相互RSS募集しています。『管理者へのメッセージ』より 「ブログ名 URL/RSS メールアドレス」を記入して送ってください。    ご意見ご要望もお待ちしております。

    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/06/12(金)23:31:41 ID:???
    今回は日本軍の兵士を映したカラー映像から。

    hqdefault

    投稿者さんからの詳しい説明はなかったのですが、どこかで手に入れた映像に、
    BGMだけ加えて、皆でシェアしたいという思いから投稿されたそうです
    (ちなみに投稿者さんはフィンランド出身とのことです)。

    カラーだとだいぶ印象が変わり日本人にとっても興味深い映像ですが、
    外国人にとっても、大変興味を惹かれる動画だったようでした。
    【【貴重カラー映像】海外「史上最強の兵士達だった」 日本軍の映像に外国人も感銘】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/13(土)10:26:22 ID:???
    AS20150314001679_comm

    韓国紙・亜洲経済の中国語サイトは、中東呼吸器症候群(MERS)
    コロナウイルスの影響で外国人観光客が激減しているのは一時的なものだとし、
    「世界中の韓流ファンがその魅力を簡単に忘れられるわけがない」と主張した。
    10日付で中国僑網が伝えた。

    【【韓国】韓流の魅力を外国人が忘れるわけがない、観光客の激減は一時的なものだ】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/13(土)10:44:26 ID:???
    201506121704509df

     「これでまた殺人ができる。悔しければ死刑にしろ」。
    昨年3月、千葉県柏市で2人を死傷させたとして強盗殺人罪などに
    問われた竹井聖寿被告(25)は判決が告げられると、こう挑発した。
    動機を「社会への復讐」と説明し最後まで明確な謝罪はないまま。公判を見届けた遺族は憤った。

     判決公判にはシャツ姿で腕の入れ墨をあらわにし歌いながら入廷。
    脚を組んで座るなどの態度を見せた。

    【【千葉・柏連続通り魔】 無期判決に竹井被告「これでまた殺人できる。悔しければ死刑にしろ」】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/06/10(水)20:40:14 ID:vxC
    米女性が銚子から太平洋単独横断へ、手漕ぎボートで9600キロ
    2015年 06月 9日 18:13 JST

    [銚子(千葉県) 7日 ロイター] - 米国人女性ソーニャ・バウムスタインさん(30)が
    手漕ぎボートで太平洋を単独横断するという冒険を、日本の銚子港から開始した。
    航行距離は9600キロ超を予定しており、成功すれば女性初となる。

    f0071874-s

    冒険中は地上に支援チームが待機し、ボートの位置を追跡する予定となっている。
    計算では1日に16時間漕げば4─6カ月後にサンフランシスコに到着する予定。
    【女性初なるか 銚子から手漕ぎボートで太平洋単独横断開始】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/06/12(金)04:29:48 ID:3YO
    巨大亀の「ボンちゃん」、ゆっくりお散歩で街の人気者に 東京
    2015年06月11日 20:33 発信地:東京

    【6月11日 AFP】東京の街中を徘徊する巨大な爬虫(はちゅう)類──といっても、破壊的なエネルギーの熱線を放ちながら
    東京の街を踏みつぶしたゴジラ(Godzilla)とは違い、巨大な亀の「ボンちゃん」は何をするにもゆっくりだ。

    no title

    全長1メートル、体重70キロのケヅメリクガメのボンちゃんは、葬儀社を営む飼い主の三谷久夫(Hisao Mitani)さんと共に
    日々ゆっくりと散歩する姿が、東京・月島の街中でよく見られる。

    AFPの取材に応じた三谷さんによると20年前、妻がペットショップで見かけて一目ぼれしたため飼うことになった。
    当時のボンちゃんはとても小さく、手のひらに収まるサイズだったという。

    ボンちゃんは普段、三谷さんの葬儀社にある囲いの中で過ごしており、訪れる人を出迎えている。
    その巨大なサイズや、寒い季節に三谷さんが着せるフリルの衣装などもあって、ボンちゃんは地元で相当な人気者。
    三谷さんも地元で「亀仙人」と呼ばれ親しまれている。(c)AFP
    【【亀仙人】巨大亀の「ボンちゃん」、ゆっくりお散歩で街の人気者に (画像アリ)】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/06/05(金)01:16:47 ID:co9
     「NEWS23」のホームページに、ある障害者施設での虐待行為を告発する1通のメールが届きました。職員から利用者へ繰り返される暴力と暴言。
    内部告発から見えてきた施設での虐待の実態です。

    AS20150610004986_comm

     胸ぐらをつかみ・・・
     「座れ。座れ。座れ、早く」

     密室状態での虐待行為。暴力だけではありません。さらに・・・

     「間違ったらコ〇スけんの」
     「取りに来いよ、お前よ。座ってないで。バカタレが」

     これは、ある障害者施設内で撮影された映像です。施設の職員が利用者に暴力を振るい、暴言を吐く虐待行為が記録されていました。

     山口県下関市にある障害者の施設。
    主に重度の知的障害者およそ50人が工場の下請けなどの軽作業を行う施設です。映像は現役の職員Aさんが撮影しました。

     「(ある職員の)声が大きくなってきた。(施設の)どこからでも聞こえる。『バカタレ』とかそういう言葉を使いだした」(虐待映像を撮影 現役職員Aさん)

     虐待の可能性に気付いたAさんは、記録を残すべく、密かに撮影を始めました。
    施設では、7人のグループに分かれ各部屋で作業をします。そこに職員が1人つきます。

     「取りに来いよ、お前よ。座ってないで。バカタレが」(職員)
     利用者にいら立ち、大声を出し・・・

     「段ボール当たったからってどうってことないんだよ、お前」
     「ぶちコ〇スぞ」(職員)
     さらに、作業がうまくいかないと・・・

     「座れ。座れ。座れ、早く」(職員)

     「自分の思いどおりに動かないからだと思う。(利用者は)言葉でわからないから、どんどん腹立たしくなる。それで暴言暴行になってくる」
    (虐待映像を撮影 現役職員Aさん)
    【障害者施設職員が暴力・暴言、虐待の実態(施設内の動画アリ)】の続きを読む

    このページのトップヘ

    Your SEO optimized title