1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/02/26(金)07:39:30 ID:s4o
o048003601

 2月5日から3日間に亘って開催された、日教組による第65次教育研究全国集会(教研)は、
開催が被災県の岩手ということもあり、原発に関する報告も多かった。

(略)

■“父親が2人いるペンギン”

 最後に、「両性の自立と平等をめざす教育」の分科会も覗いておく。
静岡県湖西市の小学校の女性教諭は、1年生の学級活動について、

「自分の好きな色とランドセルの色を比べて話し合うことで、
性別にとらわれず色を選択できることに気づくことができた」

 と成果を強調。性差はあってはならないらしい。

 だから、こんな授業も現れる。三重県の小学校の女性教諭の報告だが、
父親が2人いるペンギンの紙芝居を見せ、同性愛について子どもたちに考えさせたという。
むろん、性的マイノリティを差別してはならないが、性差を否定し、オス同士が愛し合うことを
小学生に教えるのは、性的マイノリティを誘発することにすら繋がらないだろうか。

「性差の背景には、人間が培ってきた長い歴史や文化、伝統がある。
性差の無視は、歴史や文化を無視することでもあります」

 東京都国立市の元教育長で、教育評論家の石井昌浩氏はそう叱るが、
そもそも文化や伝統の否定は、洗脳と並ぶ日教組のお家芸。
子どもたちという人質を彼らの手から救い出すほかに、亡国の道を閉ざす手立てはなさそうだ。

Baidu20IME_2013-7-6_23-13-21

全文 デイリー新潮
http://www.dailyshincho.jp/article/2016/02250405/?all=1

引用元: ・【週刊新潮】「父親が2人いるペンギンの紙芝居」で小学生に説く「同性愛」 日教組の亡国教育はどこまでゆくのか [H28/2/26]

【「父親が2人いるペンギンの紙芝居」で小学生に説く「同性愛」 日教組の亡国教育はどこまでゆく】の続きを読む