1: ■忍法帖【Lv=21,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/06/24(日)05:45:13 ID:???
341

 海のプラスチック汚染問題、さらにマイクロプラスチック汚染問題がどんなふうに認識され、理解が深まってきたのか教えてもらおう。

こういったことが問題になり始めたのは、1970年代の初めにさかのぼります。72年に、カリブ海の東の海域で、 プラスチックのゴミがたくさん浮いているという報告がありました。

ウミガメの体内からプラスチックが見つかったなどと報告されました。プラスチックの大量消費は、1960年代に始まっていますから、その影響が出始めたのが1970年代ということです。ただ、70年代、80年代の報告は散発的で、社会的にそれほど大きな関心を集めるには至らなかったと思います


 次に大きな動きがあるのは、1990年代後半。
「市民科学者」を名乗る人物の活躍と、前にも触れた「環境ホルモン」騒動で、海のプラスチックゴミの問題が大きく取り上げられるようになる。

研究用の大きなヨットを持っていまして、世界の海を回る中でたまたまその海域で風を待っていたところ、周りを見るとプラスチックがたまっていると気づいたんです。

彼らの試算では、その海域で、海に浮かんでいるプラスチックの量と、海洋中の動物プランクトンの量を比べると、プラスチックのほうが5倍ぐらい多いとしました

(以下略)

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/227278/060700126/

引用元: ・【自然環境】2050年には海のプラスチックの量が魚を超える!?[H30/6/24]

2: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)07:47:13 ID:bHV
そのうち海の水の量よりプラスチックの方が多くなるなこれは(´・ω・`)

3: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)08:21:54 ID:HMk
高卒労働者の俺には、5㎜以下のプラ片どころか、
もっと大きいプラやペットの海洋ゴミから問題にしないのが不思議なのです。

5: ■忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 2018/06/24(日)09:27:10 ID:0yq
>>3
海洋生物が誤飲する可能性が高いのが、そういう小さいプラスチックだからじゃね?
あと、でかいプラゴミもそのうちばらばらになって小さくなるし。

47: 名無しさん@おーぷん 2018/06/25(月)10:05:51 ID:9a4
>>3
プラが有害物質を吸着しやすい
小さいと小さい生物が体内に取り込みやすい

4: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)09:08:38 ID:F0G
日本近海で魚減ってるの漁だけでなくこれも原因かな
プランクトンが取り込んで餓死するらしいし

7: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)13:00:05 ID:UtM
魚にそういうプラスチックが蓄積されているとすれば、それを食べる人間も危ないな

9: ■忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 2018/06/24(日)13:15:24 ID:0yq
>>7
基本的にプラスチックは吸収されないので、
内臓部分を食べなければほとんど問題はない。
サンマみたいな内臓も食べる魚か、
丸ごと食べる小魚、
背ワタの取られていないエビなどが問題になるんかな?

16: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)13:52:56 ID:Emf
>>9
プラスティックは親油性なので、PCBとかの油溶性毒を吸着して
体内に蓄積するのよ。
あと、以前流行ったけど、環境ホルモンの問題。
プランクトンとかプランクトンを食べる生物とか、本来の餌でなく
プラスチックを食べて飢え死ぬし。

18: ■忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 2018/06/24(日)13:57:42 ID:0yq
>>16
吸収されないものは、蓄積しようがない。
超内壁はつねに剥がれ落ちて新生されているので、
腸内でたまり続けることもあり得ない。
マイクロプラスチックにくっついていたPCBとか環境ホルモン様物質が、
体内に吸収されて蓄積されるということはあり得るけど。

21: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)14:00:23 ID:Emf
>>18
そうそう、くっついていたものと、プラからでる環境ホルモンが蓄積するであってる。
ある程度大きな生物では、プラ自体は排出されると思うけど。

11: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)13:31:08 ID:G0Q
プラスチックを回収するドローンを作ればいいじゃないか

13: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)13:37:57 ID:h0x
日本海なんか大量投棄ですごそうだけどな。
あの国とあの国のせいで。

14: ■忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 2018/06/24(日)13:41:09 ID:0yq
>>13
北朝鮮はゴミとして出すほどのものがないだろうけどね。
まぁ、対馬海流にのって東シナ海産のごみもくるか。

17: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)13:53:58 ID:Emf
他国のことは気になるが、ハワイ沖の漂流プラゴミの3割は日本からという調査もあるしね
(´・ω・`)

19: ■忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 2018/06/24(日)13:59:13 ID:0yq
>>17
まぁ、単にモラルだけの問題じゃなく、
津波や洪水等で流れ出てしまうものもあるからなぁ。

20: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)13:59:37 ID:pON
10年ほど前「人類消滅後の世界」で読んだな、
大きなプラは大きな生物を、小さなプラは小さな生物を窒息させると、
しかもプラは腐らないので人類絶滅後もプランクトンを殺し続けるそうな。

しかし一斉に報道され始めたけどEUあたりがキャンペーンでも張ってるのかな?

23: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)14:15:18 ID:h0x
>>20
マンボウとかビニールやレジ袋食って死んでるよな。
うろ覚えだけどプラスチックを分解する微生物が発見されてなかったっけ?

22: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)14:02:30 ID:Emf
盛られてるかも知れないけど、アメリカで清涼飲料水の7割とかの銘柄で
ナノプラが入ってるのが分かったとかも読んだことがあるような気がする。

24: ■忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 2018/06/24(日)14:32:14 ID:0yq
>>22
ペットボトルのスチレン樹脂が問題というのなら、
環境ホルモン問題の時にもあった話だけど、
缶飲料だって中を樹脂でコーティングしてるし、
紙パックだって中をコーティングしているのは同じなので、
せいぜいガラス瓶や陶器の瓶くらいしかない(それでも少なくとも蓋内部はコーティングしてる)

26: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)15:11:05 ID:Emf
>>24
この飲料水にプラがってニュースのキモは、直ちに人体に影響があると言うことではなく、
水源がすでにプラまみれってことは、想像以上に生態系下位の生物は当然プラまみれってことに
ヒトが気が付いた驚きじゃあるまいか?

28: ■忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 2018/06/24(日)15:15:54 ID:0yq
>>26
水源じゃなくて、ボトルからの溶出でしょ?
水道水は浄水処理されるんだから。

31: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)15:35:14 ID:Emf
>>28
そのニュース見た限りでは、溶出した成分じゃなく、プラ粒子そのものが発見された。
水道水に漉しきれない粒子がすでに入ってると言うことだと思う。

32: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)15:37:46 ID:Emf
>>31
ま、日本とアメリカで上水のろ過の行程が違うかもわからんが。

33: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)15:39:29 ID:Emf
>>32
連投スマン。
ろ過行程って、まず砂や土は沈殿させて、微生物は漉し取ると思うんだけど、
プラは軽いんで沈殿しない、かつ、微生物より小さかったんじゃない?

35: ■忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 2018/06/24(日)17:44:42 ID:0yq
>>33
沈殿は凝集剤つかってやってるんだろうから、プラが比重軽いとか関係ないと思うぞ?
コロイドの沈殿の話、高校化学あたりでやらなかった?

あと、マイクロプラスチックが問題になるのは多くは海洋汚染で、
上水の水源はダムや河川や湖沼、地下水なので、やはり大本の水というより、
ペットボトルから剥離したんだろう。

ペットボトルはポリスチレンを固めたものなので、
実のところ、結合力はそれほど強固じゃない。

36: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)18:08:20 ID:Emf
>>35
凝集剤なんて使ってるのか、知らんかった。

37: ■忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 2018/06/24(日)18:16:59 ID:0yq
>>35
自己レス

ペットボトルからのマイクロプラスチック関連の記事を読んでたら、
どうも材質的には蓋と同じで、ボトル部分とは異なるみたいだな。
つまり、ボトル部分から剥離ではないってことのようだが。

>>36
例えば、粘土粒子なんかも極めて小さいので、
しばらく置いておいても勝手には沈殿してくれない。
所謂コロイドと言われるサイズになると、凝集剤でも使わない限り、
ずっと水中を漂い続ける。

40: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)20:08:04 ID:Emf
>>37
浄水がうまく行ってたとして、PETの剥離でなかったらどこから混入したんだろ?
ま、確かに、マイクロプラは海洋の問題だね。

25: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)15:03:27 ID:5GE
ほんまかいなって感じ
劣化して多孔質になってプランクトンの棲みかになったりするんじゃないの

または、いくら溶けないといっても少量ずつは分解と溶解してるんだし、そのうち算出量と分解がつりあうと思う

27: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)15:12:02 ID:Emf
>>25
プランクトンより小さなプラの問題。
プランクトンが食べちゃうくらい小さいの。

30: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)15:25:22 ID:pON
>>27
海の中のPM2.5って感じか。

39: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)18:42:58 ID:zgj
プラスティックの問題は似た様なの前に見たな
その時のは、プラスティックを分解できるバクテリアがいるのでは?
とか、実際に分解する虫か何かが居て、それの研究してますってやつだった

45: 名無しさん@おーぷん 2018/06/25(月)00:59:01 ID:8sg
海の掃除しろよ。

52: 名無しさん@おーぷん 2018/06/25(月)20:41:41 ID:mNt
40年前から確認はされて以降
さして大きくは問題にはされていなかったのに
ここに来て大きな問題になったということは
どの国からの不法投棄が増えた、という事になるんでしょうかね

53: 名無しさん@おーぷん 2018/06/25(月)20:45:13 ID:4AN
ナトリウムに浸かると数か月で分子レベルに
分解するプラスチックとか開発してくれ。

だけど、元の原料は原油だろ。
太古の植物が液体化したやつ。

58: 名無しさん@おーぷん 2018/06/25(月)22:27:15 ID:2WN
分別して処理しても駄目なのかな?

63: 名無しさん@おーぷん 2018/06/26(火)12:46:37 ID:6dX
釣りの世界では何年か前から生分解性プラスチックを使った商品が出回ってるけど、
あれモノによってはマイクロプラスチックを作ってるだけかもしれないな
完全に分解してるならいいんだけど

66: 名無しさん@おーぷん 2018/06/26(火)17:09:49 ID:5Wl
中国製の割り箸楊枝は漂白剤汚染で有名だったが食べられるまでになったのかw
金龍魚ブランドの地溝油も販売されてボイコットまで起きてる国でにわかには信じられない

67: 名無しさん@おーぷん 2018/06/26(火)17:40:12 ID:5NO
no title

ミッドウェー環礁の海鳥がエサと間違えて食べてしまったプラスチックのゴミ

よく見るとチェス・韓国将棋・中国象棋・軍棋の駒がある
なお将棋の駒はない

参考用画像
チェス
no title


韓国将棋
no title


中国象棋
no title


軍棋
no title


将棋
no title

68: 名無しさん@おーぷん 2018/06/26(火)17:47:32 ID:8mU
>>67
中韓からのゴミが多いな

34: 名無しさん@おーぷん 2018/06/24(日)16:17:38 ID:Hrn
燃やしても有害ガスが出ない新素材の開発に期待するしかない