相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    著名人

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/01(月)12:19:33 ID:???
    [江川達也]<日本の学校に足りないのは「戦争」という授業>
    アホの巣窟・戦後日本を正すために漫画家になったのだ

    photo119_01

     「政治家は戦争の勉強を全くしていない。」
    これは、「戦前」の石原莞爾(1889~1949・陸軍中将)の言葉。

    「教養のある政治家」近衛文麿のボンクラ振りにほとほと疲れ果てた石原莞爾の痛切な悩みだったのだろう。
    政治家には、教養より先に必要な勉強がある。それが、戦争に対する最低の知識と考察、そして独自の哲学だ。

    外交も政治家の仕事の一つだ。外交の先には戦争が存在する。馬鹿でも分かる話だ。戦略は政治と密接につながっている。
    というより、政治なくして戦略なしだ。

    この視点で江戸中期から幕末、明治、大正、昭和、平成を見てみよう。明らかに政治を行っている人の戦略的視点がどんどん劣化している。
    しかも、今の政治家は「今が一番進化してる」と勘違いしている。最も劣化した人間が過去の人より優秀だと自分にうぬぼれてるので、
    過去の人の苦労や優秀さが全く見えて来ない。

    吉田松陰は軍学者だ。政治家というより、軍人だ。参謀だ。江川英龍は武士だ。軍人だ。西郷隆盛も軍人なのである。

    幕末に活躍した人物のほとんどが軍人なのだ。だから、軍人としての戦略眼を持って動いていた。
    戦略的視点からの政治や経済を考えていた。戦争論的な視点を持たずに幕末を描くから戦後のドラマはとんちんかんなものになってしまう。
    松蔭先生が頭のおかしい人に見えてしまう。

    坂本龍馬は商人だから戦略眼はあまり持ってない。
    明治の政治家はみんな叩き上げの戦争に指揮官として参加したサムライ、そう武官だった。軍人だったし、参謀だった。

    日清戦争を主導したのは、外務大臣の睦奥宗光と陸軍参謀次長川上操六で、その時の総理大臣は伊藤博文。
    参謀総長は宮様だった。外務大臣の睦奥宗光は、ばりばりの軍人だった。ひきずられた総理大臣の伊藤博文も叩き上げの軍人だ。睦奥宗光は、

     「外交に於いては被動的立場をとり、軍事に於いては主導的立場をとる。」

    という方針を常に意識の最重要課題として川上操六とともに動いた。(略)

    戦後になり、政治家の戦争への勉強はますますゼロに近づいて行った。一般でも戦史を研究する人は稀となり、
    自衛隊の防衛大学ですら、戦史はみなの嫌いな科目だそうだ。戦後の政治家は驚くほど、阿呆だということになる。

    政治家だけでなく、日本人のほとんどが阿呆だろう。戦争を反省するなら、戦争を分析し尽くして、
    どうしたら回避できたか、出来るかを一生懸命考えるのがまともな脳を持ったヒトの所業だろう。
    戦争を反省することが、戦争を全く頭の中で考えないことになった戦後日本は阿呆の巣窟じゃないだろうか。

    日本の学校に足りない授業は、「戦争」という授業だと思う。

    【【教育】漫画家の江川達也氏 日本の学校に足りないのは「戦争」という授業】の続きを読む

    pyoco

    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/05/15(金)12:56:58 ID:???
    漫画家が原稿料未払いの出版社にブチギレし、インターネット上で
    一部始終を激白し、物議をかもしている。
    原稿料未払いの件だけでなく、金額、当初の締め切り、度重なる出版社の 嘘、出版社名、担当者名、そのすべてを暴露している。

    【【漫画家】ピョコタン先生が原稿料未払い出版社にブチギレ激怒! ネット生放送で出版社に乗り込む】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/05/07(木)02:08:33 ID:HaK
    アニメ劇場版パトレイバーの監督やんの嫌だった、嫌いとか言ってんの見るとムカついてくるな
    職業監督だから好き嫌いは関係ないつーのわからんでもないけどそんなこと抜かすなら実写に関わるなよって思った 
    6q59ikcjk8y11298532996313
     

    【押井守ってすごい監督だと思ってたけど今やってた対談番組見て気が変わった】の続きを読む

    ブログネタ
    映画に関すること に参加中!
    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/05/06(水)10:14:18 ID:???
    【話の肖像画】映画字幕翻訳者・戸田奈津子(3)「私に向いている」揺るがず

     〈映画の字幕翻訳で戸田さんといえば、いまやその名前を知らない人はいない。しかし、本格的に翻訳を手がけるようになったのは
    40歳を過ぎてからだった〉
    image_130204095300000000_0_1

     字幕翻訳者になることをあきらめられなかったのは、映画が好きで、
    字幕翻訳が私にあっているという直感があったからです。その確信は絶対に揺るぎませんでした。

     
    【【話題】映画字幕翻訳者・戸田奈津子「私に向いている」揺るがず】の続きを読む

    ブログネタ
    雑学 に参加中!
    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/05/01(金)02:15:32 ID:???
    天文物理学者のスティーブン・ホーキング氏は、これからの1000年に
    人類が地球を捨てなかった場合、絶滅の恐れがあるとの見方を示した。

    ホーキング氏のこの声明は、シドニー歌劇場で行われた衛生中継で表された。
    観客らはケンブリッジの事務所にいるホーキング氏のホログラム像を見つめた。ABC放送が伝えた。

    【【悲報】ホーキング博士「地球を捨てなければ人類は絶滅する」 タイムリミットは・・・】の続きを読む

    ブログネタ
    日本の政治 に参加中!
    1: とらねこ◆EDwr815iMY 2015/04/26(日)03:30:46 ID:8xs
    安倍晋三の「A」はアドルフ・ヒトラーの「A」芥川賞作家の野心作
    2015/4/25(土)18:00 新刊JPニュース

     出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』!
     第67回の今回は、2月に新刊『宰相A』(新潮社/刊)を刊行した田中慎弥さんです。
    951384ed9fe30619a009adbc9019aae8

     小説家の「T」が迷い込んだパラレルワールドの日本と、日本人を差し置いてその地を支配するアングロサクソン。そして首相の名前は「A」…。
     あからさまにモデルが特定できる挑戦的なタイトルと、タイトル以上に過激な内容が、昨年文芸誌上で発表されて以来大きな話題を呼んでいるこの作品はどのように構想され、書き上げられていったのでしょうか?

    ■『宰相A』に映し出される戦後日本、そして現代日本
    ――田中さんの新刊『宰相A』についてお話を伺えればと思います。
    以前、他媒体のインタビューで田中さんが小説の書き方についてお話されていて、「構想を固めてから書く」というやり方ではなく、一行一行手探りで書くということをおっしゃっているのを読んだのですが、今回の作品もこのやり方で執筆されたのでしょうか。

    田中:基本的にはそうなのですが、今回の場合は極端な世界を書いたので、ある程度外枠は決めました。そこのところは今までの作品とやり方が違っているかもしれません。
    ただ、書き始めた後はいつものように一行一行でしたね。

    ――『宰相A』の「A」はやはり…

    田中:「安倍晋三」の「A」なのですが、もう一つ裏テーマのような感じでアドルフ・ヒトラーの「A」という意味合いもあります。「A」の演説の時の仕草などはヒトラーの仕草をちょっと盛り込んでみたりもしました。まあ、でも安倍さんですよ。

    ――確かに、「A」の見た目の描写を読むと、安倍首相ともヒトラーとも取れました。

    田中:それはもう、意識して書きましたからね。単純にあの二人の顔が似ているなというのは以前から思っていて、最後まで「A」に口ひげを生やそうかと考えていたのですが、それはさすがにやりすぎかなと思って仕草だけにしました。
    (以下略)

    詳細のソース
    http://news.nicovideo.jp/watch/nw1563424

    【【書籍】芥川賞作家の田中慎弥『安倍晋三の「A」はアドルフ・ヒトラーの「A」 』】の続きを読む

    ブログネタ
    旬なニュース速報 に参加中!
    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/04/13(月)11:54:17 ID:???

     著作権管理会社「m2ladeJAM」(マーマレードジャム、東京都葛飾区)が、
    法人税約3000万円を脱税したとして、東京国税局が同社と「橙乃ままれ」のペンネーム
    で知られる小説家の梅津大輔代表(41)を法人税法違反容疑で東京地検に告発していたこ
    とが13日、分かった。

     関係者によると、梅津代表は2009年ごろからインターネット上に、ファンタジー小説
    「まおゆう魔王勇者」や「ログ・ホライズン」を投稿。
    人気が出たため書籍化やアニメ化され、m2社は出版社などから著作権使用料を受け取って
    いた。

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ

    時事ドットコム 4月13日付け
    http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2015041300276

    【【小説家】「まおゆう」「ログ・ホライズン」の作者「橙乃ままれ」脱税容疑で告発】の続きを読む

    ブログネタ
    いま話題の人 に参加中!
    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/04/10(金)15:49:24 ID:???
    「原子力発電所」ではなく、「核発電所」と呼びませんか? 村上春樹さんが呼びかけている。
    『危険性を国民の目からなんとかそらせようという国の意図が、最初から見えているようです』が理由。


    続き BLOGOS/武蔵野市議 川名ゆうじ blog
    http://blogos.com/article/109523/

    【【村上春樹】「原子力発電所」ではなく 「核発電所」と呼びませんか?】の続きを読む

    ブログネタ
    旬なニュース速報 に参加中!
    1: 名無しさん@おーぷん 2015/04/08(水)14:05:36 ID:Des
    漫画家の藤原ここあさん死去

    妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス)』などで知られる漫画家の藤原ここあさんが、3月31日に亡くなった。 
    81T8KXB0JUL


    藤原さんが連載していたスクウェア・エニックス「ガンガンJOKER」公式サイトで発表された。取材に対し、編集部は「死因は病気」と明かしたが、それ以上は公表されなかった。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150408-00000329-oric-ent


    マジかよ…

    【【訃報】漫画家の藤原ここあさん死去】の続きを読む

    ブログネタ
    いま話題の人 に参加中!
    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/04/01(水)13:32:22 ID:???
    「この前、ささやかに四十九日法要をやりました。簡単ですけど供養をしまして。お世話になった方に集まっていただいて、
    お経をあげました」

     本誌にそう打ち明けたのは、ジャーナリスト・後藤健二さん(享年47)の義父・石堂行夫さん(78)。

     両親の嘆願もむなしく、1月30日、健二さんがイスラム国の凶刃に倒れてから50日あまり。
    行夫さんは、健二さんの母親・石堂順子さん(78)の夫で、健二さんとは義理の親子として、生前から親しく交流していた。

     自宅に行くと、白い布がかけられた祭壇の真ん中には、精悍な顔つきの健二さんの遺影が掲げられていた。
    しかし、肝心の遺骨はないまま。順子さんが供えたという花と一緒に、全国から届いた約300通の手紙も供えられていた。

     人質事件の最中には、マスコミの取材に、健二さんが結婚していたことも知らず、孫が生まれていたことも
    知らなかったと語っていた、石堂さん夫妻。後藤さんの死から50日が過ぎ、現在は嫁や孫との交流があるのだろうか。

    「いや、会ってません。(殺害後に)私らのほうで訪ねて行ったんですよ。それでもドアも開けてもらえず、
    居留守を使われて全然出てきませんしね。孫にも会ってません。だいたい、1月23日に家内が外国人記者クラブで
    会見したでしょ。あの日の朝早くに、『健二の妻です。会見なんかやめてください』と電話がかかってきたんですよ。
    それ以来、連絡すら一回もないですね。だから、もう私らは会う気もないです。
    本来なら、あちらからウチに来てもおかしくないんですけどね」

    続き Yahoo!/女性自身
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150401-00010007-jisin-soci



    【【話題】故・後藤健二さん両親告白「嫁には居留守を使われ、ドアも開けてもらえません…」】の続きを読む

    ブログネタ
    「もっと検証・反省すべき」と考える報道内容は? に参加中!
    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/03/29(日)18:27:13 ID:???
    ファクトを軽視する彼ら

     カリフォルニア州弁護士の肩書を名乗る人間として、私は様々(さまざま)な場面で、
    常に「ファクト(事実)」を重視する。

     法律家の仕事はクライアントの依頼内容を聞いた後、必ずファクトの収集からスタートする。
    その思考法が脳内に染みついているのだ。

     かつて報道番組のコメンテーターを務めたとき、法律家によく似た仕事だと感じた。
    世界中に無数に散らばるファクト(情報)を収集整理し、それを自分の知識や経験、
    価値観に当てはめて見解をコメントする仕事だったからだ。

     見解をテレビで話せばコメンテーターと呼ばれ、新聞や書籍に書けばジャーナリスト
    と呼ばれるのかもしれない。だから私はジャーナリストに強い親近感を覚える。

     そんな私が昔から尊敬するジャーナリストの櫻井よしこ氏と、公平公正でありながら
    鋭い切り口に定評がある花田紀凱(かずよし)氏の共著なだけに、本書は常にファクトを
    意識させる作りになっている。

     私は長年、いわゆる従軍慰安婦問題に関心がなく、「なんとなく」信じていた。
    現在は、ファクトを積極的に収集・検証しなかった当時の自分の態度を反省している。

     だから明確なファクトを数多く提示し、様々な角度から朝日新聞の嘘と、
    欺瞞(ぎまん)に満ちた歴史を簡潔に教えてくれる本書は、資料として貴重なだけでなく、
    読んでいて安心感と心地良さを覚えた。

     日米両国とも、リベラルと呼ばれる人々は、イデオロギーを優先するあまり、
    ファクトを軽視する傾向がある。

     正義を気取るリベラル紙の文章は、臆測と揚げ足取りをベースに、被害妄想と
    陰謀論を掛け算し、隙間を罵詈(ばり)雑言で埋めたものが目立つ。

    続き 産経ニュース
    http://www.sankei.com/life/news/150329/lif1503290018-n1.html
    http://www.sankei.com/life/news/150329/lif1503290018-n2.html

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 15◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1427016956/508

    【【書評】ケント・ギルバートが読む 『「正義」の嘘 戦後日本の真実はなぜ歪められたか』】の続きを読む

    このページのトップヘ

    Your SEO optimized title