相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    火星

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/06/08(水)03:12:11 ID:???
    Mars_One

    【6月7日 AFP】人類初の火星コロニー建設プロジェクトを進める非営利企業
    「マーズ・ワン(Mars One)」は6日、プロジェクトの候補者名簿に残った100人に対し、
    選考過程の新たな段階の一環として、全5日間にわたる選抜試験を実施すると発表した。

     テレビのリアリティー番組から一部出資を受ける予定のこのプロジェクトには当初、
    世界140か国から約20万人の応募があった。

    続き AFPBB
    http://www.afpbb.com/articles/-/3089607

    引用元: ・【科学】火星への片道旅行、候補者に5日間の選抜試験実施へ [H28/6/8]

    【【マーズ・ワン】火星への片道旅行、候補者に5日間の選抜試験実施へ】の続きを読む

    3f7f6390

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/03/30(水)23:26:02 ID:EEQ
    せいぜい一ヶ月ぐらいで宇宙を旅してるガンダムとかの世界は
    どんな速度で移動してるんだろうね
    ていうかそういう事が将来的には可能になるのかね

    引用元: ・火星から地球まで現在の技術で八ヶ月かかるらしい

    【火星から地球まで現在の技術で八ヶ月かかるらしい】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/03/29(火)14:42:01 ID:???
    火星の重力マップ公開、驚きの新事実が明るみに
    探査衛星3機16年分のデータを解析、NASAが作成

    新たに作成されたカラフルな火星地図は、場所による重力のばらつきを示している。
    白く見えるのはタルシス三山などの重力が大きい領域で、
    青く見えるのは峡谷などの重力が小さい領域だ。(MIT/UMBC-CRESST/GSFC)
    no title


     このほど米NASAが火星の重力データを使って地図を作成し、公開した。
    美しいだけでなく、火星内部の核から周囲の大気まで、目で見ただけではわからない
    地質学的な詳しい特徴が新たに示されている。

     米マサチューセッツ工科大学のアントニオ・ジェノバ氏らは、
    火星探査衛星3機16年分の軌道データを分析し、軌道と速度のふらつきから、
    位置による重力のばらつきを明らかにした。3月5日に科学誌「Icarus」に発表された火星の地図は、
    太陽系で最も高い山であるオリンポス火山の頂上からマリネリス峡谷の底まで、
    この重力のごくわずかな違いを画像として示したものだ。(参考記事:「オリンポス山、“太陽系最大”を返上?」)

    続き ナショナルジオグラフィック
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/032800113/

    引用元: ・【科学】火星の重力マップ公開、驚きの新事実が明るみに [H28/3/29]

    【火星の「重力マップ」公開、驚きの新事実が明るみに】の続きを読む

    このページのトップヘ

    Your SEO optimized title