相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    貧困

    binbou_man

    1: 名無しさん@おーぷん 19/06/19(水)22:04:34 ID:Tqu
    「10億じゃ生涯安心できない!」「税金で搾取されて終わり」「日本円は紙くずになる!」
    こいつら一生結婚せんやろ

    引用元: ・ツイカス「結婚しないのは若者の貧困のせい!」ワイ「ほい10億円」ツイカス「

    【「結婚しないのは若者の貧困のせい!」ワイ「ほい10億円」】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/04(火)06:46:28 ID:wXY

    9881fb94
    Hg9rkG6
    1471514492-0136-002
    お前ら「ファーwwwwwwwwwwwwwwクソブスやんけwwwwwwwwww」

    お前らさぁ…

    引用元: ・テレビ「女子高生が苦しい生活を強いられています」jk「キーボード買えません」

    【テレビ「女子高生が苦しい生活を強いられています」jk「キーボード買えません」】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/03/26(土)05:02:15 ID:???
    akachan_family-300x278

    2016年03月25日(金) 藤田孝典
    結婚・出産なんてゼイタクだ! 大人が知らない「貧困世代」のリアル日本を衰退させる大問題

    「結婚・出産なんてぜいたくだ」――。
    いつから若者たちはこんなに追い詰められてしまったのか。
    貧困問題を取材し、その結果を『貧困世代 社会の監獄に閉じ込められた若者たち』にまとめた藤田孝典氏の特別リポート。

    文/藤田孝典

    (略)

    絶望を感じる若者たち

    この事例に登場したのは何も、特殊で風変わりな若者たちではない。

    教育現場からの排除、奨学金返済や年金保険料支払いの重苦、雇用や労働現場の劣化、支える家族機能の縮小、
    住宅政策の不備、幾重にも重なる社会構造が若者を追いつめてきている現代日本で、
    頻繁に見受けられる事例である。実際に今も社会で生きている生身の人間である。

    以下略 全文 現代ビジネス 全4ページ
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48228

    引用元: ・【現代ビジネス】結婚・出産なんてゼイタクだ! 大人が知らない「貧困世代」のリアル [H28/3/26]

    【結婚・出産なんてゼイタクだ! 大人が知らない「貧困世代」のリアル(現代ビジネス)】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/03/06(日)18:51:48 ID:xDG
    hqdefault (1)

    子供の貧困対策に取り組む民間の活動を官民一体で支援する「子供の未来応援基金」の寄付金集めが難航している。
    これまで5カ月間で2000万円弱で、目標の「億単位」に遠く及ばない。期待していた経済界の反応が鈍いためだ。
    政府は広報活動費として2億円も計上しているだけに、野党から批判も出始めた。
    政府はようやく経団連の協力を取り付けたものの、各企業がどこまで応じるかは不透明だ。


    <保育園落ちたの私だ>ブログに共感、国会前で抗議集会
     「経団連などの企業にお願いし、非常に前向きに議論してもらっている」。加藤勝信1億総活躍担当相は
    4日の記者会見で、寄付金確保の見通しが立ったと強調した。
     基金は昨年10月、政府が呼びかけた「子供の未来応援国民運動」の一環として日本財団に設置された。貧困家庭の子供に食事を安く提供する「子ども食堂」など社会全体で子供を支えるNPO活動や、地域の子供の居場所づくり事業に助成するのが目的で、今年秋にも助成先を決める。

     だが、寄付は思うように集まっていない。2日の参院予算委員会で民主党の蓮舫氏は
    「1949万円を集めるのに税金2億円以上が広報に使われた。2億円を基金に入れれば良かった」と批判。
    加藤氏は「(2億円には)国民運動の啓発を含めている」と釈明に追われた。あまりの低調ぶりに、参院選前に実績作りを急ぐ首相官邸サイドからも叱責される始末だ。

     政府は経済界に強く期待しており、国民運動の発起人にも財界トップが名を連ねている。
    経団連側は当初は「政府が税金で取り組むべき問題だ」と寄付には消極的だったが、働きかけを受けて2月になって協力を決定。政府は、アベノミクスの恩恵を受ける企業の余剰金や新年度予算に狙いを定め、億単位の資金確保を目指している。

     政府内には「新年度には目標の億単位を達成できる」(内閣府幹部)との期待感もあるが、
    各企業が余剰金をすんなり寄付に回してくれる保証はなく、事業の成否は見通せていない。
    hqdefault

    http://mainichi.jp/articles/20160306/k00/00e/040/109000c

    引用元: ・子ども貧困対策、寄付金集め難航「2億円かけ集まったのは2000千万」

    【子ども貧困対策、寄付金集め難航「2億円かけ集まったのは2千万」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    Your SEO optimized title