相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    動・画像ネタ

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/03/29(日)22:14:17 ID:???
    ネズミやネコ、人間などあらゆる生き物の脳に寄生し、宿主の行動をねじ曲げたり健康に害を及ぼすという恐るべき寄生生物が「トキソプラズマ」です。どういった生き物でどのような影響を及ぼすのかについて、インディアナ大学医学部にて教授を務めるグスタボ・アリサバラガ氏とビル・サリヴァン氏が明かしています。

    Common Parasite Could Manipulate Our Behavior - Scientific American
    http://www.scientificamerican.com/article/common-parasite-could-manipulate-our-behavior/

    ネズミはネコに対して根本的な恐怖心を抱いています。これは、ネズミを「死」から守るための感覚なのですが、不運にもネズミにはもうひとつ、恐るべき敵が存在します。それが単細胞生物の「トキソプラズマ」で、これは寄生したネズミの最も根本的な生存本能である「ネコに対する恐怖心」を感じなくさせてしまうという恐るべき寄生生物です。

    トキソプラズマが寄生するのはネズミだけでなく、陸・海・空のあらゆる恒温動物に寄生し、もちろん人間にも寄生します。
    科学者によれば、世界中でトキソプラズマに寄生されている人間はなんと30億人も存在するとのことです。

    95748599

    アメリカでは5人に1人がトキソプラズマに寄生されていると言われており、国によってはその寄生率が95%に達するところも存在するそう。
    ただし、ほとんどの人の場合、トキソプラズマに寄生されても何の症状も現れないことも
    明らかになっています。しかし、最近の研究ではトキソプラズマは恒温動物の脳内の分子構造を改造していることが明らかになっており、研究者の中にはトキソプラズマが人間の健康状態や性格をゆがめる作用を持っている、と提唱する人も現れています。

    (略)

    ◆トキソプラズマがネズミの行動をねじ曲げる

    1980年代、研究者はトキソプラズマに感染したネズミが、極端に活動的になり、身繕いをほとんどしなくなるという異常な挙動に気づきました。そして1994年、オックスフォード大学の疫学者であるジョアン・ウェブスター博士が、嚢胞を体内に持つネズミは持っていないネズミと異なり、ネコから逃げようとせずに逆に近づいていくことを発見しています。

    39b6044f

    ウェブスター博士はこの「ネズミがネコにすり寄っていく現象」について調査を行い、これはネズミの体内に寄生するトキソプラズマが終宿主であるネコの体内に移動するためにネズミを操っているのではないか、と推測しました。
    その後の複数の研究から、トキソプラズマは神経作用と遺伝子発現によりネズミの行動を変えてしまうことが判明しています。

    ある実験では、トキソプラズマに感染したネズミと感染していないネズミにネコのニオイをかがせてその反応を調査しています。
    この実験ではトキソプラズマに感染していないネズミが周囲を警戒し始めたのに対し、感染しているネズミは全く警戒心を示さなかったそうです。さらに、2011年にスタンフォード大学で行われた研究では、トキソプラズマに感染したネズミがネコのニオイに性的に興奮して引きつけられる、ということも明らかになっています。

    以下略 全文 ライブドア/GIGAZINE
    http://news.livedoor.com/article/detail/9940433/

    引用元: ・【科学】人間の体内にも寄生している寄生生物が宿主の行動や性格をゆがめていることが判明 [H27/3/29]

    【【閲覧注意】人間の体内にも寄生している寄生生物が宿主の行動や性格をゆがめていることが判明(画像あり)】の続きを読む

    ブログネタ
    世界のビックリ面白事件 に参加中!
    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/03/30(月)00:05:01 ID:???
    今月24日に「YouTube」で公開された1本の動画が、
    現在世界中のUFO愛好家たちの注目を集めている。
    というのも、米国・ネバダ州で、警察車両に誘導されながら
    トレーラー輸送されるUFOの姿が捉えられたようなのだ。
    しかも撮影場所が、あの「エリア51」付近の路上だったというのだから、
    これは一大事である!
    しかし一方で、「これは米軍の最新鋭ドローン(無人航空機)ではないか」
    という興味深い説も唱えられているようだ。
    それによると、今回のUFOは、米国の軍需企業ノースロップ・グラマンの最新鋭
    ドローン「X-47B」に酷似しているという。
    ちなみに「X-47B」は、過去にもトレーラー輸送される光景が目撃されており、
    UFOではないかと周囲の人々を驚愕させてきた経緯がある。

    https://www.youtube.com/watch?v=42Kgdc98NVs


    http://tocana.jp/2015/03/post_6084_entry.html
    【【特報】巨大UFOの輸送を激写!! 向かう先は「エリア51」か!?(動画あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ

    Your SEO optimized title