相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    クソゲー

    game_yatsuatari

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/10(日)12:50:04 ID:h0r
    1(二)超操縦メカMG
    2(中)ASH -ARCHAIC SEALED HEAT-
    3(右)MOTHER3
    4(三)ペーパーマリオ スーパーシール
    5(指)ヨッシーの万有引力
    6(一)ぶらぶらドンキー
    7(左)テトリスフラッシュ
    8(捕)スマブラWiiU
    9(遊)スターフォックスコマンド

    引用元: ・任天堂のクソゲーで打線組んだwwwwwwwwwww

    【任天堂のクソゲーで打線組んだwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2016/02/23(火)17:43:01 ID:T1u
    Etvideogamecover

    「史上最悪のゲームタイトル10本」に選ばれ、アタリ崩壊のきっかけにもなった
    伝説のクソゲーが「E.T. The Extra-Terrestrial」です。

    そんな史上最悪のゲームがどのようにして開発されたのか、開発者の1人だった男性がBBCのインタビューで当時を語っています。
    1982年のアタリは世界で最も成功していたIT系企業の1つです。アタリは当時、
    スティーブン・スピルバーグ監督の大ヒット映画「E.T.」のゲーム化権を買い取るため、
    2100万ドル(当時のレートで約52億3600万円)を支払いました。
    そんなE.T.を題材としたゲームデザインを任されたのは、ハワード・スコット・ワルショウさんというプログラマーの男性で、 当時のことを「私は動転しました。私のアイドルでもあるスピルバーグ監督が、ゲームを作るよう提案してきたんですから!」と話しています。
    Atari-Game-Over

    ワルショウさんはアタリでも評価の高かったゲームプログラマーで、それまでの実績から「信頼できる天才」としてスピルバーグ監督を含むアタリの上層陣に、名指しでゲーム開発者として選抜されたとのこと。
    「その日は私の人生に永久的に悪評がつきまとうことになる1日だったのです」とコメントするワルショウさん。
    当時アタリのCEOから直接E.T.のゲーム制作の話を受けた時は、「必ずやってみせます!」と意気込んでいたそうです。

    E.T.という大ヒット映画を題材にしながらも、「史上最悪のゲーム」という不名誉を受けた原因は、短すぎる開発期間がその一因だったとされています。通常、Atari 2600のゲームを1本作る場合、6カ月~8カ月の開発期間を要していたそうですが、E.T. The Extra-Terrestrialは、
    クリスマスシーズンに間に合わせるため、わずか5週間しか開発期間が与えられなかったとのこと。
    ワルショウさんのアイデアは、プレイヤーがE.T.を操って部品を集めることで、
    惑星間電話機を構成するというアドベンチャーゲームでした。開発中は眠る・食べるという時間が惜しい程に忙しく、ワルショウさんは自宅にも開発システムをインストールし、職場と自宅の間を運転する時以外は、コード入力の現場を2分以上離れないようにしていたほど、ストイックな開発環境で働いていたそうです。
    その結果、ワルショウさんは5週間という開発期間でE.T. The Extra-Terrestrialを納期までに完成させることができたわけです。
    コモドール64(C64)にホームコンピューター市場のシェアを奪われつつあったアタリは、
    E.T.のヒットが突破口になると多大な期待をかけていました。
    アタリはE.T. The Extra-Terrestrialの初回生産数を400万本を用意し、
    ゲームでは過去最大となる500万ドル(当時のレートで約12億4500万円)を広告キャンペーン予算として立てました。
    テレビCMは数週間にわたって放映され、スピルバーグ監督自らプロモーションビデオにも出演するなど、E.T. The Extra-Terrestrialは大々的に宣伝されました。

    しかし、急すぎる開発がアダとなり、E.T.が穴にハマったまま動けなくなるなどのバグが散見され、E.T. The Extra-Terrestrialは、アタリの期待とは裏腹に、子どもも大人も楽しむことができない内容になっていたのです。 それでも150万本が販売されましたが、初回生産分の400万本には遠く及ばず、1983年の第2四半期までに、アタリは3億1000万ドル(当時のレートで約736億2800万円)の損失額を発表することになりました。
    E.T. The Extra-Terrestrialは大量処分され、「ビデオゲームの墓場」と呼ばれる都市伝説を生み出し、アタリ市場は崩壊。1984年に親会社のワーナーによってアタリは分割されることになったわけです。

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    http://gigazine.net/news/20160223-man-who-made-the-worst-game/

    et26apr14-472548
    aptopix-atari-dig
    Atari-Dig_Jonathan

    関連記事
    ごみ廃棄場で数百個“発掘” 「伝説のクソゲー」がスミソニアン博物館のコレクションに
    http://www.sankei.com/world/news/141217/wor1412170017-n1.html

    「史上最悪のテレビゲーム」埋立て地から大量発見【動画】
    http://www.huffingtonpost.jp/2014/04/28/atari-et_n_5224860.html

    引用元: ・【ゲーム】「伝説のクソゲー」を開発してアタリ(ゲーム会社)を崩壊させた1人の男 [H28/2/23]

    【「伝説のクソゲー」を開発してアタリ(ゲーム会社)を崩壊させた1人の男】の続きを読む

    このページのトップヘ

    Your SEO optimized title