1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/02(木)23:16:40 ID:tQh
97b2bc5e-s

栃木県真岡市の市立小学校で2010年2月、給食に出された直径約2センチの白玉団子をのどに詰まらせ脳死状態となり、
13年1月に死亡した飯沼晃太さん(当時10歳)の両親が、真岡市に約8400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、宇都宮地裁(吉田尚弘裁判長)は2日、請求を棄却した。事故の危険性を予見することは難しく、学校側の救護措置も適切だったと判断した。
両親側は判決を不服として、近く控訴する方針を示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00000090-mai-soci

引用元: ・【悲報】給食の“白玉団子”で窒息死、原告の請求を棄却

【【悲報】給食の“白玉団子”で窒息死、原告の請求を棄却】の続きを読む