1: ■忍法帖【Lv=8,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/11/15(水)08:40:41 ID:???
2017/11/14 18:26
日本維新の会の足立康史衆院議員(52)が、2017年11月12日にツイッターで、朝日新聞の学校法人「加計学園」を扱った社説に対し、
「朝日新聞、死ね」と投稿したことが物議を醸している。

725f9d57-s

足立議員は14日にブログを更新し改めてこの発言に対して触れ、「朝日新聞は『万死に値する』」と強調し、メディアの取材で、
ツイートの削除や、謝罪しないのか、と繰り返し質問されているが「しません」と回答している、と打ち明けた。

「朝日新聞、死ね」と投稿したことが物議に

足立議員は12日、ツイッターに11日付けの朝日新聞社説が掲載されている朝日デジタルのリンクを張り、「朝日新聞、死ね」と書き込んだ。
社説には獣医学部が来春開学の見通しになったけれども、

「『総理のご意向』をめぐる疑いが晴れたことには、まったくならない」
などと書かれている。また、首相も理事長も逃げ回っていても
問題は消えてなくならないし、「どうせ国民は忘れる」と高をくくってもらっては、困る、としている。これに足立議員は怒りを覚えたという。

14日に更新したブログでは、「私が朝日新聞を最も強い言葉で非難する理由」とし今回の騒動について説明した。
朝日新聞は17年5月17日付けの1面トップで、文科省記録文書から「総理のご意向だと聞いている」だけを切り取り、大事な、

「戦略特区諮問会議の決定なら、議長が総理なので、総理からの指示に見えるのではないか」
という核心部分を隠蔽した。

これは、ねつ造報道であり「万死に値する」とした。しかも、11月11日付けでは自らのねつ造報道で拡大した風評を再度取り上げるという暴挙を犯した。

「日本死ね」が適切な言葉であるとは思っていないが、「保育園落ちた日本死ね!!!」が国会で取り上げられ、流行語大賞に選ばれるメディアに対する「異議申し立て」として敢えて使った、とした。

(略)…もし朝日新聞がねつ造報道を、山尾志桜里衆議院議員が「日本死ね」を国会で取り上げたことを謝罪し撤回するならば、
自分も撤回する、としている。

j-cast/11月14日
https://www.j-cast.com/2017/11/14313887.html

引用元: ・【「朝日 死ね」問題】足立議員が改めて「朝日新聞は万死に値する」と強調 ツイートの削除や謝罪はしないとブログで説明 [H29/11/15]

2: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)08:48:00 ID:vR4
足立議員のようなアタッカーがもう10人くらい欲しい所だな
s_ice_screenshot_20160421-213237
CfhzcuhVAAE5ifD
s_ice_screenshot_20160421-213242






3: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)09:19:57 ID:C6a
(;@∀@)  不動産業が好調なので何と言われようと氏にません!

7: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)09:50:11 ID:Vlv
>>3
そう、アベノミクスを最大限活用している朝日新聞社不動産部門w

4: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)09:35:13 ID:xZO
万死に値するwww
いいねぇ

6: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)09:49:38 ID:qCx
何も問題ないわな

10: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)10:54:03 ID:sJf
朝日は国会でパコリーヌ山尾が「保育園落ちた、日本死ね」を元に
政府を追及していた姿をわざわざカラー写真で大きく取り上げ
魂の叫びだと絶賛した。
さらに投書の欄では山尾を称賛する投書ばかり掲載。
ところが山尾のガソプリ犯罪が明るみになったがそれは報道しなかった。
日経は報道していた。
足立が怒るのも無理もない。

9: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)10:21:23 ID:gze
だがちょっと待ってほしい、朝日新聞自身にブーメランが刺さりまくりなのではないか。
しつもんドラえもんのジャーナリズム宣言はクサはえるという声にも真摯に耳を傾けるべきであろう。

30: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)21:55:42 ID:97F
刺さっても効かないようなので
有事後に国連に持ってくのが一番いいかも(棒

11: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)10:56:39 ID:bzH
朝日新聞を人前で開いて読んでると
内申書や査定に深刻な影響が出るぞ
人格疑われる

12: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)11:21:49 ID:WL1
これが世界一真面目で謙虚な日本人の書き込みなのかぁ

16: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)11:40:32 ID:NDT
>>12
流行語大賞トップ10に選ばれた「日本死ね」についてID:WL1はどう思った?

23: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)14:39:06 ID:H0L
>>12
誰がそんな寝ぼけたことを言ったんだよ。
怒らせたら世界一怖い民族って知ってるか?

17: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)11:40:43 ID:cnx
足立議員、日本しねに本気で怒ってたからな

14: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)11:28:51 ID:eJx
日本死ねに賛同する人は限られてるだろうけど
アカヒ死ねには多くの賛同が集まるであろう
自業自得である

13: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)11:25:44 ID:eFa
流行語大賞決定!

15: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)11:35:01 ID:7jO
応援する
売名風味だが言わないままだと朝日新聞は許されたものだと認識するからな
慰安婦がらみでも追加で一回腹を切って死ぬべき(又吉風に

21: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)13:42:14 ID:r81
慰安婦南京捏造や反日プロパに対して言うなら賞賛するが
加計じゃあひややかに見てるしか無いな

24: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)14:47:37 ID:nz4
朝日よりタマキード事件の方を盛り上げてよ

26: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)15:44:00 ID:kXn
>>24
どっちも、で良いやん
タマキンもアカヒもどっちも反日のゴミだし

27: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)15:47:51 ID:fQ2
タマキンに加えて陳くんもね

28: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)15:51:44 ID:2Xa
維新・足立衆院議員が「朝日新聞、死ね」とツイート ― 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASKCG5FF6KCGUTFK00G.html

>足立氏の一連の投稿について、朝日新聞社広報部は
>「現職国会議員がこうした暴力的な言葉で正当な
>報道・言論活動を封じようとしたことに強く抗議します。
>本紙報道を『ねつ造』などとする事実無根の批判を
>重ねていることと合わせ、看過できません」との
>コメントを出した。

37: 名無しさん@おーぷん 2017/11/16(木)04:38:30 ID:1ag
>>28
>正当な報道・言論活動
正当な反日言論報道の間違いでは?

38: 名無しさん@おーぷん 2017/11/16(木)04:52:13 ID:pps
>正当な報道・言論活動
そんな風に思っているやつのが少ないってことだろにねww

29: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)15:57:00 ID:2Xa
アカヒの御用識者・青木理
「一般の市民が切羽詰まった状況を伝えようとして過激な言葉を使うのと、
 公共的な存在である国会議員が使うのは出発点が違う」
「政治家は言葉が命。『朝日新聞、死ね』と言論の元を断つような物言いは
 適切ではない」

変態の御用識者・大谷昭宏
「保育園に落ちた一人のお母さんのつらい立場の発言をまねしたのだろうが、
 根本的に違う。言論の府の国会議員が民主国家の最大の柱である言論機関に
 『死ね』と言うのは、浅はかに尽きる」

31: 名無しさん@おーぷん 2017/11/16(木)00:07:37 ID:1BQ
>>29
大谷昭宏www
んじゃこう言っておこうか「だがちょっと待ってほしい。民主国家の最大の柱、国民の代表である国会議員に
タカがデマ専門の売文屋ごときが偉そうな物言いをするなど浅はかに尽きる」

36: 名無しさん@おーぷん 2017/11/16(木)01:49:15 ID:PQV
>>29
足立はその発言を取り上げた山尾みたいなやつと同調(結託?)したメディアに対して怒ってんのにな
それがまかり通るなら悪質度の高いメディアに対して使用するのも有りだろう、と
つらい立場のお母さんの発言を~だの書いて話を逸してる時点で印象操作丸出しだしな
報道する自由はあるけど捏造までするならアウトってわからんのかな。
どこの国と組んでるかも怪しいのに何が民主国家の最大の柱だボケって話じゃね

8: 名無しさん@おーぷん 2017/11/15(水)10:20:59 ID:NDT
本丸が攻撃されてパヨクが必死になってる

…ということは、「日本死ね」を賞賛してたパヨクの本丸が日本ではないと言うことが改めて分かるな