相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    弁護士

    1: ■忍法帖【Lv=20,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/06/01(金)12:38:22 ID:???
    ed85caeccdcafbca75570d2303c446f7_23283

    apio  @apio_apio1516
    なんて記事だ! 怒りを覚える!
    「ブルーリボンを着けている連中は、拉致問題を政治利用して差別を煽っている」だとさ。
    民主主義が成熟した自由の国であるこの日本に最もふさわしくない団体があるとすれば、それは朝鮮総連と日弁連だ!

    https://mobile.twitter.com/apio_apio1516/status/1001570998162939905
    午前6:08 ・ 2018年5月30日

    no title

    https://mobile.twitter.com/apio_apio1516/status/1001570998162939905

    引用元: ・【拉致問題/twitter画像】 日弁連『ブルーリボン着けてる連中は、拉致問題を政治利用し差別を煽っている』[H30/6/1]

    【日弁連「ブルーリボン着けてる連中は、拉致問題を政治利用し差別を煽っている」】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=19,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/04/26(木)18:29:19 ID:???
    internet_site_blocking

    NTTのグループが漫画などを無断で公開する海賊版サイトを閲覧できないようにする方針を決めたことについて、インターネットの問題に詳しい弁護士が「通信内容を把握されることになり違法だ」として、実施しないよう求める訴えを起こしました。

    漫画やアニメの海賊版サイトをめぐっては、政府が今月、緊急対策をまとめました。

    この中で、「漫画村」「Anitube」「Miomio」の3つのサイトについて、民間の事業者が閲覧できないようにする措置を自主的に行うのが適当だとされ、NTTのグループ3社は、準備が整いしだい閲覧できないようにするブロッキングを行う方針を決めました。

    これについて、インターネットの問題に詳しい中澤佑一弁護士は、3社を利用している人の通信内容が事業者に把握されることになり、通信の秘密の保護を義務づけた電気通信事業法に違反するとして、自身が契約している
    「NTTコミュニケーションズ」に対して、実施しないよう求める訴えを東京地方裁判所に起こしました。

    中澤弁護士は「海賊版サイトの規制は必要だが、ブロッキングは法的な根拠がなく、立法措置を含めた抜本的な議論が必要だ」としています。

    引用元: ・【漫画村遮断問題】「海賊版サイトのブロッキングは違法」弁護士が提訴 [H30/4/26]

    【【漫画村問題】「海賊版サイトのブロッキングは違法」弁護士が提訴】の続きを読む

    mig

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/09/02(土)12:05:10 ID:XRr
    殺人犯「ここはトイレです」ブリブリブリブリボボボボジョオオオオオオオオオオ

    有能裁判長「うーん無罪w!」

    マスコミ「犯罪者の人権を守れ!!!!!!!」

    被害者「」

    なんやこれ

    引用元: ・有能弁護士「キチガイのフリして下さい」連続殺人犯「了解!」

    【有能弁護士「キ〇ガイのフリして下さい」連続殺人犯「了解!」】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/03/24(木)21:54:01 ID:???
    img_092029c80fdf5d8b9bf41b23ee871861281079

    せっかく資格を取っても、仕事がないために自立できない人たちの話をよく聞く。

     昨年5月、当連載で紹介したワーキングプア女性弁護士も、その1人。
    記事を掲載後、問い合わせが相次ぐなどの大きな反響が寄せられた。

     しかし、結局、女性は資格の登録を抹消し、弁護士を廃業した。

     いったいなぜ、せっかく持った資格を返上しなければならなかったのか。
    そこには、維持するための会費などの問題があった。

    月額5万円弱、滞納は約1年に
    重くのしかかった弁護士会の会費

     弁護士資格がありながら、会費の問題などから廃業に追い込まれたのは、50代前半のA子さん。
    昨春、インタビューさせていただいたときも、5年ほど弁護士としての仕事がまともにないために、資格を隠して、細々と週に1回、本業と関係のないアルバイトをしているようなワーキングプアの状態だった。

     アルバイト以外の収入がなく、社会保険料も弁護士としての年会費も支払えずにいる。
    そんな仕事のない状況が何年も続いてきたが、会費の滞納がかさみ、弁護士と税理士の2つの資格を返上した。

     A子さんは、「引きこもり」というカテゴリーには当てはまらないかもしれないが、
    抱える課題は女性当事者のメカニズムと本質的に共通しているように思う。

     子どもの頃は母親から虐待を受けてきて、会社ではセクハラやパワハラの被害に遭った。

     司法試験に合格し、大手系列企業の「社内弁護士」として契約社員になったものの、
    親会社からの出向者による誹謗中傷などから、A子さんの仕事は極端に減少。
    毎日、職場に行っても、ほとんどすることがなくなり、A子さんも雇い止めとなった。

     以来、資格による性差別を感じている。

     これから先、「協調できる人と連携して、打開策を探りたい」と頑張ってきた。

     以前の記事を掲載した後、たくさんの読者から問い合わせやオファーなどをいただいたため、筆者がA子さんの意向を聞いたうえで、仲介する作業もしてきた。

     しかし、A子さんによると、弁護士会の会費は月5万円弱。滞納は1年近くに及んだ。
    会費が高いうえに、仕事がない場合の相談や会費減免などの措置がなかったことも、
    廃業を決断せざるを得なかった背景にあったという。

    続き ダイヤモンドオンライン 全4ページ
    http://diamond.jp/articles/-/88385

    引用元: ・【社会】女性弁護士ワーキングプアが廃業へ追い込まれた事情 [H28/3/24]

    【女性弁護士「性差別感じる」ワーキングプア、弁護士資格返上の事情】の続きを読む

    このページのトップヘ

    Your SEO optimized title