2014-04-08-14-38-52


あったらいいなあ(^^)




やり方は簡単です。

まあ、世の中スピードラーニングや

英会話の教材などがありますが、

この方法はお金がかかりません。


脳みそには、まだまだ覚えれる、

容量がいっぱいあります。

今からでも全然覚えられます。


例えば、今あなたは日本語を普通に

喋れてますね。

改めて国語を習わなくても、

生活には困らない位、使いこなして

いるはずです。

更に大人になった後でも、

色々な新しい言葉、流行語、商品名、

などを自然と覚えていけているはずです。

「激おこ」「ホイミ」「ギラ」
「ケアル」「ボーカロイド」

など、授業では習わないですが

意味、イメージなどは分かるはずです。

そうです。このようにいつの間にか

新しい言葉を自然と身につけていた

のです。

さて、英語となるとどうでしょう。

「This is a pen」

簡単な文章ですが、なんか抵抗が

ありますね。

これ以上長い文章になってくると

拒絶反応がでます。

なので、まず、「単語」だけを

覚えましょう。

身近にあるものを、英語でおぼえましょう。

以外に簡単です。

部屋にあるもので、やってみましょう。

「時計」→ 「ウォッチ」
「机」 → 「テーブル」

など、実は、結構英語を知っている

はずです。

それを増やしていけばいいだけなのです。

始めは身の回りのもの、それから

範囲を広げて、物から現象(天気など)


イメージと意味と英語での読み方を

覚えて行きましょう。

新しい流行語を覚える感覚で、

英語を覚えれるはずです。

文法などは後からでいいです。

日本語でも、

「私は ご飯 食べたい」を
「食べたい 私は ご飯」でも

通じますよね。


なので単語をなるべく沢山覚えて

使わないであろう単語は後回し

生活に必要な単語を覚えることが

英語習得の近道だと思います。


「もう一度言います、あなたの脳みそ

はまだいっぱいではありません。」



日本語の方がよっぽど複雑で難しいと

思いますし、

避けずに英語に興味を持てばいいです。