相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    サツマイモ

    1: ■忍法帖【Lv=21,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/06/10(日)12:09:22 ID:???
    平昌五輪でカーリング女子日本代表が「おいしい」と絶賛した韓国のイチゴが、日本から流出した品種に由来するものであったと判明して大きな話題になったことは、記憶に新しい。
    このような問題は、他の農作物にも見られるようだ。
    韓国で人気のサツマイモ「べにはるか」も、日本で開発された品種が流出した一例である。

    201702231700569491_t

    べにはるかは、九州沖縄農業研究センター所長だった山川理氏が、2007年に開発した。
    山川氏のツイートによると、べにはるかは韓国での栽培面積の約半分を占めたという。
    「日本の研究者さん有難うと感謝され、複雑な気分でした」。
    さらに、海外では「日本から導入したムラサキイモの生産も始まっている。ジュースやいも蜜も登場。もとは日本発の成果だ」。

    (中略)

    「よくぞ韓国人好みのべにはるかを開発してくれたと喜ばれた」という。
    だが、
    「ライセンス料が日本に入ってこない。複雑な気持ちで、苦笑するしかありませんでした」
    「10年前から品種登録をすべきと権利保持者の農研機構(農業・食品産業技術総合研究機構)に言ってきたのに、手続きが煩瑣なこともあって怠ってきたために起きた結果だ」

    (以下略)

    http://tanteifile.com/archives/9992

    引用元: ・【農作物】 日本が開発したサツマイモの品種、韓国に流出!原因は公的機関の「怠慢」?[H30/6/10]

    【日本が開発した「サツマイモ」の品種、韓国に流出!】の続きを読む

    このページのトップヘ

    Your SEO optimized title