相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    山形マット死事件

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/20(土)10:23:38 ID:LCk
    「年月がたてばどんな悲しみも和らぐなんて方もいますが、少なくとも僕らにとっては、そんなことはありませんでした……」
    そう語るのは、山形県新庄市に住む児玉昭平さん(67)。
    1da33_1212_24f2c8ff6f96cb60ca39132852264b95

    ‘93年1月13日、新庄市の明倫中学校の体育館用具室内で、1年生・有平くん(享年13)の遺体が発見された。
    有平くんは、マットの中に頭から入った状態で窒息死していたのだ。

    有平さんに対する日常的ないじめがあったとされ、この事件は『山形マット死事件』として、全国的に注目されました。

    事件から2年後、加害少年たちに損害賠償を求める民事裁判を開始
    山形地裁は7人全員のアリバイを認め、事実上『無罪』となったのです。

    しかしその後、仙台高裁は一転して、少年たち全員が犯行に関与したという判断を下しました。
    さらに’05年9月、最高裁もその判断を支持し、“全員有罪”という結論に

    最高裁は“元少年”たちへ総額約5千760万円の損害賠償を命じました

    52cbcbeb

    事件発生から12年後、ようやく事件が決着したかに見えたのだが……。

    児玉さんは言う。
    「当時、犯人たちは20代半ばでした。弁護士とこんな話をしたのを覚えています。『まだ彼らも若いから、判決を受けても 罪の実感はわかないかもしれない。でもこれから結婚して、自分たちの子供が生まれたら、子供を失った親の悲しみを 理解してくれるようになるかもしれない。彼らが反省して謝りに来るのを待とう』。
    私もそして家内もその日をずっと待っていました。 しかし10年もたとうとしているのに、彼らの誰一人として謝りにくるどころか、賠償金を払うそぶりも見せなかったのです。 でも私たちは、裁判結果を無にしてしまうことはできません。もし、そんなことになったら、天国の有平も浮かばれません」

    7人の“元少年”は、いまは30代の働き盛り。5人は結婚し、そのうち3人には子供もいるという。

    「なぜ父親になったのに、彼らには罪の自覚が芽生えないのでしょうか……。本当に彼らは更生したのでしょうか?  彼らへの矯正教育がもっと徹底していたら、賠償金を払わないなんてことはなかったのではないかと思います」

    児玉さんの無念は募り続けている。

    http://news.infoseek.co.jp/article/joseijishin_d23064/

    引用元: ・「山形マット死事件」 賠償金も謝罪もなし、“元加害少年”ら5人は結婚し3人には子供

    【【山形マット死事件】 賠償金も謝罪もなし“元加害少年”らは家庭を築いていた】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/09(火)16:09:23 ID:cnm
    1354241434

    b78827db7947c352e691adb785be2c8a

     新庄市明倫中で1993年1月、1年児玉有平さん=当時(13)=が体育館の用具室で死亡した事件に絡み、関わった元生徒3人が確定した損害賠償命令に応じず、強制執行の手続きも取れないとして、遺族が3人に対し、時効(10年)により請求権の消滅を防ぐ訴訟を起こしたことが8日、関係者への取材で分かった。

    児玉さんの父昭平さん(67)は「何年もかかって続けた裁判の結果が水泡に帰すことは、有平のためにも避けたかった」と話している。

     遺族が元生徒7人に損害賠償を求めた民事訴訟は、2005年9月6日に仙台高裁の判決が確定。 全員が死亡に関与したと判断し、7人に約5760万円の支払いを命じた。

     原告側の代理人弁護士によると、これまで任意の支払いに応じた元生徒はいないという。
    このため4人には債権の差し押さえなどの措置を取ったが、提訴された3人については勤務先の会社が分からないなどの理由で手続きを進められなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160209-00000186-yamagata-l06

    引用元: ・山形マット死事件 加害者全員が損害賠償支払いに1円たりとも応じず

    【【山形マット死事件】加害者全員が損害賠償支払いに1円たりとも応じず】の続きを読む

    このページのトップヘ

    Your SEO optimized title