相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    大塚家具

    1: ■忍法帖【Lv=23,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/08/14(火)12:28:37 ID:???
    main-pic

    なかなか経営を立て直すことができない大塚家具がついに身売り交渉に入った。黒字化できず、自力での再建は困難と判断してM&A(合併・買収)を模索する。

    赤字は3年連続で、久美子社長は何も結果を出すことができなかった。

    M&Aについては救済企業探しも難航している。

    ヨドバシカメラはすでに旨味がないと判断し「買う気はない」と断言。現在は貸会議室大手ティーケーピー(TKP)と台湾の企業グループ「能率集団」と交渉していると報じられている。

    大塚家具は一体何がいけなかったのか。テレビでは「現在の顧客は安くていいものが欲しい」「大塚家具はニーズの少ないそこそこの品質・価格を狙ってしまった」と解説された。

    (以下略)

    http://netgeek.biz/archives/124436

    引用元: ・【企業】大塚家具、身売りへ。久美子社長がついにギブアップ = netgeek[H30/8/14]

    【「大塚家具」ついに身売りへ。久美子社長ギブアップ】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)18:41:32 ID:H5j
    http://news.livedoor.com/article/detail/12513596/
    大塚家具・久美子社長、現金と預金が90億円減の異常事態

    main_all
    dly1602040039-f1

    そんな大塚家具の窮状を如実に物語るのが、11月に発表された第3四半期決算だ。
    「企業の短期的な支払い能力を示す“当座比率”の急激な悪化です」

    とは税理士の浦野広明氏。

    当座比率は「当座資産」を「流動負債」で割ることで求められる。

     1年以内に支払う必要がある負債を流動負債、反対に1年以内に現金化できる資産を流動資産と呼ぶ。

     そして、後者のうち、より換金しやすい資産が当座資産である。

    「一般的に当座資産は、現金と預金、受取手形と売掛金を足したものです。
    今回の財務諸表から導かれる当座比率は56%。これは前事業年度の158%を大きく下回っている。
    当座比率は100%以上が好ましく、80%を切ると要注意とされます。大塚家具の当座比率が悪化した原因は、期初に約109億円あった“現金及び預金”が、実に90億円も減り、およそ19億円になったこと。この減り方は異常と言えます」(同)

    引用元: ・【悲報】大塚家具がヤバすぎてヤバイ

    【【悲報】大塚家具がヤバすぎてヤバイ】の続きを読む

    ブログネタ
    旬なニュース速報 に参加中!
    3dc87aa5067d77b40715c85f9002adfe020f167b1424941256
    【【大塚家具】久美子氏が期限付で社長就任。長男弟の勝之氏に社長に譲る約束してたが譲る素振りが無く勝久氏に泣きついた】の続きを読む

    このページのトップヘ

    Your SEO optimized title