相互RSS募集しています。「管理者へのメッセージ」から「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。   ご意見ご要望もお待ちしております。

    著作権

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/19(金)07:34:41 ID:9YY
    式辞に歌詞引用、著作権料を
    京大HP掲載でJASRAC
    20170519-00000001-kyt-000-2-view

     昨年ノーベル文学賞を受賞した米歌手ボブ・ディランさんの歌の一節を、
    京都大の山極寿一総長が取りあげた4月の入学式の式辞について、
    日本音楽著作権協会(JASRAC)がウェブ上に掲載した分の使用料を
    京大に請求していることが18日、関係者への取材で分かった。
    ディランさんの楽曲を管理するJASRACは「個別の事案のコメントは差し控える」、
    京大広報課は請求された事実を認め「根拠の詳細を知らされていないため、
    特に対応していない」としている。

     式辞は京大のホームページで閲覧できる。山極総長は、
    京大の学風につながる「自由な発想」に関する説明の一環でディランさんの歌「風に吹かれて」を紹介。
    「答えは風に吹かれている」などと歌詞の一節を引きながら、
    常識にとらわれないことの大切さを説いている。ディランさんの歌詞は日本語訳を含め、
    式辞全体の1割弱を占める。式辞の最後には、ディランさんの歌の出典が記載されている。

     京大によると、約1週間前にJASRAC関係者から、許諾の手続きを求める電話があった。
    回答期限は示されなかったという。

     京都新聞の取材に対しJASRACは「一般論として、ウェブ上にある音楽著作物には利用手続きが必要となる」と説明。
    商用目的でなくても、歌詞を印刷できる仕様でウェブ上に掲載すると、1回の閲覧につき数十円が必要になる場合があるという。

    http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20170519000004

    引用元: ・京大総長「ボブディランの歌の一節に~とありますが」→JASRAC「はい使用料」

    【京大総長「ボブディランの歌の一節に~とありますが」→JASRAC「はい使用料」】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/05(日)06:13:09 ID:5Oc
    AS20160401004053_commL

    いで はく(本名・井出 博正(いで ひろまさ)、1941年11月22日 - )は、日本の作詞家。日本音楽著作権協会(JASRAC)会長。
    2009年4月20日、日本音楽著作権協会(JASRAC)理事として出席した、著作権制度の議論のための文化審議会著作権分科会「基本問題小委員会」第1回会合で、「自家用車で聞くために、消費者はもう1枚同じCDを買うのか」という疑問に対して「当然だと思う」と発言し、消費者から批判が集中した。

    引用元: ・JASRAC会長の発言wwwwwwwwwwwww

    【JASRAC会長の発言wwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/02/03(金)22:36:05 ID:???
    lgf01a201403080400

    JASRAC、音楽教室から「著作権料」徴収へ…なぜレッスンで使うだけでもダメ?

    (略)

    ●過去にも「公衆」の解釈をめぐる裁判があった

    「著作権には『演奏権』という権利が含まれています。そのため、公衆に楽曲を聞かせることを目的として演奏する場合、
    著作権者の許諾が必要となります。ここでいう『公衆』は、コンサートで演奏する場合が典型例です。

    逆にいえば、特定の1人だけに聞かせる目的で、楽曲を演奏する場合は、『演奏権』が及ばないので、著作権者の許諾は不要です」

    高木弁護士はこのように述べる。「公衆」とは、どんな意味なのだろうか。

    「『公衆』の解釈をめぐっては、過去にさまざまな裁判がありました。たとえば、カラオケ店でのカラオケ曲の再生や、
    社交ダンス教室でのダンス曲の演奏が、『公衆』にあたるのかどうかが争われて、どちらも『公衆』にあたると判断されました。

    特に、社交ダンス教室の事件では、受講生のみに対するダンス曲の演奏(実際にはダンス曲が収録されたCDの再生)
    も『公衆』への演奏にあたると判断されています。

    今回、JASRACは、このような裁判例を踏まえて、音楽教室での生徒に向けて演奏することも『公衆』にあたるという判断で、
    著作権使用料を徴収することに踏み切ったのだと思います」

    続き 弁護士ドットコム
    https://www.bengo4.com/houmu/17/n_5653/

    引用元: ・【社会】JASRAC、音楽教室から「著作権料」徴収へ…なぜレッスンで使うだけでもダメ?[H29/2/3]

    【【JASRAC】音楽教室から「著作権料」徴収へ…なぜレッスンで使うだけでもダメ?】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/26(木)08:12:57 ID:4U7
    5af9838ea3bee793a1e63ca3d926625b

    中年歌手、ピコ太郎(53)の大ヒット曲「PPAP」のタイトルやフレーズ「ペンパイナッポーアッポーペン」などが大阪府内の無関係の企業により昨秋、特許庁に商標出願されていたことが25日、分かった。
    ピコ太郎の所属レコード会社も昨秋、「PPAP」を商標出願しているが、
    「ペンパイナッポーアッポーペン」については出願していない。

    C3Da8jzVcAM4jE7

    http://srd.yahoo.jp/new/hl?a=20170126-00000025-sanspo-ent

    引用元: ・【悲報】ピコ太郎、「PPAP」ピンチ?! 無関係の企業が特許庁に商標出願

    【【悲報】ピコ太郎「PPAP」ピンチ!? 無関係の企業が特許庁に商標出願】の続きを読む

    a709a039bae2ce466a709410c6b54349

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/20(金)21:09:24 ID:ezS
    替え歌臭スギィ!
    こんなんCDにして売るとか恥ずかしくないの?

    引用元: ・森のくまさん騒動って権利がどうこう以前に

    【パーマ大佐の「森のくまさん」騒動って権利がどうこう以前に】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/12(土)12:51:34 ID:xgs
    jasrac2_s

    日本音楽著作権協会(JASRAC)静岡支部は11日、利用許諾契約を結ぶことなく、生演奏とカラオケで同協会が管理する音楽を無断利用したとして、
    飲食店「Music Lounge SUQSUQ(ミュージックラウンジスクスク)」(静岡市葵区)の経営者らに計480万8100円の賠償を求め、静岡地裁に提訴した。
    生演奏を行う事業者に対する著作権差し止め請求と損害賠償請求を求める訴訟は県内で初めて。【古川幸奈】

     訴状によると、同店は同協会と利用契約を結ばないまま2008年6月に開店し、著作権料の督促にも応じなかった。
    このため、同協会が14年9月に静岡地裁に侵害を差し止める仮処分の申し立てを行った。その後同店は廃業し仮処分は解除されたが、無許諾利用期間の使用料が支払われることはなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161112-00000024-mai-soci

    引用元: ・【悲報】ジャスラックさん、生演奏に480万8100円の賠償を求める

    【【悲報】ジャスラック「生演奏」に480万8100円の賠償求める】の続きを読む

    JASRAC
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/03(日)18:55:11 ID:5JN
    ファンサイトの球団応援歌、2ch、おーぷんに請求を始めらしやで

    “その曲とわかる1フレーズ”は使用とみなすらしいんやけど
    JASRACに訴えられたら最後に使用してない証明を裁判でしなければならないらしいやで

    引用元: ・【悲報】JASRACネットで無双し始める

    【【悲報】「JASRAC」ネットで無双し始める】の続きを読む

    このページのトップヘ

    Your SEO optimized title