのが、作中に込められた社会風刺についてだ。

     仮面ライダーの中に現実に起きた内ゲバ事件を筆頭とする社会や政治に対する風刺を持ち込んだことこそが、『BLACK SUN』が物議を醸している最大の理由だろう。

     フィクションの中に現実の事件や社会風刺を持ち込むことは、アメリカや韓国の映画やドラマでは当たり前に行われていることだ。だから『BLACK SUN』のアプローチも当たり前のことだ。この程度の社会風刺が物議を醸してしまう状況を見ていると、これまで日本のフィクションがいかに現実の政治問題を切り離し、忘却してきたかが、露呈してしまったと感じる。

    続きはソースで
    https://biz-journal.jp/2022/11/post_326285.html

    引用元: ・【特撮】アマプラ配信の『仮面ライダーBLACK SUN』なぜ物議?高評価の裏で社会風刺に賛否 [ネギうどん★]

    【【アマプラ】『仮面ライダーBLACK SUN』なぜ物議?高評価の裏で社会風刺に賛否】の続きを読む

    このページのトップヘ