相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    新聞

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/01/31(日)15:20:34 ID:d1b
    images

     共に暮らす社会は、すでに始まっています。日常生活では、ごみ出しのルールを守ってという声や、治安が悪くなるのでは、という不安の声もありました。一方で、生活のルールを伝える努力など、取り組むべきことがある、という意見も。皆が暮らしやすい社会のために必要なことは、何でしょうか。

    ■ノンフィクション作家・高野秀行さんに聞く

     日本で暮らす外国人に取材した「移民の宴(うたげ)」などの著書がある高野秀行さん(49)に聞きました。

     取材当日、友人のスーダン人女性アワーティフさんの買い物を手伝った高野さん。
    スーパーで、塩ジャケと普通のシャケの切り身の見分け方など、アワーティフさんが困っていることを一つ一つ教えて、「塩(しお)」「豚(ぶた)」など、覚えておいた方が良い日本語を紙に書いて渡しました。

     外国人と接するとき、私は「ま、いいか」と思うことが大切だと思っています。何かしてあげても、中にはぷいっとお礼もいわずに行ってしまう人もいますよ。でも調子が悪い日なのかもしれないし、こちらがいちいち傷つくことないんです。どう接したらいいかわからなくても、無理をする必要はありません。

     「受け入れ態勢が不十分な日本に来ても、外国人は幸せになれない」なんて言う人もいますが、完璧に掃除をしないと家に人を呼べない、日本人のメンタリティーですね。

     そもそも「おもてなし」って、日本のように均質性の高い人が多く暮らす離島ならではの精神だと思います。
    日本では相手もだいたい自分と同じような人だと思っているから、「部屋の温度はこれぐらいがいいかな」と、人の気持ちを察することができてしまう。でも多民族、多宗教の人が暮らす国では、相手の出方を読んで準備するなんて不可能です。外国人のお客さんに「なんか暑い」といわれても、気が回らなかったなんて傷つかないことです。
    そうなんだ、と気がついたら改善すればいいんです。

     朝日新聞デジタルのアンケートでは、「外国人との共生は簡単なことではない」といった回答もありました。  考えすぎて、1かゼロかみたいな結論になっている気がします。

     日本人は、国を封鎖していれば外国人は来ないんじゃないかと思っているふしがありますが、それは違う。日本にはすでに200万人以上の外国人が住み、観光客も爆発的に増えている。
    難民や外国人労働者の受け入れをしなくても、自然増で日本で外国人が増えているのは事実で、対応しないといけないんです。それなのに、この「わがこと感」のなさはどうでしょう。

     多くの外国人とつきあってきた高野さんに、「外国の人たちとうまくつきあうこつはありますか」と聞くと、「○○人ではなく、先に個人としてみること」という答えが返ってきました。

    続き 朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASJ1S6505J1SUPQJ004.html

    引用元: ・【朝日】「ま、いいか」と思うことが大切? 外国人との接し方 [H28/1/31]

    【【多文化共生】外国人との接し方「ま、いいか」と思うことが大切?(朝日新聞)】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/01/26(火)06:26:14 ID:1ml
    20150803-18

     日本人は「伝統」という言葉にヨワいらしい。例えば選択的夫婦別姓制度の是非を巡る議論。
    安倍晋三首相ら反対派は「同姓が日本の伝統だ」と主張し、いくら専門家が
    「同姓は明治中期以降の新しい制度」と指摘しても聞く耳を持たない。
    このように最近は、新しく、ウソに近い「伝統」がやたらと強調されている気がするのだが……。【吉井理記】

    (略)

    「理想の人間づくり」行く末は

     「昔は良かった」と考える人が強調するその道徳教育、安倍政権は18年度以降に
    小中学校の「特別教科」とすることを決めた。著書「新しい国へ」で盛んに
    「問題はモラル低下だ」と指摘していた安倍首相らしい。
    山岸さんは「20世紀で、最も道徳教育に力を入れたのは旧ソ連や中国など社会主義国家でした。
    自分より公を大切にせよ、と。でも結果はご存じの通り。歴史上、どんな国・社会も道徳教育で
    『理想の人間づくり』に成功した事例はありません。これこそ『伝統』なんですが」。

     年始から夏の参院選について「憲法改正を訴えていく」と力を込める安倍首相。
    自民党の憲法改正草案の前文には「良き伝統を……末永く子孫に継承する」とある。
    その「伝統」の正体を注視したい。

    全文 毎日新聞
    http://mainichi.jp/articles/20160125/dde/012/040/002000c

    引用元: ・【毎日新聞】それホンモノ? 「良き伝統」の正体 [H28/1/26]

    【それホンモノ?「良き伝統」の正体(毎日新聞)】の続きを読む

    このページのトップヘ

    Your SEO optimized title