1: ■忍法帖【Lv=20,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/05/30(水)10:42:38 ID:???
kumamoto99

最終更新 5月29日 17時27分

 熊本市東区の住宅街で住人らに切りつけた男が警察官に撃たれて死亡した事件で、発砲した熊本県警熊本東署の男性巡査長(40)が、警察官職務執行法などで定められている威嚇射撃をしていなかったことが県警への取材で分かった。

男は面識のない住人にいきなり切りかかり、警察官の発砲前の警告も無視して飛びかかってきたという。
県警は発砲が適正だったとみているが、当時の状況を調べるため29日、現場周辺で弾痕などを捜索した。

 県警によると、28日午後4時半ごろ、同区新南部(しんなべ)5のアパートの駐車場で、このアパートに住む職業不詳の男(36)が、面識のない同じアパートの住人男性(65)が車に乗ろうとしたところ「おいこら」と怒鳴っていきなり刃渡り約15センチの包丁で切りつけた。男は止めようとした別の男性を約400メートル離れた同区下南部(しもなべ)1の東消防署託麻出張所まで追いかけた。

 駆けつけた署員が出張所前の路上で包丁を捨てるよう呼びかけ、拳銃を取り出し「撃つぞ」と予告したが男が巡査長に突進したため、巡査長は男に向けて1発発砲したが外れた。さらに男が馬乗りになって顔を切りつけるなどしたため、巡査長は残る4発も続けて発砲。
男は右腕に1発、胴体に3発被弾して約1時間後に死亡が確認された。

(以下略)

https://mainichi.jp/articles/20180529/k00/00e/040/251000c

引用元: ・【毎日新聞】 威嚇射撃せず 1人死亡、熊本県警が状況調査 [H30/5/30]

【【毎日新聞】刃物男が警察官に撃たれて死亡。威嚇射撃せず】の続きを読む