相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    猟友会

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV12,ほうおう,9C】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/07/14(火)15:43:39 ID:???
    FullSizeRender

     北海道内でクマの出没が相次いでいます。
    砂川市の養鶏場では小屋が荒らされる被害がありました。通常は銃を持って警戒にあたる猟友会ですが、銃なしでの対応を余儀なくされています。


     クマを目撃したときの様子:「キャー、クマクマ…」
     被害にあった吉野祥子さん:「怖いです。ふつうに外出られない」

     砂川市では、2020年、クマの目撃情報が28件寄せられ2019年の7月末と比べ、すでに6件多くなっています。

     しかし、今回銃を携えて出動するはずの猟友会は、手ぶらでした。
    その理由は、猟友会の池上治男支部長が、2年前、クマを駆除した際、建物に向けて撃ったとして、銃の所持許可が取り消されたからです。

     市の依頼で出動し警察官も同行していた上での処分。池上さんは処分取り消しを求め、裁判を起こしています。

    FullSizeRender
    FullSizeRender

    FullSizeRender
    FullSizeRender

     猟友会砂川支部・池上治男支部長:「建物というのは屋根があって壁があったらもう建物人が住んでようがいまいが。この状況みてください、この状況でクマが出ても何もできないこの状況おかしいでしょ」

    (中略)
    FullSizeRender
    FullSizeRender

      猟友会砂川支部・池上治男支部長:「出てしまったらしょうがない。警察が出るか私たちが素手で立ち向かうしかない」


    北海道ニュースUHB 7月13日
    https://www.uhb.jp/news/single.html?id=13657

    引用元: ・【社会】養鶏場でクマ大暴れ…銃を携えて出動するはずの猟友会は”手ぶら”「素手で立ち向かうしかない」[R2/7/14]

    【養鶏場でクマ大暴れ…しかし猟友会は銃の使用許可出ず”手ぶら”「素手で立ち向かうしか…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 20/05/07(木)08:07:32 ID:58u
    後志の島牧村では先月からクマの目撃が相次いでいますが、村が地元の猟友会に支払う報酬を巡って調整がつかず、クマの駆除などができない状態が続いています。
    IMG_6564

    島牧村では先月1日から27日までの間に寄せられたクマの目撃情報が25件と、去年4月の1件と比べて急増しています。
    しかし、村ではおととし7月から10月までの間、クマの警戒にあたった地元の猟友会に支払った費用が1000万円余りにのぼったことから「高額だ」などと批判を受け、村は猟友会に支払う金額を年間で240万円までとする条例を制定しました。

    猟友会はこの条例に反発していて、去年以降、クマが出没しても猟友会が出動しない状況が続いています。


    https://www.nhk.or.jp/hokkaido/articles/slug-n9b2c15ce726a

    引用元: ・村人「猟友会費用高過ぎる減らすべ」猟友会「じゃあ出動数減らすわ」

    【村人「猟友会費用高過ぎる減らすべ」猟友会「じゃあ出動数減らすわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV4,キャットフライ,SB】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/04/06(月)13:58:57 ID:???
    5005
    5005

     自治体からの要請でヒグマを駆除したら、違法性を認定され猟銃所持の許可取り消し処分を受けた――。
    北海道猟友会砂川支部長の池上治男さん(71)が道公安委員会の処分を不服として申し立てた行政不服審査が、2日までに棄却された。
    池上さんは「市民の安全を思い協力したのに理不尽だ」と憤っており、処分を不服として札幌地裁に訴訟を起こす方針だ。【山下智恵】

     池上さんは2018年8月、猟友会を通じて砂川市の出動要請を受諾し、男性ハンター1人を伴って現場に急行。
    道路下の斜面で体長約80センチの子グマを確認し、市職員と警察官の立ち会いの下で猟銃を発砲するなどして駆除した。

     状況が一変したのは19年2月。
    池上さんの発砲に問題があったとの情報提供を受けた砂川署が「民家に向けて発砲した」として鳥獣保護法違反と銃刀法違反容疑などで滝川区検に書類送検した。

    猟友会にも波紋……(以下略)

    毎日新聞 4月3日
    https://mainichi.jp/articles/20200403/k00/00m/040/024000c

    引用元: ・【社会】頼まれヒグマ駆除したのに…猟銃所持許可取り消し 不服のハンター、提訴へ[R2/4/6]

    【【猟友会】頼まれヒグマ駆除したのに…猟銃所持許可取り消し 不服のハンター提訴へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    Collage 2019-12-29 11_17_40

    1: 名無しさん@おーぷん 19/12/26(木)08:32:23 ID:ztl
    結局真相がよくわからないままうやむやになった気がするけど
    逮捕されるリスクあるしもう熊さんの駆除はできないってことになるんか?

    引用元: ・市の要請で警察立ち会いのもと熊さんに発砲したら逮捕された事件あったやん?

    【市の要請で警察立ち会いのもと熊さんに発砲したら逮捕された事件あったやん?】の続きを読む

    このページのトップヘ

    Your SEO optimized title