1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/17(木)22:23:53 ID:Uy9
image

「アンネの日記」、封印された「下ネタ」ジョーク明らかに

ナチス・ドイツから逃れようと隠れ家で生活していたユダヤ人少女による「アンネの日記」で、これまで公表されていなかった2ページ分の内容が15日、

明らかにされた。当時13歳のアンネ・フランクさんは、セ○クスについて思ったことや、性的なジョークを書き綴っていた。

アンネさんはオランダ・アムステルダムの隠れ家で潜伏生活を始めて間もない1942年9月28日、性的ないわゆる「下ネタ」ジョークを4つ、書き記していた。

色々な内容を書いては線を引いて消していたページで、「駄目になったこのページを使って、『下ネタ・ジョーク』を書くことにする」とアンネさんは書いた。

ジョークのほかに、性教育について数十行にわたり書き、自分が誰かにセ○クスについて説明する羽目になったら何と言うかを想像してみている。

売春婦についても言及している。日記の別の箇所には、売春婦というものについて父親から教わったと書かれている。

アンネさんはこうした内容を書いたこのページに、茶色い紙を上からのりで貼り付けていた。内容を家族の目に触れないようにするためだったとみられる

anne-frank-diary-960320


http://www.bbc.com/japanese/44134697

引用元: ・アンネ・フランクとかいう永遠に日記晒されてる女

【アンネ・フランクとかいう永遠に日記晒されてる女】の続きを読む