1: ◆dy5OJynnfTQj 2018/03/05(月)11:27:46 ID:6bJ
deer-837439_640

 奈良市の奈良公園で2017年度、観光客らが鹿にかまれるなどの被害相談件数が過去最多の164件(170人)に上ったことが奈良県への取材でわかった。

 インバウンド(訪日外国人客)の増加に伴い、約8割が外国人という。
 「鹿せんべい」を与えている際に被害に遭うケースがほとんどで軽傷が多いというが、奈良県は注意を呼び掛ける動画を作成したり、看板を設置したり対策を進めている。

(省略)

 対策として、公園内には鹿との接し方を図で示し、注意書きした縦1・7メートル、横0・9メートルの緑色の看板を40か所設置。
 英語、中国語、韓国語、仏語で鹿についての注意点を伝える動画を作成し、閲覧できるように昨年12月には看板にQRコードを貼りつけた。

 同室の担当者は「餌の与え方を知ってもらい、けがを負わないことが最優先だ。
 今後は外国人向けのスマートフォンの観光アプリと連動して、動画の閲覧や注意を呼び掛けることを検討したい」としている。

全文はこちら
朝日新聞デジタル(2018年03月05日 07時23分/山本貴広)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180305-OYT1T50013.html?from=ytop_main7

引用元: ・【社会】奈良公園で「鹿にかまれた」…相談の8割外国人[H30/3/5]

【奈良公園で「鹿にかまれた」…相談の8割外国人】の続きを読む