2014-08-07-14-23-55
 コミック誌で連載されている漫画の作中で、人気ゲームのキャラクターを無断で使用したとして、大阪府警は5日、著作権法違反容疑で、発行元の「スクウェア・エニックス」(東京都新宿区)の本社など関係先を家宅捜索した。

 捜査関係者らによると、著作権侵害の疑いが持たれているのは「月刊ビッグガンガン」誌上で押切蓮介氏が連載している「ハイスコアガール」。府警は押収資料の分析を進めるとともに、会社担当者や作者らから任意で事情を聴く方針。

 スクウェア・エニックスはこの漫画の中で、ゲームソフト販売・開発会社「SNKプレイモア」(大阪府吹田市)が著作権を持つ対戦型格闘ゲーム「ザ・キング・オブ・ファイターズ(KOF)」や「サムライスピリッツ」などのキャラクターを、許諾なしに勝手に使用したとしている。
2014-08-07-14-23-02

 ハイスコアガールは1990年代を舞台にしたラブコメディー作品。主人公がゲームマニアで、作中で当時ブームになったさまざまな格闘ゲームをプレーする。その中でKOFやサムライスピリッツのキャラクターが100カ所以上にわたって登場していたという。

 単行本の巻末には著作権表示によく使われる(C)マークとともにSNK社の名前が他の複数のゲーム会社とともに記され、許諾を得たような体裁になっていた。
2014-08-07-02-25-25

 スクウェア・エニックスは複数の漫画誌を発行。ドラゴンクエストやファイナルファンタジー(FF)シリーズなど人気ゲームソフトの製作でも知られる。

「ハイスコアガール」問題、カプコン・ナムコ・セガはキャラクター使用を許諾済み
2014-08-07-14-30-01

漫画「ハイスコアガール」にSNKプレイモアのゲームキャラが無断で掲載されていたとしてスク・エニが告訴された問題で、同作品にキャラが登場するカプコンやナムコ、セガは使用を正式に許諾していたという。

漫画「ハイスコアガール」スク・エニが自主回収 デジタル版は配信停止

 押切蓮介さんの人気漫画「ハイスコアガール」のデジタル版が8月6日までにKindleストアから削除されました。商品ページは残っていますが「現在ご利用いただけません」という案内が表示されていて購入できなくなっています。スクウェア・エニックス広報部によると、紙版はすべて自主回収を决定。デジタル版も各ストアからすべて削除されます。

 デジタル版の新規購入はできない状態ですが、「購入済みのデジタル版が読めなくなることはない」方針で、購入済みの人がデジタル版を再ダウンロードすることも可能だそうです。「月刊ビッグガンガン」での連載は継続するとしています。

 ハイスコアガールをめぐっては、SNKプレイモアが販売元のスク・エニを刑事告訴したと6日に発表しました。SNKが保有するゲーム作品のキャラクターなどがハイスコアガールに無断使用されているとSNK側は主張。スク・エニは「現在、警察による捜査が行われているため、本件に関する詳細の公表は控えさせていただきます」とコメントしています。

 スク・エニのデジタル版コミックス情報サイト「ガンスマ情報局」によると、ハイスコアガールはKindleストアのほかYahoo!ブックストア、BookLive、ebookJapan、Renta!、漫画全巻ドットコムなど主要な電子書籍ストアで配信されていました。6日午後5時30分時点では購入できるストアもありましたが、削除対応が進められています。

アニメ化については変更はなしだそうです。

Yahooニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140806-00000126-san-soci

ハイスコアガール公式サイト
http://www.jp.square-enix.com/magazine/biggangan/introduction/highscoregirl/


現在は店頭でも品薄となっているようです。









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村