相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    マスコミ

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/30(火)04:34:59 ID:???
    oSRLeH1

     自民党の若手議員が開催した勉強会「文化芸術懇話会」における発言が、
    「報道機関への圧力」だとして批判されている。新聞各紙は「自民の傲慢は度し難い」(朝日)、
    「言論統制の危険な風潮」(毎日)などと怒りの拳を振り上げ、本紙も連日、
    この問題を詳しく報じているが、そのたびに4年半前の悲しい体験を思い出す。

     当時、私は政治部の「与党キャップ」という立場で永田町にいた。
    民主党が政権の座に就き、1年ちょっとたった時期だ。

     ある日、民主党の某議員から議員会館の自室に来るよう言われた。
    こうした場合は大抵、記事への抗議だ。重い足取りで部屋に向かったことを覚えている。

     以下、密室での話なのでA議員と記す。案の定、A議員には、その日の政治面の記事が「事実と異なる」と訴えられた。詳しく話を聞くと、
    確かに取材が甘かったことは否めない。
    私は素直に謝罪した。「訂正文の掲載かな」と覚悟していたところ、
    A議員は意外なことを言い出した。

     「書いた記者を外せ」

     断っておくが、「外してほしい」ではなく「外せ」という命令口調だ。最初は「冗談」だと思った。
    しかし、A議員の表情が「本気」だったので、すぐさま「それは話の筋が違う」と反論した。すると、A議員は別の記者の名前を挙げて
    「○○はいまだに××(記者クラブ名)にいるじゃないか。あいつも外せ」と言い放った。

     最近もテレビの討論番組でさわやかなお顔をお見かけするが、あのときのA議員とは別人のようで、自分が体験したことが自分でも信じられないときがある。

     もちろん、「外せ」と指摘された記者は「外される」ことなく、たくさんの記事を書いた。しかし、民主党はその後も、
    前原誠司政調会長(当時)のことを「言うだけ番長」と書いたら、
    記者会見から本紙記者を排除した。別の記者は、菅直人首相(同)の記者会見で挙手しても挙手しても無視され、ついに質問の機会を与えられなかった。
    【【報道機関への圧力】民主議員「書いた記者を外せ!」 政権担当時にも“報道圧力”】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/06/29(月)17:20:15 ID:AGv
    dWCDZUQ4Wk7Pbck_20215

    百田尚樹氏「私が沖縄の二紙に対して『つぶれろ♪』と発言したものだから、マスコミが一斉に攻撃! まさしく集団的自衛権の行使(^^)」

    百田尚樹 ?@hyakutanaoki

    私が沖縄の二紙に対して「つぶれろ♪」と発言したものだから、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞その他の新聞、テレビ局なども、一斉に百田尚樹攻撃!
    まさしく集団的自衛権の行使(^^)

    @hyakutanaokiさんのツイート(https://twitter.com/hyakutanaoki/status/615352992254963712?s=09)をチェック


    これ反論できる?
    【百田尚樹「私の発言に対してマスコミが一斉に攻撃! まさしく集団的自衛権の行使(^^)」】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/28(日)19:42:44 ID:???
    150526tokyou411

    自民党議員の勉強会「文化芸術懇話会」で報道機関を威圧する
    発言などが出た問題で、元放送局員や視聴者らでつくる
    市民団体「放送を語る会」は27日、安倍晋三首相に謝罪を求める抗議文を送った。
    【【市民団体】報道威圧発言『放送を語る会』が抗議文 安倍首相に「謝罪」を要求】の続きを読む

    1: Ergo Ewigkeit◆FdDsU0B5ivx5 2015/06/28(日)16:20:37 ID:???
    257723374-1435463165_l

    講演後、百田尚樹氏と報道陣の主なやりとりは次の通り。

    -発言内容が外に出るとは想定していなかったのか

    冒頭だけ入れるが、その後の会話は取材はだめとなった。仮に聞いたとしても、それを書くのはルール違反だと思っている。
    普天間の話も、金目当てなんて、一言も言っていない。ところが記事に平気で書くでしょ。

    -ツイッターで、つぶれてほしい新聞は毎日新聞と朝日新聞と。その意味は

    きらいやもん。好き、きらいに意味あるんですか。あえていうと、記事に嘘がある。
    以前から。毎日新聞は特に、外国人向け(英文サイト)がひどかった。日本人がいかに変態で、どうしようもない民族であるということを英語で世界中に配信した。

    -安全保障法案の審議に影響があると言われている

    野党は僕の発言をうまく利用している。きたないですね。一民間人の作家がいって、あくまで内輪の状況の中で、
    しかも、軽口で出て、雑談の中で飛び出した一言。それを正式取材もしないで、大げさにいうようなことは本来おかしい。

    ぼくは、いろんなところでいっぱいものを書いている。雑誌や週刊誌やツイッターは不特定多数に向けて書いているんで、
    これを問題にするには構わない。それは受けて立ちます。けれど、内輪の席で、軽口の一言だけ取り出して、
    その言い方がどんなニュアンスだったかとかいっさい考慮せず、その一言だけを取り上げて、大騒ぎするのは、非常に卑劣できたないやり方だと思う。
    【【マスコミ】百田尚樹氏「毎日新聞は英語で日本人がいかに変態で、どうしようもない民族であるという嘘の記事を世界中に配信した」】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/28(日)10:54:28 ID:???
    img_0_m

    自民の報道批判 民主主義への挑戦だ

     自民党議員からまた「暴言」が飛び出した。広告主に働き掛けて
    自分たちの意に沿わない報道機関を懲らしめるのだという。
    民主主義の根幹をなす言論の自由への重大な挑戦であり、看過できない。
    (略)

     勉強会は冒頭以外は非公開だったが、本紙を含めた報道を受けて安保法制関連法案を
    審議する衆院特別委員会でも問題視された。浜田靖一委員長が発言はあったと確認し、
    「甚だ遺憾」と述べた。
     発言の背景には安保法案への反対が依然、国民の多数を占めることへのいら立ちがあるのだろう。
     しかし、「憲法違反」と指摘される法案を国民に理解しろということ自体、無理がある。
    法案に批判的な報道機関に責任転嫁するような愚を犯すのではなく、なぜ自らの非を認めようとしないのか。

     報道機関の重要な収入源である広告の出稿を、広告主に要請して止めれば、
    報道側が音を上げ、権力が意のままに操れる。そう考えているのなら勘違いも甚だしい。
    【【東京新聞】広告の出稿を止めれば、我々が音を上げ、意のままに操れると考えているのなら勘違い甚だしい。】の続きを読む

    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/06/27(土)19:24:49 ID:???
    9a72e167-s

     自民党は27日、安倍晋三首相に近い議員でつくる勉強会「文化芸術懇話会」で、
    沖縄の地元紙をはじめ報道機関を威圧するなどの発言が出た問題に関連し、
    懇話会代表の木原稔・党青年局長を更迭する方針を固めた。野党が厳しく批判して
    おり、安全保障関連法案の審議への影響を懸念し、早期に事態収拾を図る必要がある と判断した。

     党執行部の一人は27日、「青年局長の更迭は当然。世が世なら切腹ものだ。
    勉強会で問題発言したのは別の議員かもしれないが、責任は免れない」と語った。

     25日の勉強会の初会合では、出席議員から「マスコミを懲らしめるには広告料
    収入がなくなるのが一番」などと政権に批判的な言論を封じるような声が出た。
    また、沖縄のメディア事情について質問した議員に、講師として招かれた作家の
    百田尚樹氏が「沖縄の二つの新聞社は絶対つぶさなあかん」などと語っていた。

    (中略)

    自民の佐藤勉国会対策委員長は26日、国会内で木原氏を呼んで事情を聞き、
    「委員会に迷惑をかけている。しっかり反省して欲しい」と注意。
    木原氏自身も陳謝していた。
    【【朝日デジタル】木原・自民青年局長を更迭 党幹部「世が世なら切腹」】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/27(土)11:48:01 ID:???
    CIaoQvOUMAQBN5R

     自民党の若手議員による勉強会「文化芸術懇話会」で報道機関に
    圧力をかけるような発言が出た問題で、同党は27日、
    同会代表の木原稔氏を党青年局長から更迭する方針を固めた。党幹部が明らかにした。
    世論の批判が強いことや、安全保障関連法案の審議への影響を懸念し、
    党としてのけじめが必要と判断したとみられる。
    【【マスコミ批判】自民青年局長、木原稔氏を更迭方針…安保審議へ影響懸念】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/27(土)17:48:30 ID:???
    131010bestdresser_hyakutanaoki01_1200

    百田尚樹氏「本当につぶれてほしいのは朝日新聞」
    The Huffington Post | 執筆者:中野渉
    投稿日: 2015年06月27日 10時49分 JST 更新: 2015年06月27日 10時50分 JST

    作家の百田尚樹氏が自民党の勉強会で「沖縄の二つの新聞社はつぶさなあかん」
    などと発言した問題で、百田氏は6月27日、自らのTwitterで、言論弾圧には断固反対との
    姿勢を示す一方、「炎上ついでに言っておくか。私が本当につぶれてほしいと思っているのは、
    朝日新聞と毎日新聞と東京新聞です」などと持論を展開した。

    【【話題】百田尚樹氏「炎上ついでに言っておく、本当につぶれてほしいのは朝日新聞」】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/27(土)10:52:08 ID:???
    news90

     松井一郎・大阪府知事(維新の党顧問)は26日、
    自民党議員の勉強会での百田尚樹氏の発言をめぐり
    「(メディアに)『圧力をかけよ』と言ったのは自民党。
    自民党をたたくのはいいが、講師として行った百田さんにも表現と言論の自由はある」と擁護した。
    さらに「ここぞとばかりに復讐(ふくしゅう)だな。
    朝日(新聞)と毎日(新聞)は、百田さんの表現と言論の自由を奪っているのではないか。圧力をかけて」
    などと、発言についての報道にも疑問を呈した。(略)
    【【新聞批判】松井一郎・大阪府知事「百田さんにも言論の自由ある」 】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/26(金)14:39:42 ID:???
     ダウンロード

    作家の百田尚樹氏(59)が26日、自身のツイッターを更新。
    前日25日に自民党の若手議員が党本部で開いた憲法改正を推進する勉強会
    「文化芸術懇話会」の初会合に講師として招かれ、
    「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」などと発言したことについて
    「講演で言ったものではない。講演の後の質疑応答の雑談の中で、冗談として言ったものだ」と釈明した。

    (略) 百田氏は前日25日夜には「ギャグで言った言葉を切り取られた。
    しかも部屋の外から盗み聞き!卑劣!それにしても、報道陣は冒頭の2分だけで退室したのに、
    ドアのガラスに耳をつけて聞き耳してるのは笑った。しかし、正規の取材じゃなくて
    盗み聞きを記事にするのは、ルール違反だし、卑劣だろう!」とツイートした。
    【【勉強会】百田氏「沖縄2紙つぶせと言ったが、あれは冗談だ」「しかし部屋の外から盗み聞きとは卑劣!」】の続きを読む

    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/06/26(金)06:55:51 ID:???
    15-06-26-04-580x327

     安倍晋三首相に近い自民党の若手議員約40人が25日、憲法改正を推進する
    勉強会「文化芸術懇話会」の初会合を党本部で開いた。

     安全保障関連法案に対する国民の理解が広がらない現状を踏まえ、報道機関を
    批判する意見が噴出した。講師として招いた作家の百田尚樹氏に助言を求める
    場面も目立った。

     出席者によると、百田氏は集団的自衛権の行使容認に賛成の立場を表明した上で、
    政府の対応について「国民に対するアピールが下手だ。
    気持ちにいかに訴えるかが大事だ」と指摘した。

     出席議員からは、安保法案を批判する報道に関し「マスコミをこらしめるには
    広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働き掛けてほしい」との声が上がった。

     沖縄県の地元紙が政府に批判的だとの意見が出たのに対し、
    百田氏は「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない。あってはいけないことだが、
    沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」と主張した。
    【【文化芸術懇話会】百田尚樹氏「沖縄の2つの新聞はつぶさないと」発言 ~出席議員「マスコミをこらしめる」】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/26(金)00:19:39 ID:???
    AS20150626000072_comm

     安倍政権と考え方が近い文化人を通し、発信力の強化を目指そうと、
    安倍晋三首相に近い若手議員が立ち上げた勉強会「文化芸術懇話会」
    (代表=木原稔・党青年局長)の初会合が25日、自民党本部であった。
    出席議員からは、広告を出す企業やテレビ番組のスポンサーに働きかけて、
    メディア規制をすべきだとの声が上がった。

     出席者によると、議員からは「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番。
    経団連に働きかけて欲しい」「悪影響を与えている番組を発表し、そのスポンサーを列挙すればいい」
    など、政権に批判的な報道を規制すべきだという意見が出た。
    【【政治】自民勉強会「経団連に働きかけ、マスコミ懲らしめを」】の続きを読む

    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/06/23(火)20:52:10 ID:???
    おきなわ

     沖縄戦が終わって70年。今年も沖縄慰霊の日を迎えた。今もなお、米軍基地が
    集まる沖縄は現在、「イデオロギーよりアイデンティティー」との知事の訴えの
    もとに、県民の結束を高めている。さらに、何度目かの「独立論」も浮上。
    「本土の捨て石」とされた沖縄は、どこに向かうのだろうか。

    ■「日米の植民地」と反発
     「アメリカに従属する日本政府の統治下にある限り、基地はなくならない」

     今月2日、東京都内の日本記者クラブでの会見で龍谷大教授の松島泰勝さんがそう
    語った。松島さんは、2013年に設立された「琉球民族独立総合研究学会」の共同
    代表。沖縄を「日米の植民地」と位置づけ、「琉球人の琉球人による琉球人のための
    独立」を目指す。

     「沖縄独立論」は、1879年に琉球藩を廃して沖縄県とした「琉球処分」、
    1945年の終戦、72年の日本への「復帰」などの節目に、沖縄の人たちの間
    から湧き上がってきた。
     日本女子大助教の高橋順子さんによると、60年代までの主な独立論は、日本への
    復帰で米国の支配から脱することを目指していた。本土復帰が決まると、今度は日本
    への統合が進み、民族の独自の文化や精神が揺らぐ危機意識から独立を求める「反復
    帰」の議論が起きた。ただ「反復帰」は、政治的独立を求めるまでには至らなかった。

     独立論に変化がみられるのは90年代以降。冷戦終結後も米軍基地は残り、95年
    には米兵少女暴行事件が発生。高橋さんは「冷戦後の世界の民族独立の動きにも影響
    を受け、先住民族の自決権に基づいて、政治的な独立を求める議論が目立つようになっ
    た」と話す。

     松島さんたちは、現在、沖縄県内で起きている大きな流れに独立論を乗せようとし
    ている。
     昨年11月の県知事選は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設
    に反対する翁長雄志氏が当選した。翁長氏は、「イデオロギーよりアイデンティティ
    ー」と訴え、保守の一部と革新との団結を実現させた「オール沖縄」が支えた。

     昨年の名護市長選や衆院選でも辺野古移設反対の民意が示された。「沖縄のことは
    沖縄で決める」という、自己決定権の主張は、沖縄で強くなっている。

     政治学者の姜尚中さんは「沖縄は動きだしています。歴史を掘り起こし、アイデンテ ィティーを見つけました。(略)琉球ナショナリズムは根強い広がりを見せるでしょ う」(AERA3月9日号)と分析。作家の佐藤優さんも「安倍晋三政権の辺野古への
    新基地建設に対する姿勢は、沖縄からすれば植民地主義そのものである。(略)自分の
    身は自分で守るしかないと沖縄人は感じている」(週刊エコノミスト5月12日号)と 指摘している。
     「『オール沖縄』は、琉球ナショナリズムとも言えるし、それが独立運動の原動力に なっている」と松島さんは話した。
    【【朝日デジタル】沖縄はどこへ向かうのか 「独立論」も再浮上 ~「本土の捨て石」とされた沖縄】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/23(火)11:13:41 ID:???
    201309151952450e7

     思えばすぐにできること。韓国徴用工の歴史を書き加えて、世界遺産問題が決着。薄暗い空に雲の切れ間広がれ。

     「あか」は「くろ」の反対とか。安保法制にレッドカードで世を明るくする女の平和デモ。街頭を夏の色に染め。

    【【朝日新聞】思えばすぐにできること。韓国徴用工の歴史を書き加えて、世界遺産問題が決着。薄暗い空に雲の切れ間広がれ】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/23(火)14:31:35 ID:???
    0664e45a

    朝日新聞が、東亜(トンア)日報が15日付から連載を始めた
    韓日国交正常化50周年記念企画シリーズ「日韓、新たな隣国に向かって」を取り上げた。
    日本の新聞が海外新聞の連載を紹介するのは異例のこと。
    同紙は、大阪版夕刊19日付の社会面に、「日韓古代交流再び、ゆかりある土地の旅」
    と題する記事で、「22日で日本と韓国が国交を正常化した基本条約調印から50年になる…
    植民地支配の歴史認識をめぐる葛藤が続く中、韓国では古代の交流に注目する動きが出ている」
    とし、本紙のシリーズを詳しく紹介した。
    【【朝日新聞】「日韓2000年の関係を蘇らせなければ」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    Your SEO optimized title