2014-07-24-05-26-10
台湾南西部にある澎湖(ほうこ)諸島の澎湖本島で23日午後7時(日本時間同8時)過ぎ、復興(トランスアジア)航空の旅客機(乗客54人、乗員4人)が着陸に失敗して墜落、炎上した。台湾当局によると、少なくとも47人が死亡し、11人が負傷した模様だ。台湾では23日未明に台風10号が通過しており、天候不良で、着陸に失敗した可能性がある。日本の対台湾窓口機関の交流協会高雄事務所によると、午後11時半現在、搭乗者名簿に日本人らしき名前はなく、日本人が乗っていたという情報も入っていないという。

【写真で見る 旅客機の墜落現場】
2014-07-24-05-26-31

2014-07-24-05-26-37


 同機は双発プロペラ機でフランスとイタリア合弁の航空機メーカーATR社のATR72。台湾南部・高雄から台湾本島の西約50キロの台湾海峡にある澎湖諸島の馬公空港に向かっていた。同日午後4時(日本時間同5時)の出発予定だったが、天候不良のため午後5時43分に出発した。地元メディアなどによると、午後7時6分、馬公空港に着陸を試みたがうまくいかず、再上昇を試みた際に空港付近の西渓村に突っ込んだとみられる。周辺民家にも被害が出ている模様だ。

 台湾メディアは、飛行機がぶつかったとみられる屋根などが破壊された民家や、大破した機体とみられる残骸に放水する消防隊員らの姿を伝えている。住民らの話では事故当時、雨や風が強かったという。

 復興航空は1951年、台湾初の民間航空会社として創立。現在は日本やタイとの間で国際線も運航している。同航空による過去の事故は2002年12月、台北発マカオ行きのATR72の貨物機が澎湖島南西の台湾海峡に墜落し、乗員2人が死亡した。

 澎湖諸島は大小90の島からなる。美しい海と砂浜を持ち、「台湾のハワイ」とも呼ばれる。夏を中心に年間約80万人の観光客が訪れるが、日本人を含めた外国人は3%と少ない。軍事遺跡が数多く残る。


Yahooニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140723-00000121-mai-cn