IMG_2734

1: 名無しさん@おーぷん 19/05/05(日)07:57:08 ID:paa
生活リズムがおかしいから、もしレスが来たときの返信が遅かったりするけどごめんね

引用元: ・幽霊とかそういう類いのものと戦うお仕事してるけど質問ある?

2: 名無しさん@おーぷん 19/05/05(日)07:58:58 ID:paa
たまに自分の体験談とか投稿したりするよ

3: 名無しさん@おーぷん 19/05/05(日)08:01:54 ID:paa
ちょこっとだけ自分語りするね
現在進行形で仕事は続けてるんだけどそろそろ辞めたくて、でもこんな業界?というかそういう世界で過ごしてきたから今更一般の就職してもうまくいくと思わないし、宝くじ買って当てたら隠居生活するつもりなんだ

4: 名無しさん@おーぷん 19/05/05(日)08:02:26 ID:paa
それだけw

5: 名無しさん@おーぷん 19/05/05(日)11:31:54 ID:eDp
幽霊と戦うってさ、どんなやつと戦ったの?

6: 名無しさん@おーぷん 19/05/06(月)06:45:37 ID:4XE
>>5
色々あるけど、事故物件にいるおじさん(らしい)幽霊とか心霊スポットに行った若者に憑いた霊の集合体みたいな奴とか、あとネットに転がってる降霊術のやつを試してみてたまたま変なのに憑かれたやつとか、地縛霊になってそこを通る人にちょこっと悪影響を及ぼす奴とかだな

7: 名無しさん@おーぷん 19/05/06(月)06:47:13 ID:4XE
事故物件のおじさんの霊は自分の最初の仕事だったので、ちょっとその話だけ投下するね
あんまり面白くないと思うけど

8: 名無しさん@おーぷん 19/05/06(月)06:51:57 ID:4XE
まず自分は幽霊はそんなはっきり見えるような力はなくて、ヤバそうな所にいったら多少肌で感じる程度

仕事の依頼はインターネットとかでは募集してなくていつも人伝に仕事が来るのがほとんど
事務所みたいなのがあって働いてる人は10人で大体いつも四人くらい常駐してる

給与は完全出来高で仕事が無いときは本当にお金が無くなるらしいんだけど自分が働きはじめてからはまだ仕事が途絶えるっていうことは起きていない

9: 名無しさん@おーぷん 19/05/06(月)07:05:14 ID:4XE
俺がその職に就いて初日に早速依頼の電話が来てその依頼内容は「息子が幽霊にとり憑かれたから除霊してほしい」とのこと
それで早速その依頼者に会うことになって先輩(次からA先輩と表記するね)と二人で行くことになった
事務所から車で一時間くらいの所に依頼者の家があって、そこのすぐ近くの最寄り駅で待ち合わせをして依頼者にの60代くらいのおばあさんが来てくれた

おばあさんが言うには、息子がある日突然大声をあげて『女の人に口に入られた!壁から沢山手が出てる!』っておばあさんの部屋に駆け込んできたらしい

その息子に連れられて幽霊が出たという息子の部屋に行ったけどおばあさんにはなにも見えなかった、とのこと

その日以降からいままで温和だった息子が、唐突にキレだしたり、震えだしたりするようになった、と

10: 名無しさん@おーぷん 19/05/06(月)07:14:15 ID:4XE
おばあさんは幽霊の存在を信じていなくて息子を病院に連れていこうと考えていた矢先、ある日その息子が自称霊能力者の人を連れてきた

それてその人に霊視をしてもらったところ「息子は霊にとり憑かれている、この家も段々と蝕まれていく、はやく除霊しないとまずい」と言われた

さすがにおばあさんは怖くなってその自称霊能力者に除霊はできるのかどうか聞いたところ「この霊はとても強力です」と、数百万単位のお金を求められたらしい

そんな大金は払えないし、でも息子が確かにおかしくなってるし、でも幽霊の存在を信じれない自分もいて、困ったおばあさんはそこではじめて周りの人に相談したらしい

11: 名無しさん@おーぷん 19/05/06(月)07:19:05 ID:4XE
それでおばあさんに相談に乗ってくれた人の知り合いに過去に俺の勤めてるところで幽霊を払ってもらった人がいて、その人の紹介で今回ここに電話を掛けてきた、とのこと

俺はその話を聞いて非日常的な事に対するワクワクと、これから幽霊の居るところに行くんだという恐怖心で興奮していた

A先輩は「その霊能力者が本物かどうかはわかりませんが」

12: 名無しさん@おーぷん 19/05/06(月)07:29:21 ID:4XE
A先輩は「その霊能力者が本物かどうかはわかりませんが、そこまで大金を請求することはあんましないので…とりあえずいきましょうか」と言っておばあさんの家に向かった

おばあさんの家に着くと先輩が「この家、別になんかそういうのは居なそうだけどな」って俺に話してきて俺は「え、それはどういうことでしょうか?」って聞き返した

A先輩は、隠れているかもしれないしよくわからん、って言いながらその息子の部屋に向かっていった

家にはいってから俺は家具とかを見渡しながら少し遅れてその息子の部屋に入ろうとしたときに中から先輩が出てきた

「先輩どうでしたか」
「いや、だめだわ」
「えっ」

A先輩がダメって言うから途端に俺は怖くなって内心パニックになった、先輩がダメなものは自分にはどうすることもできないし、これからどうなるんだろう、って

13: 名無しさん@おーぷん 19/05/06(月)07:38:25 ID:4XE
「どうしましょう、先輩」って言ったら「いや、幽霊とかそういうのじゃなくてな、薬だよ薬」って言ってきて頭が真っ白になった。

先輩が言うには幽霊にとりつかれてなんかいなくて薬の見せた幻覚、自称霊能力者はその薬を売り付けた人達と繋がってるか、またはただの詐欺だろう、とのこと

おばあさんにそれを先輩が説明してくれてその後「ここからは俺たちの仕事関係ないから」って帰ることになった。
あのときのおばあさんの蒼白した顔は今でも忘れられない

結局仕事してないから勿論お金は請求しないで帰ることになった

帰りの道中先輩は「たまにあるんだよ、勘違いとか、頭のほうの病気だったり、薬は初めてだけど」という話をしてくれた

そのときに「どうやって家の前に行っただけで幽霊がいるかいないか分かったんですか」って聞いたら「雰囲気だよ、ヤバイところはヤバイって空気してるでしょ、自分の本能が『怖い』とか危険信号だしたところは大抵ヤバイから」って言って妙に納得した

14: 名無しさん@おーぷん 19/05/06(月)07:41:23 ID:4XE
初日から中々パンチの効いた体験が出来て、仕事はなかったけどすこし非日常を味わえて謎の充実感に満たされていた

事故物件の話をしようと思ったけど初日の出来事かいてしまった、申し訳ねぇ…

15: 名無しさん@おーぷん 19/05/06(月)07:42:40 ID:4XE
お昼に出社しなくてはいけないからちょっと今から仮眠とるね、事故物件の話はまた次だ…

16: 名無しさん@おーぷん 19/05/06(月)08:51:55 ID:4d2
ほうほう、なかなかリアルな話だなぁ...
戦うていってるけれども、どんなふうに戦うの?

17: 名無しさん@おーぷん 19/05/06(月)12:30:52 ID:C2Y
おらもそういう仕事に就きたいなあ
どこにあるんだ?

18: 名無しさん@おーぷん 19/06/06(木)01:15:20 ID:4hn
これは面白い
気が向いたらまた何か書いて欲しい