相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    風俗

    1: あずにゃん◆vq4yK0L4gQ 令和元年 05/04(土)12:15:56 ID:???
    PAK86_bardeno14181907_TP_V (1)

    ※勤務先の風俗店にやってくる男性客の妻から、慰謝料請求をされているーー。
    風俗で勤務している女性が、子育て情報サイト「ママスタ」の掲示板に、「シングル風俗勤務、客の嫁から慰謝料請求されてる」と題したスレッドを立てました。

    トラブルになった男性は、店に週4回ほど通っているそうです。昼に一緒にご飯を食べに行くこともありますが、その際金銭の支払いがあり、「私は割り切りで、不倫をしているつもりはない」と話しています。
    夫の風俗通いは「不貞行為」にあたるのでしょうか。


    2019年5月4日 9時34分 弁護士ドットコム
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16410149/

    引用元: ・風俗嬢が常連客の妻から慰謝料を請求される

    【【悲報】風俗嬢が常連客の妻から慰謝料を請求される】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=13,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2019/01/19(土)13:33:46 ID:???
    a21952df0d9f02b927f54ccf1bc3eba5_t
    ※写真はイメージ

    2019年01月16日 22時40分
    京都新聞

     京都市内の繁華街で声をかけた女性に高額な飲食をさせて借金を背負わせた上、
    性風俗店にあっせんしたとして、
    バー経営の男(24)や事件当時少年だった上京区の大学生(20)ら男4人を逮捕した。

     男らは四条河原町や京都駅前を拠点に女性に声をかけ、男が経営する祇園地区の会員制バーに女性を勧誘
    。わざと高額の飲食をさせた上、代金を支払えなくなった女性を性風俗店に紹介するスカウト活動を繰り広げていたという。
    大阪や京都、滋賀の39店舗に約260人をあっせんしていたという。

     逮捕容疑は共謀し、昨年1月23日と3月20日、京都市内の21歳と19歳の女性2人を大阪市のデリバリーヘルス
    (派遣型風俗店)に紹介し、雇い入れさせた疑い。

     男らのグループは、同志社大や京都産業大など京都市内の6大学の学生ら約20人で構成。(以下略)

    https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190116000156

    引用元: ・【社会】女性に高額飲食させ性風俗店に260人あっせん 男4人逮捕 (男らのグループは、同志社大や京都産業大など京都市内の6大学の学生ら約20人で構成。)[H31/1/19]

    【【胸糞】女性に高額飲食させ性風俗店に260人あっせん 大学生グループ男4人逮捕】の続きを読む

    1: 2018/07/12(木)11:00:39 ID:W36
    DSCF5898_TP_V

    「殴られると勘違いした」。福岡県警博多署は11日、暴行容疑で福岡市東区の派遣社員の男(39)を現行犯逮捕した。
    逮捕容疑は同日午前9時10分ごろ、福岡市博多区中洲1丁目のコンビニエンスストア前で風俗店の男性店員(32)の両腕や首をつかんだ疑い。

     署によると、男は直前に男性が勤務する風俗店に客として来店。
    応対した女性に「(ホームページで見た写真と)容姿が違う」と訴えるなどして店側ともめ、男性らから退店を命じられた。
    その後、近くのコンビニ付近にいたところ、両替のためにやって来た男性と鉢合わせになり、いきなり襲い掛かったという。

    引用元: ・ HP写真と容姿が違う」 風俗店でトラブル後 殴られると勘違し暴行、逮捕

    【「HP写真と容姿が違う」 風俗店でトラブル後 殴られると勘違し暴行逮捕】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/05/07(土)11:10:45 ID:???
    o0637035412837070409

    風俗で働く女性たちの中には、さまざまな困難を抱えている人もいる。特に低価格帯の激安店や熟女店では、貧困や借金による生活苦をはじめ、精神的な疾患や障がいを持つ女性も少なからず存在するため、憂慮するべきことは枚挙にいとまがない。こうした実情について、昨今は社会問題として認知も広がっているが、彼女たちを支援するためにどのような手立てが考えられるのか、具体的に語られることはこれまで少なかったように思われる。

    そこで今回は、風俗に従事する女性への社会的な支援を推進している、一般社団法人ホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾氏と、風俗の現場でのソーシャルワークの必要性を訴える木下大生氏の対談を実施。 風俗で働く女性が本当に必要とする支援について、福祉にできることは何かなどを語ってもらった。

    これまで風俗と福祉が繋がることはなかった

    ――坂爪さんは、デリバリーヘルスの事業者と連携して、店舗の待機部屋に弁護士や社会福祉士、臨床心理士を派遣して、女性たちに無料で生活・法律相談サービスを提供する事業=『風テラス』を運営されています。
    風俗で働く女性たちを支援する重要性について、どのように感じられていますか?

    坂爪真吾氏(以下、坂爪):風俗の世界の中でも、激安店や熟女店という領域は、
    いわゆる表世界のセーフティーネットからこぼれ落ちた方、あるいは生活保護などの支援制度を利用していても、障がいや病気などの理由で、それだけでは生活が立ち行かない方などがたくさん集まっている世界です。
    それは何十年も前からずっと変わらないことですが、そうした現場に福祉従事者が入ることはありませんでした。
    なので、今回の「風テラス」の実施によって、硬直的な福祉の現状に対して一石を投じることができたのではないかと考えています。

    木下大生氏(以下、木下):これはとても画期的な取り組みだと思います。
    構造的、役割的な問題でもあるのですが、ソーシャルワーカー(※というのは病院や役所、福祉機関などで、その機関や施設が準拠している法律の枠組みに収まる人を対象に支援することが多いです。
    支援が必要な人を、さまざまな機関に紹介することも役割のうちですが、
    一組織の人間である場合はその後どうなったかまでは追いかけられないことが多い。
    結果的に、どの支援にもつながらなかったという人たちが少なからずいると認識しています。
    なので、支援が必要にもかかわらず支援が行き届いていない人たちを、積極的に探し出して支援していくことが重要。
    風俗も探しにいくべき現場のひとつだと考えています。ちなみに、このような動きを「アウトリーチ」と呼んでいます。

    続き ウートピ
    http://wotopi.jp/archives/36321

    引用元: ・【社会】風俗で働く女性に、福祉は何ができるか? 「辞めさせる」だけではない支援のカタチ [H28/5/7]

    【風俗で働く女性に福祉は何ができるか? 「辞めさせる」だけではない支援のカタチ】の続きを読む

    このページのトップヘ

    Your SEO optimized title