相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    少年法

    1: ■忍法帖【Lv=23,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/09/02(日)13:12:08 ID:???
    hqdefault

    2018.09.01 16:00
     8月19日、埼玉県川口市で、32才男性の首を刃渡り8cmの折り畳み式ナイフで刺したとして、45才の男が殺人未遂容疑で逮捕された。
    この男は川口市の無職、湊伸治。彼は、約30年前に日本中を震撼させた「東京・綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件」の犯行グループの1人である。

     犯行グループの主犯格の少年A(当時18才)は、中学の後輩のB(当時17才)とC(当時15才)、D(当時16才)と共に、たまり場だった東京都足立区綾瀬の住居2階に少女を連れ込んだ。この家はCが両親と同居する自宅だった。そして、このCが湊容疑者である。

     少年たちは少女を監禁。凄惨な暴行の末、殺害し、遺体をドラム缶に詰めてセメントを流し入れて東京都江東区の埋立地に遺棄した。

     1989年3月、別の婦女暴行容疑で逮捕されたAの自白によって遺体が発見され、事件は明るみに出た。
    裁判の結果、Aが懲役20年、Bが懲役5年以上10年以下、Cが懲役5年以上9年以下、Dが懲役5年以上7年以下で量刑が確定した。

     その後の彼らの人生は、更生への期待を裏切るものだったと言わざるをえない。
     主犯格のAは2009年に刑務所を出所した後、養子縁組をして名前を変えた。それから3年半後の2013年1月、振り込め詐欺の容疑で逮捕された。
    「無作為に全国の個人宅に電話をかけ、『パチンコ必勝法』の情報料名目で現金を騙し取る詐欺グループの一員とみられましたが、取り調べに黙秘を貫いて不起訴処分で釈放されました。Aは逮捕時に定職についておらず、アルバイト感覚で手を染めた可能性があります」
    (捜査関係者)

     出所後のAについて、彼らの“その後”を追ったあるジャーナリストが語る。
    「Aはキックボクシングのジムに通っていて、よく後輩をバーベキューやキャバクラに連れて行っていた。BMWを乗り回して高級腕時計やブランド品を身に着けていた。“暴力団とつながりがある”と吹聴していて、マルチ商法で儲けていたそうです。セ○クスの話が大好きで、“100均の縄で女を縛るのが好き”と自慢していた。“都内の振り込め詐欺グループには知り合いが多い”とも言っていました」
     しかし、Aは周囲で自身があの事件の犯人であることが噂され始めた直後、姿を消したという。現在の行方は知れない。

     裁判中に深い悔悟の態度を見せたBは1999年に満期で出所した。受刑中にパソコンのスキルを学び、出所後はIT関連の仕事をしていたが、前科が知られ人間関係に行き詰まり、退職後は暴力団の構成員になった。(以下略)

    https://www.news-postseven.com/archives/20180901_750880.html

    引用元: ・【続報/事件】綾瀬コンクリ殺人の犯行グループのその後 4人中3人が再犯 [H30/9/2]

    【【綾瀬コンクリ殺人】の犯行グループのその後 4人中3人が再犯】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/05/30(火)21:44:55 ID:???
    20170530-00000715-fnn-000-thumb

    ガールズバーで14歳少女働かせる

    29日夜、大阪・ミナミで、14歳の中学生を働かせていたガールズバーが摘発され、店長の18歳の少年が逮捕された。
    摘発されたのは、大阪・ミナミにあるガールズバー「BaR Noa」で、店長の18歳の少年が、15歳未満の少女を働かせた、労働基準法違反の疑いで逮捕された。
    警察が2017年4月に、客引きをしていた少女を、大阪府の迷惑防止条例違反で現行犯逮捕したところ、14歳の中学3年生で、この店で働いていることがわかったという。
    この店で働く女性は5人前後で、このうち2人が、14歳の少女だったという。

    続き Yahoo!ニュース/フジテレビ系(FNN) 5/30(火) 12:53配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170530-00000715-fnn-soci

    引用元: ・【事件】ガールズバーで14歳少女働かせる 店長の18歳の少年を逮捕 [H29/5/30]

    【「ガールズバー」で14歳少女働かせる 店長の18歳の少年を逮捕】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/20(土)10:23:38 ID:LCk
    「年月がたてばどんな悲しみも和らぐなんて方もいますが、少なくとも僕らにとっては、そんなことはありませんでした……」
    そう語るのは、山形県新庄市に住む児玉昭平さん(67)。
    1da33_1212_24f2c8ff6f96cb60ca39132852264b95

    ‘93年1月13日、新庄市の明倫中学校の体育館用具室内で、1年生・有平くん(享年13)の遺体が発見された。
    有平くんは、マットの中に頭から入った状態で窒息死していたのだ。

    「有平さんに対する日常的ないじめがあったとされ、この事件は『山形マット死事件』として、全国的に注目されました。
    山形県警は、傷害と監禁致死の容疑で上級生3人を逮捕、同級生4人を補導しています。
    当初7人は犯行を認めましたが、その後、多くの少年が自供を撤回し、長い裁判が始まりました」(社会部記者)

    52cbcbeb
    事件から2年後の’95年には、加害少年たちに損害賠償を求める民事裁判を開始した。

    「山形地裁は7人全員のアリバイを認め、事実上『無罪』となったのです。
    しかしその後、仙台高裁は一転して、少年たち全員が犯行に関与したという判断を下しました。
    さらに’05年9月、最高裁もその判断を支持し、“全員有罪”という結論に達したのです。
    最高裁は“元少年”たちへ総額約5千760万円の損害賠償を命じました」(前出・社会部記者)

    事件発生から12年後、ようやく事件が決着したかに見えたのだが……。

    児玉さんは言う。
    「当時、犯人たちは20代半ばでした。弁護士とこんな話をしたのを覚えています。『まだ彼らも若いから、判決を受けても
    罪の実感はわかないかもしれない。でもこれから結婚して、自分たちの子供が生まれたら、子供を失った親の悲しみを
    理解してくれるようになるかもしれない。彼らが反省して謝りに来るのを待とう』。
    私もそして家内もその日をずっと待っていました。
    しかし10年もたとうとしているのに、彼らの誰一人として謝りにくるどころか、賠償金を払うそぶりも見せなかったのです。
    でも私たちは、裁判結果を無にしてしまうことはできません。もし、そんなことになったら、天国の有平も浮かばれません」

    児玉さんは弁護士と相談して、督促状を送ったうえ、勤務先が判明した者の給料を差し押さえることにした。

    「また勤務先が不明だった者も2~3名おり、その分は差し押さえ措置もできなかったので、今年1月に再び提訴しました。
    なぜ判決から10年以上たったいま?そう疑問を持った方もいたかもしれませんが、
    私たちも急に提訴にふみきったわけではないのです」

    7人の“元少年”は、いまは30代の働き盛り。5人は結婚し、そのうち3人には子供もいるという。

    「なぜ父親になったのに、彼らには罪の自覚が芽生えないのでしょうか……。本当に彼らは更生したのでしょうか? 
    彼らへの矯正教育がもっと徹底していたら、賠償金を払わないなんてことはなかったのではないかと思います」

    雪国・新庄市に降り積もる雪のように、児玉さんの無念は募り続けている。

    http://news.infoseek.co.jp/article/joseijishin_d23064/

    引用元: ・「山形マット死事件」 賠償金も謝罪もなし、“元加害少年”ら5人は結婚し3人には子供

    【【山形マット死事件】 賠償金も謝罪もなし“元加害少年”らは家庭を築いていた】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/10(水)23:03:05 ID:vnr
    20160210173836oipiop

    川崎市の多摩川河川敷で昨年2月、
    中学1年、上村遼太さん(当時13歳)を仲間2人と共謀して殺害したとして、
    殺人罪などに問われたリーダー格の無職少年(19)
    =事件当時18歳=の裁判員裁判の判決で、
    横浜地裁(近藤宏子裁判長)は10日、
    懲役9年以上13年以下(求刑・懲役10年以上15年以下)を言い渡した。(毎日新聞)

    019b5491cc9d3419b63badfdf5ef7214_10439

    http://news.yahoo.co.jp/pickup/6190759

    引用元: ・【前代未聞】川崎少年殺害事件判決重すぎてワロタ

    【【前代未聞】”川崎少年殺害事件”判決重すぎてワロタ】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/09(火)16:09:23 ID:cnm
    1354241434

    b78827db7947c352e691adb785be2c8a

     新庄市明倫中で1993年1月、1年児玉有平さん=当時(13)=が体育館の用具室で死亡した事件に絡み、関わった元生徒3人が確定した損害賠償命令に応じず、強制執行の手続きも取れないとして、遺族が3人に対し、時効(10年)により請求権の消滅を防ぐ訴訟を起こしたことが8日、関係者への取材で分かった。

    児玉さんの父昭平さん(67)は「何年もかかって続けた裁判の結果が水泡に帰すことは、有平のためにも避けたかった」と話している。

     遺族が元生徒7人に損害賠償を求めた民事訴訟は、2005年9月6日に仙台高裁の判決が確定。 全員が死亡に関与したと判断し、7人に約5760万円の支払いを命じた。

     原告側の代理人弁護士によると、これまで任意の支払いに応じた元生徒はいないという。
    このため4人には債権の差し押さえなどの措置を取ったが、提訴された3人については勤務先の会社が分からないなどの理由で手続きを進められなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160209-00000186-yamagata-l06

    引用元: ・山形マット死事件 加害者全員が損害賠償支払いに1円たりとも応じず

    【【山形マット死事件】加害者全員が損害賠償支払いに1円たりとも応じず】の続きを読む

    1: トト◆53THiZ2UOpr5 2015/09/09(水)16:51:14 ID:JOh
    sakakibara0

    少年Aから「週刊文春」に“抗議文”が届いた
    2015.09.09 16:00

     神戸連続児童殺傷事件の犯人で、手記『絶歌』(太田出版)の著者
    である元少年A(33)から、「週刊文春」に手紙が届いた。手紙では、
    「週刊文春」6月25日号で報じた『絶歌』の出版経緯について、
    <残念ながら事実とは異なっていました>とし、<僕は当事者
    としてありのままの真実を包み隠さずきちんと伝える義務を感じ、
    今回独断で筆を執らせていただきました>としている。

     A4・20枚、2万3000字に及ぶ手紙では、出版の経緯を克明に綴った
    後に、次のような告知をしている。

    <最後に、重要なお知らせです。

     いろいろ思うところがあり、急遽ホームページを開設しました。(略)

     まだ立ち上げたばかりで方向性も何も決まっていませんが、今後
    はこのホームページを基盤に情報発信をしていく所存です。
    元少年A>

    <元少年A 公式ホームページ>と題されたHPでは、身長や体重や
    メールアドレスに加えて、マスク姿や、全裸でナメクジにまたがる
    元少年Aの写真などがアップされている。(以下略)

    image (1)
    image

    ※全文は週刊文春WEBでご覧下さい。
    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5415

    引用元: ・【週刊文春】酒鬼薔薇聖斗こと元少年A、公式HPを開設[H27/9/9]

    【【元少年A】酒鬼薔薇聖斗「週刊文春」に抗議文を送りつけ、自ら公式HPを開設】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/25(木)12:35:35 ID:???
    2078

    話題の書『絶歌』を読んだ。出版自体の倫理を問う声もあるが、何らかの精神的な病理を抱え、それが犯行にも関与しているはずの元少年のこの手記を読まないわけにはいかない。

     世間の感想とはかなり違うと思うが、私は一読して「痛々しい」と思った。
    当時は精神鑑定で「行為障害」という診断名を与えられたが、
    元少年は当時もいまも感情のない世界を生きている。
    おそらくその原因は、男性の脳の構造や機能の特徴というか、機能不全に由来するものだろう。

     それは本質的には変わっていないし、そのことを本当の意味で異常だとは実感できないままだ。
    だから、こんな手記を書いてしまったのだろう。というより、彼にはこれしか書けなかったのだ。
    世間の人が言うような、自己陶酔でも自己顕示でもないと思う。
    彼なりに少年院やその後の生活で一生懸命、「感情とは何か」ということを“学習”し、
    それなりの成果はあげている。これはその発表なのだが、世間の基準からはいまだかなりずれており、奇妙というより嫌悪感を抱かせるものにしかなっていない。
    【【酒鬼薔薇】香山リカ、『絶歌』から「元少年A」の脳の機能不全を読み解く】の続きを読む

    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/06/19(金)20:03:48 ID:???
    d6a4383f

    「酒鬼薔薇聖斗」の“現在”が、公にさらされるかもしれない。

    「出版差し止めは難しくても、被害者の遺族がこの本の内容に対し損害賠償を求める
    訴訟を起こせば、結果的に被告の名前や住所が公に出てしまうことになる。
    いま複数の弁護士が、その動きを後押ししようと動いている」

     ある弁護士の情報では、すでに遺族に近い弁護士が「酒鬼薔薇聖斗」の住所や名前
    を把握、遺族の希望さえあれば訴訟を起こせる状況にあるという。

     1997年に神戸連続児童殺傷事件を起こした自称「酒鬼薔薇聖斗」は先ごろ、手記
    『絶歌』(太田出版)を出版したが、被害者の遺族からは抗議の声が上がっている
    ほか、著者名が少年法で守られたままの「元少年A」であることや、ナルシスティック
    で自己顕示欲が見て取れる内容に、世間からの批判が巻き起こっている。
    152fcddf

     アメリカではニューヨーク州で犯罪者が自らの犯罪行為をネタに出版、販売して
    利益を得ることを阻止する「サムの息子法」と呼ばれる法律があり、犯罪行為を商業
    利用することを禁じている。

    同様の法律は他州や世界各国で類似したものが存在するが、日本ではこれがないため、「酒鬼薔薇聖斗」は出版元の太田出版ともども、堂々と利益を手にできる状況だ。

     「酒鬼薔薇聖斗」は、児童の首を切るなど2人を殺害した上、新聞社に「挑戦状」
    を送るなど、あまりに残酷な事件を起こしながら、少年法の適用で罪には問われず、
    医療少年院を経て2004年に社会復帰した。
    社会に守られて更生の道を進んだ元少年犯罪者が、被害者遺族をさらに痛めつける
    ような本を出版したことで、遺族からは出版社に回収要請があった。しかし、現時点
    では法的にこれを差し止めることは難しい。

    「でも、今回のケースを契機に新しい日本版の『サムの息子法』を作りたいと考える
    弁護士も少なくないです。そのために大きな波風を立ててきっかけ作りにしようと
    話している弁護士もいて、32歳の酒鬼薔薇聖斗が、少年法そのままの匿名で、過去の
    犯罪をビジネスに利用したことに対する報復として、合法的に著者の現在を白日の下
    に引っ張り出すための裁判案を練っています」(同)

     ネット上には酒鬼薔薇聖斗に妻子がいるなど確証のない話も書きこまれているが、
    この弁護士によると「それよりも、もっと驚くべき社会復帰後の過去がある」という。

    「これは以前、彼を支援していた人脈から漏れ伝わってきた話だそうですが、それが
    事実なら更生プログラムの失敗ともいえる話で、世間からの反発はより増すでしょう。

    もし彼の実名と住所が表になる合法的な手段が取られた場合、おのずとこの話も暴露
    されるかもしれません」(同)
    【【サムの息子法】「被害者遺族が訴訟を起こせば…」『絶歌』出版の“酒鬼薔薇聖斗”現在の住所・名前が暴かれる日】の続きを読む

    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/06/17(水)20:27:20 ID:???
    152fcddf

     
    神戸市で1997年に起きた連続児童殺傷事件の加害男性が「元少年A」として
    出版した手記「絶歌」について、版元の太田出版(東京)は17日、今後も出版を
    継続する意向を自社のホームページで表明した。

    「社会は、彼のような犯罪を起こさないため、起こさせないため、そこで何があった のか、見つめ考える必要がある」としている。初版10万部を発行しており、今後も 増刷する予定だという。

    (略)…、一方で、遺族の心情を配慮し販売を自粛する書店も増えている。
    【【酒鬼薔薇】太田出版「今後も出版を継続する」~神戸事件手記「絶歌」の出版継続、増刷へ】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/18(木)14:29:52 ID:???
    d6a4383f

    『絶歌』の出版について

     2015年6月11日、太田出版は『絶歌』を出版しました。
     この本は1997年に神戸で起きた通称神戸連続児童殺傷事件の加害者である
    元少年Aが事件にいたる経緯、犯行後の社会復帰にいたる過程を自ら綴ったものです。
     なぜ遺族の了解を取らずに出版したのか、遺族の気持ちをどう考えているのか、
    なぜあのような猟奇的殺人者の本を出すのかなど、出版後、多くの批判をいただいています。

     本書は、決して本人の弁解の書ではありません。いわんや猟奇殺人を再現したり、
    忌まわしい事件への興味をかき立てることを目的にしたものではありません。
     本書は、加害者本人の手で本人の内面を抉り出し、この犯罪が起きた原因について
    本人自身の言葉で描いたものです。
     深刻な少年犯罪が繰り返される中、なぜそのようなことが起きたのかをそれぞれの
    事件の加害者自身が語ることはほとんどありません。一つには機会があってもそれを
    表現するだけの力を持つ者がいないということがあります。加害者の心の闇は謎のままです。
     神戸連続児童殺傷事件はその猟奇性ゆえ、また加害者が14歳の少年であったこと
    などから社会に衝撃を与え、人々の脳裏に深く刻み込まれる事件となりました。
    「少年A」というそもそもは匿名を表す表記が、多くの人にとってそのまま
    神戸連続児童殺傷事件の記憶に結びつくという特異なそして少年犯罪の代表的な事件です。
    少年犯罪が起こるたびに神戸の事件は言及され分析されてきました。
     本書に書かれた事件にいたる彼の記述を読むと、そこには大人の犯罪とは明らかに異なる、
    少年期特有の、性的衝動、心の揺れなどがあったことがわかります。
    そしてそれだけの内面的な乱れを抱えながらも、事件が起きるまで彼はどこにでもいる
    普通の少年でした。彼が抱えていた衝動は、彼だけのものではなく、むしろ少年期に普遍的なものだと思います。
    彼は紙一重の選択をことごとく誤り、前例のない猟奇的殺人者となってしまいました。
    彼の起こした事件は前例のない残虐な猟奇的事件でしたが、それがいかに突出したものであろうと、
    その根底には社会が抱える共通する問題点が潜んでいるはずです。
    社会は、彼のような犯罪を起こさないため、起こさせないため、そこで何があったのか、
    たとえそれが醜悪なものであったとしても見つめ考える必要があると思います。
    【【酒鬼薔薇】太田出版『絶歌』の出版について「社会は、彼のような犯罪を起こさないため、何があったのか見つめ考える必要がある」】の続きを読む

    1: トト◆53THiZ2UOpr5 2015/06/16(火)11:46:45 ID:POX
    201012191101408c4

    啓文堂書店、元少年の手記を販売中止 神戸児童連続殺傷
    2015年6月16日07時55分(竹内誠人)

     東京・京王線沿線を中心に38店舗を展開する啓文堂書店が、
    神戸市で1997年に起きた連続児童殺傷事件の加害男性(32)が
    「元少年A」の名で書いた手記の販売を中止している。

    3376_2_1

     書店を運営する京王書籍販売によると、いったん入荷はしたが、
    被害者遺族の心情に配慮し、発売前の時点で取り扱わないことを
    決めた。客からの注文も受け付けていないという。同社担当者は、
    これまでに自社の判断で販売中止を決めた本は「覚えている限りない」
    としている。
    (後略)

    【【酒鬼薔薇】東京の啓文堂書店、元少年の手記「絶歌」を販売中止 ー神戸児童連続殺傷】の続きを読む

    06ae87162d14655b9b2406d6f5c9a55c-e1433928965170

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/06/16(火)06:23:21 ID:lve
    最初の20ページ読んだところで水に沈めてからゴミ箱にぶちこんだわ
    よくもあんなに気持ち悪い文章書けるな
    遺族の感情を無視して自分の妄想を垂れ流した、まさにオ〇ニー本
    当時の犯行現場だけでは飽き足らず、30過ぎてからもメディアを駆使してオ〇ニーするとか
    とんだオ〇ニーマンだわ
    酒鬼薔薇はオ〇ニーマンんんんっ

    【【絶歌】酒鬼薔薇の本買ったんだけど】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/13(土)10:24:58 ID:???
    SAKAKIBARA_bot

    出版の是非が問われている、神戸連続児童殺傷事件を起こした
    「元少年A」(32)の手記「絶歌」(太田出版)について、キャスターの小倉智昭氏が、

    「実名で書けばいいじゃないですか」
    と出演番組で問題提起した。
    手記をめぐっては遺族が出版中止を訴える中、実名出版をするべきだったのか、新たな議論を呼びそうだ。

    紀藤弁護士「もう匿名は許されないのではないか?」

    小倉氏は2015年6月12日に出演した「とくダネ!」(フジテレビ系)で、元少年Aについて、「いま30歳過ぎている訳でしょ?自分の責任で本を書くのであれば、
    実名で書けばいいじゃないですか。そのぐらいの責任はあってしかるべきじゃないですか」と指摘した。

    同様の指摘は弁護士の紀藤正樹氏もしている。「もう匿名は許されないのではないか?」と題した6月11日のブログで、

    「自ら本を出す以上、少年時代の犯罪という点で、将来の更生のために与えられてきた『少年A』という『匿名』特権も許されることはないでしょう」

    と書いた。元少年Aの実名は、読者である国民にとって「知る権利」の対象になりうるとして、「それが『表現の自由』の『自己責任』の帰結」と述べた。さらに、
    「自ら匿名で『更生』の機会を得る権利を放棄したのも同様というほかありません」
    と主張した。

    こうした意見はツイッターなどネット上にも広がっていて、

    「少年法では保護されてない年齢なんだから、今更匿名で何言ってんだ」
    「『どのようなご批判も甘んじて受ける覚悟です』というのが本心なら元少年Aではなく実名で書くべきだったのでは」
    「ノンフィクションというなら少年Aではなく実名で出してこいと思う」
    といった書き込みがあった。

    【【酒鬼薔薇】「元少年A」手記は「匿名」でいいのか 小倉智昭「実名出版するぐらいの責任はあってしかるべき」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    Your SEO optimized title