2014-07-08-11-05-37


予想最大瞬間風速75メートル、総雨量400~500ミリなど、7月としては「過去最強クラス」の台風8号の威力はどんなものなのか。
2014-07-08-11-03-50



 気象庁によると、最大瞬間風速75メートルでは屋外にいる人は伏せないと飛ばされ、走行中の2トントラックも横風を受ければ横転する。電柱が傾いたり、電線が切れて飛来物が絡まった場合は、風圧で根元から倒れたりする可能性もある。

 木造住宅の屋根瓦は飛ばされ、複数の家屋が倒壊する危険がある。鉄筋のマンションなどでも安心はできず、窓ガラスが2カ所以上割れて「吹き抜け状態」になると、猛烈な風で部屋のドアが吹き飛ばされるなどの被害もありうるという。

 気象庁によると、最大瞬間風速の統計はないが、一般的に10分間の平均値である最大風速を10~20メートル上回る数値とされる。

 昭和34年の伊勢湾台風では愛知県内で最大風速45メートルを記録。今回の台風8号は同規模以上の暴風となる危険がある。

 洪水による被害も懸念される。総雨量約500ミリが短時間で降った場合、流域面積の広い河川では堤防の一部が決壊する恐れも。都市部で降れば、地下鉄の駅や地下の飲食店街が浸水する可能性があるという。

 古屋圭司防災担当相は7日、台風8号に関する関係省庁会議で「地方自治体は早めの避難勧告などを、空振りを恐れずに出すよう徹底してほしい」と要請。記者会見では「国民は避難勧告が出なくても、自分の判断で躊躇(ちゅうちょ)せずに避難してもらいたい」と強調した。



台風8号 宜野湾、南城両市が市全域13万7千人に避難勧告

 大型で非常に強い台風8号の接近で、沖縄県南(なん)城(じょう)市と宜野湾市は8日朝、それぞれ市内全域に避難勧告を出した。


 南城市は午前7時10分、市内全域の1万5516世帯、4万2005人を対象に避難勧告。同市では市役所内の施設1カ所を避難所としている。暴風で危険を感じる場合は、最寄りの公民館などに避難するよう住民に呼び掛けている。

 宜野湾市は午前8時、市内全域の4万913世帯、9万5309人を対象に避難勧告。市内の老人福祉センターを避難所に指定しているが、担当者は「強固な建物の中にいる場合、不要な外出をしないで待機してほしい」と話した。


【画像】 那覇市の「お食事処 栄」が台風ですごいことに
2014-07-08-17-24-03

2014-07-08-17-19-06



Yahooニュースより